クラウドデータウェアハウス が ビジネスリスクの軽減に効果的である3つの理由

クラウドデータウェアハウス の 3 つの役割とは何か。異常なマクロ経済の変革により、ビジネス環境に新たなリスクがもたらされました。この状況への対応として、財務チームは社内のあらゆる分野からのデータを活用し、リスク管理に事業を超えたデータを活用することで、リスク評価とリスク管理の実践を改善する必要があります。

内部データソースと外部データソースを組み合わせることで、ビジネスの死角を効果的に減らし、不確実性を最小限に抑えることができます。この強化された可視性により、情報に基づいた戦略的な意思決定を行うための強固な基盤が提供されます。一方、外部データ ソースを統合すると、パートナー、サプライヤー、競合他社、顧客、その他の市場動向に関する貴重な洞察が得られます。

今こそ、データ統合と外部データ ソースの統合の力を活用して、リスク管理プロセスを改善する時期です。そうすることで、あなたのビジネスは盲点を軽減し、意思決定を強化し、現在のビジネス環境において持続可能な成長と成功に向けた地位を築くことができます。

クラウドデータウェアハウス の導入によるリスク管理の取り組みの最適化

今日のビジネス環境では、意思決定に社内データと社外データの両方を活用する価値を認識することが非常に重要です。ただし、この認識を現実に変えるのは困難な場合があります。多くの企業では、ERP、e コマース プラットフォーム、プロジェクト管理システム、スプレッドシートなど、接続性のないさまざまなシステムにデータが分散しています。さらに、これらのシステムが接続されている場合でも、特にリスク管理を目的としていないことがよくあります。

これらの課題に対処するために、CFO はテクノロジーの擁護者としての役割を担い、他の経営幹部と協力しています。自由に使える豊富なツールの中で、クラウド データ ウェアハウスもその 1 つです。

クラウド データ ウェアハウスは、ビジネスのさまざまな領域からのデータを統合する中央リポジトリとして機能します。外部データ ソースを組み込むことで内部データを超え、レガシー システムのデータを保存することもできるため、企業は必要に応じてデータを廃止できる柔軟性が得られます。財務データ、業務データ、顧客データなど、複数のシステムからのデータを統合することで、リスク管理者は企業のリスク状況を包括的に把握できます。この統合されたデータ アプローチにより、より適切なリスクの特定、評価、監視が可能になります。

クラウド データ ウェアハウスを導入することにより、企業はリスク管理の取り組みを最適化し、リスクを積極的に特定、評価、軽減することができ、最終的には変化し続けるビジネス環境を自信を持って乗り切る能力を強化できます。

ビジネス リスクの軽減におけるクラウド データ ウェアハウスの役割

役割 #1: 切り離された子会社によるコストの課題を克服する

連結されていない子会社は、特にコストを効果的に管理する場合に、事業運営に重大なリスクをもたらす可能性があります。多くの場合、組織は子会社全体の財務実績を包括的に把握するのに苦労しており、データの集計と分析のための非効率的で手動のプロセスが必要になります。この可視性の欠如により、意思決定や計画の取り組みが妨げられるだけでなく、異種システムの維持に多大なコストが発生します。

ただし、クラウド データ ウェアハウスの役割を活用することで、企業はこのリスクを軽減し、より適切なコスト管理を実現できます。たとえば、かつて、15 の独立して運営されている子会社を抱えて同様の課題に直面しているメーカーがありました。この問題に対処するために、データを Oracle NetSuite Analytics Warehouse に統合し、スプレッドシートや BI ツールでの手動データ操作の必要性を排除しました。

この統合により、メーカーは子会社全体の財務および業務パフォーマンスの全体像を把握できるようになり、計画と意思決定に貴重な洞察が得られました。さらに、古いインフラストラクチャを廃止し、クラウド データ ウェアハウスに依存することで、コストを 66% 大幅に削減しました。チーム全体が各子会社の財務および業務パフォーマンスの視覚化にアクセスできるようになり、コスト削減の機会を特定し、全体的な財務管理を合理化できるようになりました。

