Archives 5月 2023

Cloud Data

クラウドデータウェアハウス が ビジネスリスクの軽減に効果的である3つの理由

クラウドデータウェアハウス の 3 つの役割とは何か。異常なマクロ経済の変革により、ビジネス環境に新たなリスクがもたらされました。この状況への対応として、財務チームは社内のあらゆる分野からのデータを活用し、リスク管理に事業を超えたデータを活用することで、リスク評価とリスク管理の実践を改善する必要があります。

内部データソースと外部データソースを組み合わせることで、ビジネスの死角を効果的に減らし、不確実性を最小限に抑えることができます。この強化された可視性により、情報に基づいた戦略的な意思決定を行うための強固な基盤が提供されます。一方、外部データ ソースを統合すると、パートナー、サプライヤー、競合他社、顧客、その他の市場動向に関する貴重な洞察が得られます。

今こそ、データ統合と外部データ ソースの統合の力を活用して、リスク管理プロセスを改善する時期です。そうすることで、あなたのビジネスは盲点を軽減し、意思決定を強化し、現在のビジネス環境において持続可能な成長と成功に向けた地位を築くことができます。

クラウドデータウェアハウス の導入によるリスク管理の取り組みの最適化

今日のビジネス環境では、意思決定に社内データと社外データの両方を活用する価値を認識することが非常に重要です。ただし、この認識を現実に変えるのは困難な場合があります。多くの企業では、ERP、e コマース プラットフォーム、プロジェクト管理システム、スプレッドシートなど、接続性のないさまざまなシステムにデータが分散しています。さらに、これらのシステムが接続されている場合でも、特にリスク管理を目的としていないことがよくあります。

これらの課題に対処するために、CFO はテクノロジーの擁護者としての役割を担い、他の経営幹部と協力しています。自由に使える豊富なツールの中で、クラウド データ ウェアハウスもその 1 つです。

クラウド データ ウェアハウスは、ビジネスのさまざまな領域からのデータを統合する中央リポジトリとして機能します。外部データ ソースを組み込むことで内部データを超え、レガシー システムのデータを保存することもできるため、企業は必要に応じてデータを廃止できる柔軟性が得られます。財務データ、業務データ、顧客データなど、複数のシステムからのデータを統合することで、リスク管理者は企業のリスク状況を包括的に把握できます。この統合されたデータ アプローチにより、より適切なリスクの特定、評価、監視が可能になります。

クラウド データ ウェアハウスを導入することにより、企業はリスク管理の取り組みを最適化し、リスクを積極的に特定、評価、軽減することができ、最終的には変化し続けるビジネス環境を自信を持って乗り切る能力を強化できます。

ビジネス リスクの軽減におけるクラウド データ ウェアハウスの役割

役割 #1: 切り離された子会社によるコストの課題を克服する

連結されていない子会社は、特にコストを効果的に管理する場合に、事業運営に重大なリスクをもたらす可能性があります。多くの場合、組織は子会社全体の財務実績を包括的に把握するのに苦労しており、データの集計と分析のための非効率的で手動のプロセスが必要になります。この可視性の欠如により、意思決定や計画の取り組みが妨げられるだけでなく、異種システムの維持に多大なコストが発生します。

ただし、クラウド データ ウェアハウスの役割を活用することで、企業はこのリスクを軽減し、より適切なコスト管理を実現できます。たとえば、かつて、15 の独立して運営されている子会社を抱えて同様の課題に直面しているメーカーがありました。この問題に対処するために、データを Oracle NetSuite Analytics Warehouse に統合し、スプレッドシートや BI ツールでの手動データ操作の必要性を排除しました。

この統合により、メーカーは子会社全体の財務および業務パフォーマンスの全体像を把握できるようになり、計画と意思決定に貴重な洞察が得られました。さらに、古いインフラストラクチャを廃止し、クラウド データ ウェアハウスに依存することで、コストを 66% 大幅に削減しました。チーム全体が各子会社の財務および業務パフォーマンスの視覚化にアクセスできるようになり、コスト削減の機会を特定し、全体的な財務管理を合理化できるようになりました。

