salesforceの米国本社が管理会計にWorkday Adaptive Planningを採用(事例解説)

workday サイトより

<動画サマリ>

・Salesforce の成長戦略には、買収と新しい市場への拡大が含まれていました。

•  Workday の機能は Salesforce の成長にとって重要であると考えられています。

•  Salesforce は、Workday が自社のニーズを効果的に満たせることに気づきました。

• Workday の快適な ERP アプローチは、Salesforce のテクノロジー中心の業務に適しています。

• Salesforce は、HCM、給与計算、財務、Adaptive Planning(予実管理)などのさまざまな 製品を採用し、データの一元化に成功しました。

• すべてのデータを一元管理することで最新化が促進されます。

• Workday 内のアカウンティングセンターは、Salesforce の自動化を強化し、プロセスを合理化することが期待されています。

• 買収後の新しい法人の設立は、以前と比べて数分で行えるようになりました。

• Salesforce は、効率の向上と新しい機能の提供を目的として、Accounting Center の23のユースケースを開発し、決算を迅速化できました。

• 機械学習や AI を含む Workday のイノベーションは、Salesforce の将来のビジョンと一致しています。

<インタビュー担当者>

<その他 参考情報>

1)salesforceの予実管理ダッシュボードイメージはこちら(動画)

2)セールスフォースと予算管理ツールの具体的な連携事例(記事解説)はこちら

3)上場企業の、セールスフォースとのDXプロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら