STRAVIS:ストラビス(連結会計システム)とは何か

—————————————————————–

<目次>

1.連結会計システムSTRAVISとは何か

2.STRAVISの主要機能とは

3.STRAVISを導入する企業にとってのメリット

4.STRAVISを導入する方法

5.STRAVISが自社に合っているか確認する方法

—————————————————————–

1.連結会計システムSTRAVISとは何か

連結会計システムSTRAVIS(ストラビス)は、企業グループの連結財務諸表を効率的かつ正確に作成するための高度なソフトウェアソリューションです。連結会計は、複数の子会社や関連会社を持つ企業にとって非常に重要な業務であり、個別の財務諸表を統合してグループ全体の財務状況を一つの包括的な財務諸表として表現することを目的としています。STRAVISは、このプロセスを自動化し、精度と効率を高めるために設計されています。

STRAVISの主要機能

STRAVISは、以下の主要機能を備えています:

  1. データ収集と統合:各子会社からの財務データを自動的に収集し、統合します。これにより、手動でのデータ入力や転記ミスを防ぎ、正確なデータ統合が可能となります。
  2. 連結調整:子会社間の取引や内部取引の相殺、未実現利益の消去など、複雑な連結調整を効率的に行います。これにより、連結財務諸表の正確性を確保します。
  3. レポーティングと分析:グループ全体の財務状況をリアルタイムで把握できるダッシュボードやレポートを提供します。これにより、経営陣は迅速に意思決定を行うことができます。
  4. コンプライアンス対応:各国の会計基準や法規制に対応した連結財務諸表の作成をサポートします。これにより、グローバル企業でも法令遵守を確実に行うことができます。

STRAVISの導入メリット

STRAVISを導入することにより、企業は以下のメリットを享受することができます:

  1. 業務効率の向上:手動で行っていた連結業務を自動化することで、業務効率が飛躍的に向上します。これにより、財務担当者はより戦略的な業務に集中することができます。
  2. データの正確性向上:自動化されたデータ収集と統合により、ヒューマンエラーを減少させ、データの正確性が向上します。これにより、連結財務諸表の信頼性が高まります。
  3. 迅速なレポーティング:リアルタイムでのデータ更新とレポーティング機能により、迅速かつ正確な財務情報を提供します。これにより、経営陣はタイムリーな意思決定が可能となります。
  4. 法令遵守の強化:各国の会計基準や法規制に対応した連結財務諸表の作成が可能となり、法令遵守を強化します。

まとめ

連結会計システムSTRAVISは、企業グループの連結財務諸表作成を効率化し、正確性を高めるための強力なツールです。データ収集から連結調整、レポーティング、コンプライアンス対応まで、幅広い機能を備えており、企業の財務業務を支援します。STRAVISを導入することで、業務効率の向上、データの正確性向上、迅速なレポーティング、法令遵守の強化といった多くのメリットを享受できるでしょう。

2.STRAVISの主要機能とは

連結会計システムSTRAVISは、企業グループの連結財務諸表を効率的かつ正確に作成するために設計された高度なツールです。その主要機能は、データの収集・統合、連結調整、レポーティングと分析、そしてコンプライアンス対応の4つに大別されます。以下に、それぞれの機能について詳細に説明します。

1. データ収集と統合

自動化されたデータ収集:STRAVISは各子会社や関連会社からの財務データを自動的に収集し、一元管理します。これにより、手動でのデータ入力作業や転記ミスのリスクが大幅に軽減され、データの正確性と一貫性が確保されます。データの収集は、各国の会計基準や言語の違いにも対応しており、グローバルな企業グループでもスムーズに運用可能です。

データ統合:収集したデータは、STRAVISの高度な統合機能により迅速に統合され、連結財務諸表の作成に必要な情報が一つのデータベースにまとめられます。このプロセスは完全に自動化されており、ユーザーはシステムの進行状況をモニターするだけで、煩雑な手作業から解放されます。

2. 連結調整

内部取引の相殺:子会社間の内部取引や関連会社との取引を自動的に相殺し、正確な連結財務諸表を作成します。これにより、内部取引が重複して計上されることを防ぎます。

未実現利益の消去:グループ内の取引で発生する未実現利益を適切に消去し、真実の経済実態を反映した財務諸表を提供します。これにより、過大な利益計上を防ぎ、財務情報の信頼性が向上します。