役割 #2: チャネルの可視性の向上による販売パフォーマンスの向上

販売目標の達成は企業にとって重要な目標ですが、販売チャネルの可視性が不十分であると、この目標が大幅に妨げられる可能性があります。あるケースでは、アクセサリー小売業者は、複数のチャネルにわたる売上を予測するという課題に直面しました。同社の既存のビジネス インテリジェンス (BI) ツールは、複数の Shopify インスタンス、Google アナリティクス、Google 広告など、さまざまなソースからのデータを集約して分析するのに苦労していました。

この課題を克服し、販売目標を達成できないリスクを軽減するために、この小売業者は Oracle NetSuite Analytics Warehouse に移行しました。これはチャネルの可視性を向上させるのに役立っています。クラウド データ ウェアハウスを使用することで、これらの多様なソースからのデータを簡単に統合して分析できるようになりました。 

Oracle NetSuite Analytics Warehouseのようなクラウド・データ・ウェアハウス・ソリューションを活用することで、企業は複数のソースからのデータをシームレスに統合し、高度な分析機能を適用して、予測精度を向上させることができます。その結果、販売チャネルの可視性が向上し、在庫管理が最適化され、販売実績が向上し、最終的に販売目標を達成できないリスクが軽減されます。

役割 #3 在庫の可視性を合理化して顧客満足度を向上する

今日のペースの速いビジネス環境では、顧客の要求を満たすために在庫データの正確さと適時性が非常に重要です。ただし、古い在庫データに依存すると、企業に重大なリスクが生じます。その一例は、Oracle NetSuite の顧客であるドリンクウェア卸売業者であり、手動プロセスによる顧客需要の変化に効果的に対応するのに苦労していました。彼らのチームは、在庫レベルを追跡するために ERP および e コマース システムからスプレッドシートにデータを手動でエクスポートしていましたが、遅延や古いデータの使用につながっていました。卸売業者は、顧客満足度と顧客維持に潜在的な影響を与える可能性があることを認識し、解決策を模索しました。

Oracle NetSuite Analytics Warehouse の機能を活用することで、卸売業者は古い在庫データに関連する課題を克服しました。クラウド データ ウェアハウスにより、ERP システムからのデータと Google Analytics の統合が可能になり、在庫活動の包括的なビューが提供されました。このソリューションの自動化機能により、卸売業者は毎日の在庫スコアカードと SKU レベルの予測を受信できるようになりました。これにより、チームは顧客の需要をより効果的に予測して対応できるようになり、その結果、顧客維持率が向上し、コストが削減され、急速に変化する市場で機会をつかむことができるようになります。

手動のプロセスやスプレッドシートをOracle NetSuite Analytics Warehouseのようなクラウド・データ・ウェアハウスに置き換えることで、企業はさまざまなソースからのデータを統合し、レポート作成と予測を自動化し、在庫レベルに関するリアルタイムの洞察を得ることができます。

まとめ

ビジネスの成功が主に最先端のテクノロジーによって左右される非常に不安定な環境では、利用可能なデータを最大限に活用できるかどうかが大きな違いを生みます。

統合されていない異種ソースからのデータは役に立たなくなる可能性があります。データを最大限に活用するための堅牢な分析ソリューションを見つけることが重要です。

さらに重要なのは、どのクラウド ソリューション プロバイダーと連携するかを選択する際の選択です。ソリューション プロバイダーと直接連携することには魅力がありますが、PointStar Consulting のようなソリューション パートナーがビジネス ニーズに応える包括的なソリューション スイートを提供していることは注目に値します。PointStar Consulting のようなソリューション プロバイダーは、技術的な専門知識、地域での存在感、さまざまなビジネスの問題点に対する深い理解を備えており、各ビジネスのニーズに対応する高度にカスタマイズされたソリューション スイートを組織に提供します。

OracleNetSuite
Learn More
Cloud ERP

クラウドERPシステム の力を解き放つ: 主要な機能のガイド

クラウドERPシステム はどのような機能があるのか。ビジネス環境がますます複雑になるにつれ、クラウド エンタープライズ リソース プランニング (ERP) システムはもはや贅沢品ではなく、競争力を維持したい企業にとって必需品となっています。 