役割 #2: チャネルの可視性の向上による販売パフォーマンスの向上

販売目標の達成は企業にとって重要な目標ですが、販売チャネルの可視性が不十分であると、この目標が大幅に妨げられる可能性があります。あるケースでは、アクセサリー小売業者は、複数のチャネルにわたる売上を予測するという課題に直面しました。同社の既存のビジネス インテリジェンス (BI) ツールは、複数の Shopify インスタンス、Google アナリティクス、Google 広告など、さまざまなソースからのデータを集約して分析するのに苦労していました。

この課題を克服し、販売目標を達成できないリスクを軽減するために、この小売業者は Oracle NetSuite Analytics Warehouse に移行しました。これはチャネルの可視性を向上させるのに役立っています。クラウド データ ウェアハウスを使用することで、これらの多様なソースからのデータを簡単に統合して分析できるようになりました。 

Oracle NetSuite Analytics Warehouseのようなクラウド・データ・ウェアハウス・ソリューションを活用することで、企業は複数のソースからのデータをシームレスに統合し、高度な分析機能を適用して、予測精度を向上させることができます。その結果、販売チャネルの可視性が向上し、在庫管理が最適化され、販売実績が向上し、最終的に販売目標を達成できないリスクが軽減されます。

役割 #3 在庫の可視性を合理化して顧客満足度を向上する

今日のペースの速いビジネス環境では、顧客の要求を満たすために在庫データの正確さと適時性が非常に重要です。ただし、古い在庫データに依存すると、企業に重大なリスクが生じます。その一例は、Oracle NetSuite の顧客であるドリンクウェア卸売業者であり、手動プロセスによる顧客需要の変化に効果的に対応するのに苦労していました。彼らのチームは、在庫レベルを追跡するために ERP および e コマース システムからスプレッドシートにデータを手動でエクスポートしていましたが、遅延や古いデータの使用につながっていました。卸売業者は、顧客満足度と顧客維持に潜在的な影響を与える可能性があることを認識し、解決策を模索しました。

Oracle NetSuite Analytics Warehouse の機能を活用することで、卸売業者は古い在庫データに関連する課題を克服しました。クラウド データ ウェアハウスにより、ERP システムからのデータと Google Analytics の統合が可能になり、在庫活動の包括的なビューが提供されました。このソリューションの自動化機能により、卸売業者は毎日の在庫スコアカードと SKU レベルの予測を受信できるようになりました。これにより、チームは顧客の需要をより効果的に予測して対応できるようになり、その結果、顧客維持率が向上し、コストが削減され、急速に変化する市場で機会をつかむことができるようになります。

手動のプロセスやスプレッドシートをOracle NetSuite Analytics Warehouseのようなクラウド・データ・ウェアハウスに置き換えることで、企業はさまざまなソースからのデータを統合し、レポート作成と予測を自動化し、在庫レベルに関するリアルタイムの洞察を得ることができます。

まとめ

ビジネスの成功が主に最先端のテクノロジーによって左右される非常に不安定な環境では、利用可能なデータを最大限に活用できるかどうかが大きな違いを生みます。

統合されていない異種ソースからのデータは役に立たなくなる可能性があります。データを最大限に活用するための堅牢な分析ソリューションを見つけることが重要です。

さらに重要なのは、どのクラウド ソリューション プロバイダーと連携するかを選択する際の選択です。ソリューション プロバイダーと直接連携することには魅力がありますが、PointStar Consulting のようなソリューション パートナーがビジネス ニーズに応える包括的なソリューション スイートを提供していることは注目に値します。PointStar Consulting のようなソリューション プロバイダーは、技術的な専門知識、地域での存在感、さまざまなビジネスの問題点に対する深い理解を備えており、各ビジネスのニーズに対応する高度にカスタマイズされたソリューション スイートを組織に提供します。