為替調整:国際的な企業グループでは、異なる通貨を使用する子会社が存在します。STRAVISは為替レートの変動に対応した調整機能を備えており、適切な為替換算を行って連結財務諸表を作成します。

3. レポーティングと分析

ダッシュボード:STRAVISは、経営陣がリアルタイムでグループ全体の財務状況を把握できるインタラクティブなダッシュボードを提供します。これにより、迅速な意思決定が可能となります。

カスタマイズ可能なレポート:ユーザーのニーズに応じて、カスタマイズ可能なレポートを作成できます。これにより、詳細な分析や特定の財務指標の追跡が容易になります。

トレンド分析:過去のデータを基にしたトレンド分析機能を備えており、将来の財務状況の予測や戦略的計画の策定に役立ちます。

4. コンプライアンス対応

国際会計基準(IFRS)および各国の会計基準への対応:STRAVISは、国際会計基準(IFRS)や各国の会計基準に対応しており、グローバル企業が法令遵守を確実に行えるよう支援します。

監査対応:監査人による検証に対応した機能を備えており、監査プロセスの効率化を図ります。これにより、監査コストの削減と迅速な監査対応が可能となります。

内部統制の強化:内部統制を強化するための機能を提供し、不正行為やエラーの発生を防止します。これにより、企業グループ全体のガバナンスが向上します。

まとめ

STRAVISの主要機能は、連結財務諸表の作成プロセスを全方位でサポートし、企業の財務業務を効率化するための強力なツールセットです。データ収集と統合、連結調整、レポーティングと分析、そしてコンプライアンス対応の各機能は、企業の財務担当者が直面する複雑な課題を解決し、正確かつ迅速な財務情報の提供を実現します。これにより、経営陣は確固たるデータに基づいた戦略的意思決定を行うことが可能となります。

3.STRAVISを導入する企業にとってのメリット

連結会計システムSTRAVISの導入は、多くの企業にとって戦略的な財務管理の向上をもたらします。以下では、具体的なメリットについて専門家向けに詳しく説明します。

1. 業務効率の向上

自動化による時間短縮:STRAVISは、連結財務諸表作成のプロセスを大幅に自動化します。データ収集、統合、調整、レポーティングといった一連の業務が効率化され、手動での作業が減少します。これにより、財務担当者は短期間で高品質の連結財務諸表を作成することが可能となります。

プロセスの標準化:各子会社や関連会社からのデータ収集や統合のプロセスが標準化されるため、業務の一貫性が向上します。標準化されたプロセスは、トレーニングや新規社員の教育にも役立ち、迅速な業務の引き継ぎを実現します。

2. データの正確性と信頼性の向上

エラーの削減:手動でのデータ入力や調整作業が減少することで、ヒューマンエラーの発生が大幅に削減されます。自動化されたプロセスにより、データの正確性が向上し、信頼性の高い連結財務諸表が提供されます。

リアルタイムデータ:STRAVISは、リアルタイムでデータを更新・反映する機能を備えており、常に最新の財務情報を基に意思決定が行えます。これにより、経営陣は迅速かつ正確な対応が可能となります。

3. 迅速なレポーティングと分析

ダッシュボードとレポート作成:インタラクティブなダッシュボードとカスタマイズ可能なレポート機能により、経営陣やステークホルダーに対して即時に財務状況を報告できます。これにより、定期的な報告だけでなく、突発的な報告ニーズにも迅速に対応できます。

分析機能の強化:過去の財務データに基づいたトレンド分析や将来予測が可能となり、戦略的な経営判断をサポートします。複雑なデータ分析も容易に行えるため、財務状況の深掘りが可能です。

4. コンプライアンスと法令遵守の強化

国際会計基準対応:STRAVISは国際会計基準(IFRS)および各国の会計基準に対応しており、グローバル企業が法令遵守を確実に行えるようサポートします。これにより、各国の規制に準拠した財務報告が可能となります。

監査対応の効率化:監査人による検証プロセスをサポートする機能を備えており、監査の効率化とコスト削減が実現します。これにより、企業は監査対応の負担を軽減し、迅速に監査を完了できます。

5. 戦略的意思決定の支援

経営の透明性向上:リアルタイムでのデータ提供と高い精度のレポーティングにより、経営陣は企業グループ全体の財務状況を正確に把握できます。これにより、戦略的な意思決定が迅速かつ的確に行われ、経営の透明性が向上します。