昨今の クラウドERPシステム は、企業内の重要な財務および運用機能を統合および自動化するように設計された高度なソフトウェア ソリューションです。これらは、総勘定元帳 (GL)、買掛金、売掛金、給与計算、財務報告などの重要なビジネス データに簡単にアクセスできる一元化されたデータベースを提供します。

最新のクラウド ERP システムは単なる財務管理を超えています。また、在庫管理、注文管理、サプライ チェーン管理に加え、調達、生産、流通、履行の機能も提供します。これにより、企業はより効果的かつ効率的に業務を管理できるようになります。

クラウド ERP システムの力を最大限に活用するには、企業は 12 のコア クラウド ERP 機能をよく理解する必要があります。 

1. 統合 

統合はクラウド ERP システムの重要なコンポーネントです。クラウド ERP の主な利点は、組織内のさまざまなソリューションを統合して、重要な財務、運用、ビジネス データをほぼリアルタイムで一元的に表示できることです。クラウド ERP システムは、さまざまなデータを統合することでデータのサイロを排除し、組織に唯一の信頼できる情報源を提供します。これにより、全員が同じ最新情報にアクセスし、社内全体でデータを正確かつ効率的に共有できるようになります。

2. 自動化 

クラウド ERP システムは、給与計算、注文処理、請求書発行、レポート作成などの反復的なビジネス タスクを自動化する機能を企業に提供します。これらのタスクを自動化することで、クラウド ERP システムは手動データ入力にかかる時間を最小限に抑え、エラーを減らし、従業員がより付加価値の高いタスクに集中できるようにします。

クラウド ERP システムは、複数の部門やプロセスが関与する可能性のある複雑なワークフローを自動化する機能も提供します。たとえば、在庫追跡モジュールは、特定の SKU が利用可能になったときに出荷と請求書を自動的にトリガーできます。これにより、タスクの完了に必要な時間が短縮されるだけでなく、すべての部門が連携して同じデータを共有できるようになります。

3. データ分析

クラウド ERP システムは、財務、調達、在庫、販売、マーケティングなどのさまざまな機能から膨大な量のデータを収集および保存します。このデータを使用して、企業がより適切な意思決定を行い、業務を改善するのに役立つ有意義な洞察を生成できます。

Brainyard の 2020 年冬の調査によると、CFO やビジネス リーダーは、新しいビジネス チャンスの特定、現在の業務の最適化、コストの削減、不正行為の検出、顧客満足度の向上を可能にするデータ分析の力を長い間認識してきました。クラウド ERP システムを使用すると、データ分析をリアルタイムで実行できるため、企業はトレンドを常に把握し、変化する市場状況に迅速に対応できます。

4. 報告

レポート作成もクラウド ERP システムの重要な役割です。クラウド ERP システムは、さまざまなソースからの豊富なデータを企業に提供し、レポート ツールを使用して企業がそのデータを実用的な洞察に変えることができます。クラウド ERP システムによって生成されたレポートは、企業が大きな問題になる前に問題領域を特定するのに役立ちます。また、企業がプロセスを最適化し、改善の機会を特定するのにも役立ちます。

レポート機能が向上すると、経営幹部やマネージャーは、レポートに表示されるデータに基づいて、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。レポートを迅速に生成できるということは、情報がより容易に入手可能になり、タイムリーに対処できることも意味します。

5. 追跡と可視性

追跡と可視化は、企業が業務運営を監視、分析、最適化できるようにするクラウド ERP プラットフォームの重要な機能です。

追跡とは、販売注文、発注書、在庫レベル、生産スケジュール、配送スケジュールなどの業務運営のさまざまな側面を監視および記録する機能を指します。これらの指標をリアルタイムで追跡することで、企業は潜在的な問題を迅速に特定し、是正措置を講じて業務の中断を最小限に抑えることができます。これにより、企業は正確で最新のデータに基づいて情報に基づいた意思決定を行うことができ、最終的には効率の向上、コストの削減、収益性の向上につながる可能性があります。

一方、可視性とは、組織全体のデータにリアルタイムでアクセスできるようにすることで、ビジネス指標を明らかにして理解する能力を指します。クラウド ERP プラットフォームは、情報のサイロを打破し、事業運営のあらゆる側面についてレポートと分析を提供することで、企業が業績の全体像を把握できるようにします。これにより、傾向、パターン、改善の機会を特定でき、それを活用して業務を最適化し、収益を増やすことができます。

