CPMとは?Corporate Performance Management「企業業績管理」についてわかりやすく簡単に解説

CPMとは

CPMは、Corporate Performance Managementの略称で、日本語では企業業績管理と呼ばれます。企業が経営目標を達成するために、計画、実行、評価、改善という一連のサイクルを継続的に回すマネジメント手法です。

同じようなマネジメント手法にPDCAがありますが、CPMは企業としての目標を達成するために改善を繰り返すこと、PDCAは職場環境や業務効率化のために改善を繰り返すという違いがあります。

その他、類似の用語としてBPM:Business Process ManagementEPM:Enterprise Performance Managementというものがありますが、大きな違いはなく、基本的には改善を繰り返していくという点は同じであり、呼び方が違うということを知っておきましょう。

ただし、システムやサービスなどの提供元によっては、搭載されている機能や目的に合わせて使い分けていることもあるため、どのような課題や問題を解決する仕組みなのか精査することが大切です。

CPMの重要性

現代のビジネス環境は、変化が激しく、予測が難しいという特徴があります。企業は生き残るために、常に 変化に適応し、競争力を強化していく必要があります。

CPM(Corporate Performance Management)は、企業が変化に適応し、競争力を強化するための有効な手段の一つとして重要であるということです。 具体的には以下のようなメリットを得ることができます。

  • 経営目標の達成
  • 業績向上
  • 変化への適応力向上
  • 意思決定の迅速化
  • ガバナンスの強化

CPMの仕組みや考え方を導入することで、成長できる企業や組織としての環境を整えることができます。改善や変革と言うと精神論に陥りがちですが、CPMによって具体的に何が課題であり問題なのか、どのような現状なのかをしっかりと把握できるようになり、具体的な数値をもとに目標を立て、改善のために何ができるのか、何をすべきなのか、結果としてどのようになったのかということを繰り返し続けることができるのです。

CPMに関連する情報

CPMツールであるBoardとは

CPM : 企業パフォーマンス管理ソリューションとは何か?なぜERPやBIと違うのか?

クラウドワークス(CrowdWorks)さまのWorkday Adaptive Planning採用事例を公開

クラウドベースの EPMソフトウェア がビジネス エクセレンスをどのように再構築するか

まとめ

当社「Shearwater Japan」は14年以上にわたって自動化プロジェクトやデジタル化を支援するクラウドソリューションの導入に携わってきた経験を持つ、アジアをリードするワンストップのファイナンスデジタルトランスフォーメーションコンサルティング会社です。当社は、クラウド基幹業務システム(ERP)、企業計画管理(EPM)、勘定照合、決算プロセスの自動化、企業間財務統合、スタック統合、ワークフロー自動化プラットフォームであるOracle NetSuite、Workday Adaptive Planning、Workatoなどのクラウドソリューションを提供しています。

クラウドソリューションの導入にお悩みであれば、是非ともこの機会にご相談、お問い合わせください。

また 当社では 現在、一緒に働くスタッフを募集していますので、Shearwater Japanで働きたいとお考えの方は是非とも採用・キャリアのページからご応募ください!

<参考情報FP&A PBR netsuite erp

1. NetsSuite導入インタビュー Tableau IFRS

2. NetSuiteと他社のERPの違いを解説

https://netsuite1.sw-lp.com/

DXを実現するクラウドソリューションについてはこちら