リスク管理の強化:統合された財務データと分析機能により、潜在的なリスクを早期に発見し、適切な対策を講じることが可能となります。これにより、企業はリスク管理を強化し、安定した経営基盤を築くことができます。

まとめ

STRAVISを導入することで、企業は業務効率の向上、データの正確性と信頼性の向上、迅速なレポーティングと分析、コンプライアンスと法令遵守の強化、戦略的意思決定の支援といった多くのメリットを享受できます。これにより、企業グループ全体の財務管理が強化され、持続的な成長と競争力の向上が期待されます。STRAVISは、現代の複雑な経営環境において不可欠なツールとなるでしょう。

4.STRAVISを導入する方法

連結会計システムSTRAVISの導入は、企業グループ全体の財務管理を効率化し、正確な連結財務諸表の作成を実現するための重要なステップです。以下では、STRAVISを導入するための具体的な方法について、専門家向けに詳しく説明します。

1. 導入計画の策定

現状分析と目標設定:まず、現状の連結会計プロセスを詳細に分析し、STRAVIS導入によって達成したい目標を明確にします。これには、データ収集・統合の現状、連結調整の課題、レポーティングの効率性などの評価が含まれます。

プロジェクトチームの編成:次に、導入プロジェクトを推進するための専門チームを編成します。このチームには、財務担当者、IT部門、プロジェクトマネージャー、および必要に応じて外部のコンサルタントが含まれます。各メンバーの役割と責任を明確にし、プロジェクトの成功に向けた協力体制を構築します。

2. システム要件の定義

機能要件の策定:企業の連結会計業務に必要な機能を詳細に定義します。これには、データ収集方法、連結調整の自動化、レポーティング機能、コンプライアンス対応などの要件が含まれます。

技術要件の策定:システムの技術的要件を明確にします。これには、サーバーのスペック、ネットワーク環境、セキュリティ要件、データベース管理などが含まれます。IT部門と協力して、既存のITインフラとの整合性を確認します。

3. ベンダー選定と契約

ベンダー評価:複数のSTRAVIS導入ベンダーを評価し、最適なベンダーを選定します。評価基準には、導入実績、サポート体制、コスト、カスタマイズの柔軟性などが含まれます。

デモンストレーションの実施:選定したベンダーからシステムのデモンストレーションを受け、実際の操作感や機能の確認を行います。実際の業務フローに基づいたシナリオでテストすることで、システムの適合性を評価します。

契約締結:ベンダーと詳細な契約条件を協議し、導入スケジュールやサポート体制、価格、追加機能の要件などを明確にした上で、契約を締結します。

4. システム導入とカスタマイズ

システム設計:ベンダーと協力して、企業の要件に基づいたシステム設計を行います。カスタマイズが必要な場合は、具体的な仕様を詳細に詰めていきます。

導入・設定:システムを企業の環境に導入し、必要な設定を行います。これには、ユーザーアカウントの設定、データベースの構築、インターフェースの調整などが含まれます。

カスタマイズ:必要に応じて、企業の特定のニーズに合わせたカスタマイズを実施します。カスタマイズの内容は、業務フローの自動化、特定のレポート形式の作成、独自の分析ツールの追加などです。

5. トレーニングと移行

ユーザートレーニング:財務担当者や関連部門のスタッフに対して、システムの操作方法や新しい業務フローについてのトレーニングを実施します。トレーニングは、実務に即したシナリオを使用し、実際の業務での使用方法を習得させます。

データ移行:既存システムからSTRAVISへのデータ移行を計画的に実施します。データの精度と完全性を確認し、移行プロセス中のデータ損失を防ぎます。移行後のデータ検証も徹底して行います。

6. 運用開始とサポート

運用開始:すべての準備が整ったら、STRAVISの運用を正式に開始します。初期運用期間中は、システムの安定性と業務フローの適合性を綿密にモニターします。

サポート体制の確立:ベンダーとの連携を強化し、運用開始後のサポート体制を確立します。トラブルシューティングやシステムの最適化を迅速に行えるよう、サポートチームを整備します。

継続的改善:運用開始後も、システムの使用状況を定期的にレビューし、必要に応じて機能の改善や追加カスタマイズを行います。これにより、企業の成長とともにSTRAVISが常に最適な状態で運用されるようにします。