6. 会計

会計は、組織が財務データを追跡、保存、分析できるようにするクラウド ERP システムの重要なコンポーネントです。クラウド ERP の会計機能には通常、買掛金 (AP)、売掛金 (AR)、総勘定元帳 (GL)、予算、予測などの機能が含まれます。さらに、多くのクラウド ERP システムは、税務管理、固定資産管理、収益認識、複数通貨調整などのより高度な機能を提供する場合があります。

クラウド ERP 会計機能の主な利点の 1 つは、月次財務諸表の調整と締めにかかる時間を短縮できることです。月末締めは、さまざまなアカウントの調整、取引の確認、財務諸表の作成など、時間のかかるプロセスとなる場合があります。クラウド ERP の会計機能は、これらのタスクの多くを自動化および合理化するのに役立ち、タスクを完了するために必要な時間と労力を削減できます。

7. 財務管理

クラウド ERP システムは、企業全体の財務データを追跡および管理するための集中プラットフォームを提供することで、財務管理において重要な役割を果たします。財務管理は、会社の目標を達成するための資金の計画、編成、活用を伴う企業にとって重要なタスクであるため、クラウド ERP システムは財務チームがこれらの複雑なタスクを管理するのを支援できます。

8. 顧客関係管理 (CRM)

顧客関係管理 (CRM) とは、企業が顧客のライフサイクル全体を通じて顧客とのやり取りやデータを管理および分析するために使用する戦略、プロセス、テクノロジーを指します。クラウド ERP システムに統合された CRM 機能により、組織は顧客関係データを業務に組み込むことができ、ビジネスの視野を広げ、顧客サービスを強化できます。

9. 販売およびマーケティング

CRM 機能が統合されたクラウド ERP システムは、より優れた洞察を提供し、プロセスを自動化し、チーム間のコラボレーションを強化することで、組織が販売およびマーケティング活動を改善するのに役立ちます。統合された CRM 機能を備えたクラウド ERP システムは、販売傾向や顧客の行動に関するリアルタイムの洞察を提供し、よりパーソナライズされたカスタマイズされたエクスペリエンスを顧客に提供することもできます。これにより、顧客満足度やロイヤルティが向上し、売上収益も増加します。

10. 人事(HR)

クラウド ERP システムの人事 (HR) コンポーネントは、募集や採用から給与や福利厚生の管理に至るまで、従業員管理のあらゆる側面を管理するように設計されています。統合された HR モジュールを使用すると、組織は人事プロセスを合理化し、手動の作業負荷を軽減できます。したがって、クラウド ERP システムを使用して人事プロセスを自動化すると、時間を節約し、コストのかかるエラーのリスクを軽減できます。これにより、人事スタッフはより戦略的な業務に集中できるようになり、企業は従業員エクスペリエンスを向上させることができます。

11. サプライチェーン管理 (SCM)

サプライ チェーン マネジメント (SCM) とは、製品またはサービスの生産と流通に関わるすべての活動の計画と管理を指します。SCM 機能を備えたクラウド ERP システムを使用すると、企業は、需要、在庫、製造プロセス、物流、流通に関連するデータを追跡および分析することで、サプライ チェーンの運用を合理化し、最適化できます。

12. 製造業

クラウド ERP システムは、製造業において長い間重要な役割を果たしてきており、生産プロセスのさまざまな側面を管理するための一元化されたプラットフォームを企業に提供してきました。クラウド ERP を使用すると、メーカーは製品計画を合理化し、生産を監視し、需要を予測できます。このシステムは、原材料の調達や組み立てプロセスの管理も支援します。

Oracle NetSuite Cloud ERPのオールインワン・プラットフォームで効率と成長を最大化

Oracle NetSuite は、複数のビジネス機能を 1 つの統合プラットフォームに統合するクラウド エンタープライズ リソース プランニング (ERP) システムです。このクラウドベースのソフトウェアは、さまざまな業界の企業向けに設計されています。重要な財務および運用機能の統合と自動化を通じて、リアルタイムの洞察、合理化された顧客サービス、サプライ チェーン コストの削減を提供します。これらの機能には、在庫管理、注文とサプライ チェーンの管理、調達、生産、流通、履行が含まれます。

Oracle NetSuite クラウド ERP を使用すると、企業はデータ サイロを排除し、手動エラーを減らし、全体的な効率を向上させる集中プラットフォームの恩恵を受けることができます。このシステムにより、財務から人事、販売、マーケティングに至るまで、ビジネスのあらゆる側面の可視性と制御が向上します。この統合により、リアルタイムのデータ洞察とレポートが提供されるため、企業はより適切な情報に基づいた意思決定を行うことができます。

OracleNetSuite
Learn More
budgeting (1)

ファイナンシャル ・ モデリングとは?

