ERP と CRM の違い

家庭用電化製品は、人類に革命をもたらす役割で人々の注目を最も多く集めていますが、あまり魅力的ではない兄弟であるエンタープライズ IT は、企業が私たちに消費される製品やサービスを生産できるようにする縁の下の力持ちの役割をある程度果たしています。エンタープライズ リソース プランニング (ERP) システムと顧客関係管理 (CRM) システムは、ビジネス運営の成功の中核となる 2 つのソリューションです。

CRM ソリューションは、消費者がどのようにビジネスに関与し、潜在的な見込み客から顧客になるまでの過程を記録して保存するかに重点を置いているのに対し、ERP システムは企業に、ビジネスを継続させる問題に関するデータを取得できる中央データベースを提供します。

CRM の起源は、販売およびマーケティング目的で顧客情報を保管するデータベースとして 1990 年代に普及したセールス フォース オートメーション (SFA) にあります。一方、ERPのルーツは、製造業に重点を置いた資材所要量計画 (MRP) システムです。

現在のERPシステムには、企業の効率的な運営と生産性の向上を支援する高度な財務自動化ソリューションが組み込まれており、その結果、収益性が向上します。クラウドERPシステムには独自の CRM ソリューションが搭載されていますが、後者は前者と統合できるスタンドアロン システムです。

現在、市場にあるクラウドERPシステムは、企業にビジネス プロセスの前例のない可視性を提供します。一方、CRM システムはスタンドアロンの性質があるため、企業に顧客の統合ビューを提供する一方で、多くの場合、クラウドERPシステムに関連する可視性が欠けています。

デジタル時代の到来により、CRM とERPはそれぞれの部分の合計以上のシステムへと進化しました。以下では、CRM とERPの違いと、企業が業務を支援するために一方または両方のシステムを導入することでどのようなメリットが得られるかを検討します。

CRM

現在のクラウド CRM システムは、インターネットに接続していれば、いつでもどこでも、どのデバイスからでもアクセスできます。クラウド CRM ソリューションの機能の一部を以下に示します。

セールスフォースオートメーション

デジタル時代の CRM ソリューションのほとんどでは、ユーザーがカスタム ルールを設定して、営業チームがトリガーやイベントに基づいてタスクを自動的に実行できるようにします。たとえば、顧客が Web サイト上の問い合わせフォームに記入すると、CRM ソリューションによって販売主題の専門家がメッセージを確実に受け取ります。

マーケティングオートメーション

この機能は、データ駆動型キャンペーンを特定、調整、実行することにより、マーケティング チームの意思決定プロセスを強化します。このプロセスにより、リードの認定および変換プロセス中によく発生する複雑さが軽減されます。

顧客サービス管理

CRM システムは、顧客の 360 度のリアルタイム ビューを提供することで、変化する消費者のニーズに企業が迅速かつ効果的に対応できるようにする上で重要な役割を果たします。CRM システムは、顧客が購入過程で行うすべてのコミュニケーション ポイントも追跡します。

パートナー関係管理

企業は、企業とそのパートナーの間でリアルタイムの情報の流れを得ることができます。これは、企業が共同キャンペーンを実施する場合に特に重要であり、パートナー中心の販売およびマーケティング プロセスにおいて企業に完全な可視性を提供します。

携帯

デジタル時代の労働者に提供される最大の利便性の 1 つは、モバイル デバイスで作業の進行を監視できることです。Forester が発表した調査論文では、営業およびマーケティング チームの 50% が、モバイル デバイスを通じて物事を追跡することで生産性が向上したことが示されています。一方、Nucleus Research の調査によると、営業チームの 65% がCRM のモバイル機能のおかげで売上目標を達成しているのに対し、モバイル以外を使用しているチームの数字はわずか 12% にとどまっています。

レポートと分析

消費者データを表示するリアルタイム ダッシュボードは、営業チームやマーケティング チームが顧客をより深く理解するのに大いに役立ちます。これは、人口統計やその他のグループに基づいて広告グループをターゲットにキャンペーンを調整するのに役立ちます。また、企業が戦略的意思決定に役立つ新たな洞察を得るのにも役立ちます。

ERP

現在のERPシステムは、財務会計、グローバル ビジネス管理、在庫管理、注文管理、サプライ チェーン管理、倉庫管理をカバーするさまざまなビジネス プロセスから企業のデータを統合する、クラウド上に構築された総合的なシステムです。以下では、これらの各機能がビジネスにどのように役立つかを見ていきます。

財務及び会計

財務データやアカウントに関連するデータを入力するプロセスは、骨の折れる作業であり、人的ミスが多発するものです。企業が効率的に運営し、変化する市場状況に迅速に対応するには、財務および会計プロセスの自動化が企業の競争力の維持に大きく役立ちます。

グローバル経営管理

子会社を持つ企業にとって、データを統合して把握することは最も重要です。これに加えて、外国に子会社を持つ企業が遵守しなければならない規制要件の膨大なリストがあります。 ほとんどのクラウド ERP システムは複数の通貨と言語で利用でき、さまざまな国で課されるさまざまな規制に確実に準拠するようにカスタマイズできます。

在庫管理

在庫の自動化により、企業は顧客の期待に応えながら、在庫コストを低く抑えることができます。クラウドERPシステムは、企業が消費者の需要に応える準備を整えることを可能にする正確な予測も提供します。

注文管理

企業内のすべてのシステムを統合し、データの統合ビューをビジネスに提供することで、ボトルネックを排除し、エラーを防止して注文管理プロセスを合理化できます。スムーズなフローにより、タイムリーな請求と支払いが保証されます。

サプライチェーンマネジメント

成功するビジネスにとって、製品が生産される場所や店舗がどこにあるかは決して重要ではありません。クラウドERPシステムを使用することで、企業は原材料の調達を確実にし、在庫の数量を決定し、需要と供給に合わせて確実に補充することができます。

倉庫管理

電子商取引などの競争の激しい市場では、企業の強さは製品の品​​質だけでなく、製品をいかに早く届けられるかにも依存することがよくあります。クラウドERPシステムは、現代の電子商取引小売プラットフォームの期待に応えることを目的としています。

まとめ

非常に破壊的で競争の激しいビジネス環境では、クラウド上にシステムを運用する機敏な企業は、レガシー システムで運用する企業に比べて、より早く変化に適応できる立場にあります。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、クラウドに移行した企業が在宅勤務の標準にスムーズに移行したことからもわかるように、クラウドへの移行の重要性が浮き彫りになりました。

CRM ソリューションは、消費者のニーズを満たし、顧客の苦情に迅速に対応するための統合データを企業の販売、マーケティング、および顧客サービス部門に提供します。一方、クラウドERPシステムはより包括的なシステムであり、その影響力は単なる CRM を超えてビジネス内のすべての重要なエンティティをカバーします。これにより、企業は単一の真実の情報源を得ることができ、機敏かつ柔軟に対応し、不安定な市場状況に対応できるようになります。