まとめ

STRAVISを導入するためには、綿密な計画策定とプロジェクト管理、システム要件の定義、ベンダー選定と契約、システム導入とカスタマイズ、ユーザートレーニングとデータ移行、そして運用開始とサポート体制の確立が必要です。これらのステップを慎重に実行することで、企業はSTRAVISの導入による最大のメリットを享受し、連結財務管理を飛躍的に向上させることができます。

5.STRAVISが自社に合っているか確認する方法

連結会計システムSTRAVISが自社に適しているかどうかを確認することは、成功した導入と運用の鍵となります。以下では、専門家向けにその確認方法を詳しく説明します。

1. 自社の連結会計ニーズの評価

業務プロセスのレビュー:自社の現行の連結会計プロセスを詳細にレビューします。具体的には、データ収集方法、連結調整の手順、レポーティングの現状、コンプライアンス対応などを評価し、現行プロセスの課題と改善点を明確にします。

ニーズの特定:現行プロセスの評価を基に、STRAVIS導入によって解決したい具体的なニーズや要求を特定します。これには、効率化したい業務、改善したいデータの正確性、迅速化したいレポーティング、強化したいコンプライアンス対応などが含まれます。

2. STRAVISの機能と要件のマッチング

機能リストの確認:STRAVISの提供する主要機能(データ収集と統合、連結調整、レポーティングと分析、コンプライアンス対応)を詳細に確認し、自社の連結会計ニーズに合致しているかを評価します。

カスタマイズ可能性の検討:自社固有の業務プロセスや特定の要件に対応するために、STRAVISのカスタマイズがどの程度可能かを検討します。ベンダーと協議し、カスタマイズの具体的な内容とその実現可能性を確認します。

3. デモンストレーションと実際の操作感の評価

デモンストレーションの実施:ベンダーからシステムのデモンストレーションを受け、実際の操作感や機能の動作を確認します。デモンストレーションは、自社の業務フローに即したシナリオで行うことが重要です。

パイロットテストの実施:可能であれば、パイロットテスト(試験導入)を実施し、実際の業務環境でSTRAVISを使用してみます。パイロットテスト期間中に、システムの操作性、パフォーマンス、エラー発生状況などを詳細に評価します。

4. ROI(投資対効果)の分析

コストの評価:STRAVISの導入にかかる初期費用、ライセンス費用、カスタマイズ費用、保守・サポート費用などを詳細に見積もります。これに加えて、導入後の運用コストも評価します。

効果の測定:STRAVIS導入による業務効率の向上、データの正確性向上、レポーティングの迅速化、コンプライアンス強化などの効果を定量的に測定します。これにより、導入による具体的なメリットを数値化します。

ROIの算出:コストと効果を基に、投資対効果(ROI)を算出します。ROIが高い場合、STRAVISの導入が経済的に合理的であることを示します。

5. 利害関係者の意見収集

各部門からのフィードバック:財務部門、IT部門、経営陣などの利害関係者からフィードバックを収集します。各部門の視点から見たSTRAVISの利便性や課題を洗い出し、総合的な評価を行います。

エンドユーザーの評価:実際にSTRAVISを使用するエンドユーザー(財務担当者など)からの意見を収集し、操作性や使い勝手に関する評価を確認します。エンドユーザーの評価は、システムの実用性を判断する上で非常に重要です。

6. ベンダーとの協議と最終判断

ベンダーとの詳細協議:評価結果を基に、ベンダーと詳細な協議を行います。導入に関する疑問点や懸念事項を解消し、最終的な導入計画を策定します。

最終判断:すべての評価結果を総合的に判断し、STRAVISが自社の連結会計ニーズに最も適しているかどうかを最終的に決定します。必要に応じて、経営陣に対して導入のメリットとコスト、リスクについてのプレゼンテーションを行い、承認を得ます。

まとめ

STRAVISが自社に合っているかを確認するためには、自社の連結会計ニーズの評価、STRAVISの機能とのマッチング、デモンストレーションと実際の操作感の評価、ROIの分析、利害関係者の意見収集、ベンダーとの協議と最終判断といったステップを慎重に進めることが重要です。これらのプロセスを通じて、STRAVISが自社の業務効率化と財務管理の強化に寄与する最適なツールであるかを確実に判断することができます。

<その他 参考情報 >

1.オラクルのERPユーザーが予算管理ツールを採用! 役員インタビューを公開

2.オラクルERPのユーザであるクラウドワークス様の事例解説 (記事)>>

3.上場企業のDX事例集はこちら>>

DXを実現するクラウドソリューションについてはこちら