ファイナンシャル ・ モデリングは超強力です。予算や計画を実行する前に、次元、バージョン、時間を超えて仮定や仮説をテストすることができる素晴らしい能力があります。

綿密に構築されたモデルにより、会計カレンダーやその他のビジネス・マイルストーンに従って、あらゆるプログラム、部門、事業単位で無制限のシナリオを実行することができます。言い換えれば、ダイナミックな財務モデルは、様々なレバー(例えば、人員の追加、生産時間の短縮、販売地域の拡大)を引いた場合に予想される結果を示し、予想される結果を確認することができます。

「透視能力!」とまではいきませんが、それに近いものがあります。

しかし、ファイナンシャル・モデリングが超能力であるなら、実行できるシナリオの数や種類を制限する時代遅れのツールや手作業のプロセスは致命的です。

戦略的な意思決定を促し、あなたのビジネスが一気に競合他社を凌駕するのに十分な、強力で柔軟なファイナンシャル・モデルを作成する方法を見ていきましょう。

手作業のプロセスはモデルをダメにしてしまう。

財務モデルは、現在の状況や複数のクエリに対応できるよう、強力で柔軟であることが理想です。チームが複数のソースからのデータを集計し、スプレッドシートの正確性の確認に追われている場合、モデリングはエラーや壊れた計算式を修正するために後回しになります。

Adaptive Insights の CFO 指標レポートによると、財務チームの 71% が少なくとも 3 つのソースからのデータを管理しています。複数のソースからデータを手作業で集計し、スプレッドシートで管理している場合、手間がかかり、エラーが発生しやすく、不正確になりがちです。

昨今の速いペースのビジネスモデルで機能するファイナンシャル・モデリングは、これらのプロセスを自動化し、仮説を検証する時間を確保する必要があります。

ロバストモデルの特性

ロバストモデルは、経費、資本、人員、収益、プロジェクト、助成金、ノルマ、テリトリーなど、あらゆる部門、事業体、機能にわたって、あらゆる場所であらゆるものをモデル化できることが求められます。

財務モデルは、利害関係者に確認し、優先事項や計画に関する情報を収集し、組織全体の意思決定を改善するための一連の前提条件を作成する機会です。

うまくいけば、財務モデルはあなたやあなたの組織の人々に何かを教えてくれるでしょう。例えば、新しいビジネスのやり方や、競争環境に関する詳細な情報、あるいは企業目標やKPIをサポートしたり損なったりする要因などです。

強力で効果的な財務モデルは、以下を達成するものであるべきです:

ファイナンシャル ・ モデリングで信頼できる単一のソースを確立

アクセスしやすく、関連性が高く、新たな市場環境に柔軟に対応できる単一のデータソースがあれば、組織が一致団結して同じ目標を達成することができます。データの妥当性と正確性に全員が同意すれば、数字をめぐるいざこざが減り、事業部門間の協力が深まります。

ファイナンシャル ・ モデリングで数字に自信を持つ

もし全員がデータソースの妥当性について争っていたら、プロセスは戦略的意思決定ではなく、議論に巻き込まれてしまうでしょう。広範なコスト配分、複数の予算バージョン、様々な組織構造から、財務モデルとアナリティクスは、数字とモデルに対する信頼を築くでしょう。

ファイナンシャル ・ モデリングで計算の自動化

時代遅れのツールや手作業のプロセスでは、洞察を生み出すために時間がかかりすぎます。プランニング、予算編成、予測タスクを自動化することで、チームは「もしもの時」に備えて、無制限にシナリオを実行したり、多角的なクエリにリアルタイムで回答したりする時間を増やすことができます。

