在庫管理 における ERP の 5 つの利点

在庫管理 は、物理的な商品を扱うビジネスにとって最も重要な要素の 1 つです。スプレッドシートの利用などの手動の在庫管理方法は不正確で時間がかかることが証明されており、これが、データの正確性を維持しながら在庫レベルを効果的に管理および最適化するために企業が ERP システムに頼る主な理由の 1 つです。

ERP システムは、単に在庫数量を管理するだけでなく、商品の移動、調達、注文管理などの財務上の影響など、他の主要な関連分野にも拡張されます。在庫管理のニーズに対して ERP がもたらす 5 つのメリットは次のとおりです。

1. 複数の場所にわたる制御と可視性の獲得

ERP の在庫モジュールは、倉庫、店舗、輸送中の商品など、すべての場所の在庫レベルをリアルタイムで可視化します。ERP は、ユーザーの直接入力、プロセスの自動化、または他のサポート システムとのファイル交換を通じて、すべての在庫トランザクションをリアルタイムで記録および更新することでこの偉業を実現します。

また、在庫補充をサポートするための最小在庫レベルや、注文処理を自動化するための注文割り当てルールなど、事前定義されたパラメータを設定することもできます。その結果、在庫レベルとセルスルーを積極的に監視し、必要に応じて在庫を調達したり拠点間を移動したりして、在庫の可用性を確保し、陳腐化した在庫を最小限に抑えることができます。

2. 過剰在庫の防止

顧客満足度と収益性を確保するには、予想される注文を満たすために在庫レベルの適切なバランスを維持する必要があります。在庫を持ちすぎると、販売されない製品に資本が集中してしまいます。さらに、在庫、特に賞味期限が限られている商品の保管と管理にはコストがかかります。ただし、在庫が少なすぎると、在庫切れが発生し、顧客の需要に応えられなくなるリスクがあります。


最新の在庫管理システム、特に ERP ソフトウェアと統合されたシステムを使用すると、予測と需要計画に役立ち、完璧な量の在庫を確実に手元に保つことができます。

3. 循環棚卸の自動化

循環棚卸プロセスで自動化を使用すると、結果の精度が向上します。また、自動化により人件費が削減され、従業員の生産性が向上し、在庫レベルに対する信頼が得られ、在庫の変化に応じたリアルタイムの可視化が可能になります。

在庫サイクル数を合理化することで、人的ミスに関連する在庫コストを排除できるだけでなく、さらなるコスト削減の恩恵を受けることもできます。

4. 顧客体験の向上

顧客は、地元の店舗に行って購入する前に、探している商品を「ウィンドウショッピング」するためにスマートフォンにますます依存するようになっています。ウェブサイトを常に最新の状態に保つ統合在庫管理システムの必要性がこれまで以上に重要になっています。

顧客がブランドの Web サイトに表示されている在庫品目が正確に表現されていると確信できれば、店舗を訪問して購入する可能性が高くなります。これは信頼を築き、より多くの客足を促進するのに役立ちます。

5. 成長を促進する

在庫管理システムを使用すると、成長を簡単に計画し、適切な方法でビジネスを拡大することができます。ビジネスが発展し、新しい市場に参入し、製品が多様化するにつれて、システムはビジネス ニーズに応じて拡張することができます。システムのアップグレードにかかる費用を心配することなく、利益を上げて拡張できます。

Oracle NetSuiteクラウドERP

Oracle NetSuite Cloud ERP ソリューションは、より適切かつ迅速な意思決定を行うために、多くの企業の在庫を管理するための豊富な機能を提供します。お気に入りのデバイスからリアルタイムで複数の場所の需要計画、調達、履行、財務などの在庫を高度に管理できます。Oracle NetSuite Cloud ERPは、企業が手動レポートにリソースを無駄にせずにエラーを削減し、効率を向上させるのにも役立ちます。

 Shearwater Japanは、中小企業および大企業の顧客向けの財務会計/ERP および CRM ソリューションにおける広範な知識と経験を備えた 5 つ星の Oracle NetSuite パートナーです。2008年に設立され、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタ、ホーチミンにオフィスを構える当社の専門知識により、地域全体の100社を超えるクライアントに対するOracle NetSuite Cloud ERPの導入を確実に成功させています。

Oracle NetSuite Cloud ERP の詳細については、Oracle NetSuite の専門家にお問い合わせください。