ファイナンシャル ・ モデリングで連携を可能にする

組織の誰もが、その自覚の有無にかかわらず、モデリングを行っています。財務データモデリングツールを事業部門が広く利用できるようにし、そのツールがユーザーフレンドリーであることを保証することで、従業員数や製品リリースなどに関する仮定について、誰もが意見を述べることができるようになります。結局のところ、真の連携がより良いファイナンシャル・モデルを生み出すのです。

最新のモデリングには最新のツールが必要

現代のビジネスには、オンザフライのクエリ、「もしもの時」に備えた無限のシナリオ、テストを可能にする財務モデリングと分析機能が必要です。増え続けるデータ、時代遅れのツール、急速に変化する市場など、これまでと同じやり方を続けることは戦略的な失敗となります。

では、その解決策は?

インテリジェントで拡張性が高く、包括的なクラウドベースのプランニング・プラットフォームは、現代のビジネスに求められる高度で強力な財務プランニング、モデリング、分析をサポートするために必要なパワーを提供します。

workday
CPM

CPM : 企業パフォーマンス管理ソリューションとは何か?なぜERPやBIと違うのか?

クラウドベースの CPM アプリケーション は、企業計画、財務統合、経営・規制報告、予算編成・計画分析のために導入され、扱いにくいExcelスプレッドシートや自律的なIT運用の必要性に対処するクライアントが直面する課題を解決します。

企業はしばしば、まったく異なるビジネス・プロセスをサポートするために単一の製品を使おうとします。しかし、ソフトウェア・ベンダーはしばしば、自社のソリューションが万能であるかのように宣伝していることに注意する必要があります。このような宣伝文句に遭遇した場合、万能プラットフォームには通常、概念的な整合性があることを考慮することが極めて重要です。このようなサイトでは、非常に高いコストがかかることに注意する必要があります。多くの場合、これは最新のテクノロジーが様々なビジネスプロセスを効果的にサポートする方法に関する理解不足から生じています。私たちは、専用アプリを使えばほんのわずかなコストで解決できたはずの問題を解決するために、あまり専門化されていないプラットフォームに多額の費用を費やしている企業を見てきました。つまり、昨今のビジネス界では、それぞれのビジネスニーズに適したツールを見つけることが、これまで以上に重要になっているのです。

「アナリティクス」という言葉をめぐっては、かなりの混乱があるようです。エグゼクティブのステークホルダーは、費用対効果に優れ、プラットフォーム中心のBI戦略を採用し、強力なユーザー・アダプションを実現しようとしています。しかし、営業担当者から提示される類似した製品や用語に戸惑うことも少なくありません。このような混乱を少しでも和らげるには、企業パフォーマンス管理(CPM)、ビジネスインテリジェンス(BI)、統合基幹業務システム(ERP)の基本的な違いを理解することが極めて重要です。これら3つのテクノロジーは、それぞれがそれぞれの役割を果たしながら、バランスよく共存すべきです。

ERP、 CPM 、BI:ガートナー社による定義

1. ガートナー社によると、 CPM とは、企業のビジネス・パフォーマンスを監視・管理するために使用される方法論、測定基準、プロセス、システムを総称したものです。最も一般的に使用される機能には、財務連結、報告と開示、予算編成と計画、分析が含まれます。

ガートナー社は、 BI を包括的な用語として定義しています。BIには、意思決定とパフォーマンスを改善・最適化するための情報へのアクセスと分析を可能にするアプリケーション、インフラ、ツール、ベストプラクティスが含まれます。一般的に使用される機能には、データ発見、可視化、ビッグデータなどがあります。

c. ERP アプリケーションは、企業の事業部門、顧客対応部門、管理部門、資産管理部門など、さまざまな業種の管理・運用ビジネスプロセスを自動化し、サポートします。

統合基幹業務システム(ERP)は企業パフォーマンス管理( CPM )ではない

同社は、ERP テクノロジーを活用することで、データ収集とデータ検証に関する CPM 機能をサポートしていました。シンガポールの多くの企業と同様、一部の海外子会社は、本社で利用されているプラットフォームとは異なる ERP ブランドを採用していました。

その結果、海外子会社にとってデータ収集は大変な作業になりました。月次報告は、企業のERPに合わせるため、仕訳入力のフォーマットに準拠しなければならず、現地の勘定科目表を会社の勘定科目表にマッピングし、機能通貨を会社の機能通貨に変換する作業は、エクセルを使って行われました。そのため、透明性に欠け、エラーの可能性が高い複雑なプロセスとなっていました。海外子会社は、月次報告をコーポレート・センターに提出するために多大な労力を費やさなければなりませんでした。従業員数などの非財務報告は、コーポレート ERP の外部で作成する必要があり、通常エクセルに頼っていました。

ビジネスインテリジェンス(BI)は企業パフォーマンス管理(CPM)ではない

ある企業は、 CPM が財務統一機能をサポートするために BI 技術を利用しようとしました。しかし、そのBI ツールは、過去原価での資本の通貨換算に対応することができませんでした。その結果、世界各地の事業所では、連結資本、特に為替換算準備金を常にエクセルで再計算する必要がありました。

さらに、BI ツールにはプロセス制御の機能がありませんでした。そのデータベースは常に最新のデータセットを持っているため、ビジネスセンターは常に動いているターゲットを狙うしかなかったのです。報告された時間を適切にクローズすることができないため、企業のレポートには通常、価格が常に変化するデータが表示されました。

Shearwater(シアーウォーター) と Workday Adaptive Planning

おわかりのように、企業のビジネス・プロセスに、それぞれ適切なテクノロジーで対応することの重要性が浮き彫りになっています。EPR も BI も、統合されたビジネスプランニング&アナリティクスアプリケーションのためのものではありません。著名な CPM ソリューションであるWorkday Adaptive Planning(ワークデイ・アダプティブ・プランニング)と Shearwater (シアーウォーター)のプロフェッショナルサービスを利用すれば、1つのシステムで計画、実行、分析を行うユニークなパワーを提供するクラス最高のエンタープライズプランニングソフトウェアを享受することができます。より良い戦略的意思決定をより効果的に行い、ビジネスの効率性、迅速性、成長性を高めることができます。

plan-meeting

Workday Adaptive Planning ホワイトペーパー

Workday Adaptive Planning に関するホワイトペーパーです。

Shearwater Japanは、14年以上にわたって自動化プロジェクトやデジタル化を支援するクラウドソリューションの導入に携わってきた経験を活かし、様々な ホワイトペーパー を提供しています。

ホワイトペーパーをダウンロードし、専門的な視点、革新的なアイデア、有益な洞察にアクセスすることで、クラウドやテクノロジーを活用しやすくなるでしょう。

財務部門のデジタルトランスフォーメーションに役立つ情報を提供しておりますので、ホワイトペーパーをダウンロードしてお役立てください。

Form Submission - Download

This form is required for visitor to download the whitepapers and/or datasheets.

*」は必須フィールドを示します

workday-solution-provider-2023-winner

Shearwater Japan(シアーウォーター・ジャパン)グループがFY23ソリューション・プロバイダー・オブ・ザ・イヤーを受賞! – Rising Star(ライジングスター)

Shearwater グループは、Workday「FY23ソリューション・プロバイダー・オブ・ザ・イヤー賞 – Rising Star」を受賞したと発表しました。この賞は、2023年2月28日に開催された Workday Sales Kick-off で発表されました。

「FY23ソリューション・プロバイダー・オブ・ザ・イヤー賞 – Rising Star」は、Workday Adaptive Planning ソリューション プロバイダーとして、Workday との共同ビジネスにおいて前年同期比で最も驚異的な増加を達成し、アジアでトップの実績を残したプロバイダーを表彰するものです。また、この賞は、第4四半期に日本最大の Workday Adaptive Planning 案件を獲得したプロバイダーを表彰するものです。Workday Adaptive Planning は、財務、労働力、セールス、オペレーションの継続的なエンタープライズ プランニングを促進する強力なツールです。

Shearwater はアジアにおけるビジネス変革を専門とする企業

シンガポール、日本、韓国、中国、香港、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピンなど、アジア各地にオフィスを構えています。その専門知識で、テクノロジーを活用した企業のパフォーマンス最適化をサポートしています。同社は、高成長テクノロジー企業、サービス業、流通業、製造業、ホスピタリティ業、非政府組織など、さまざまな業界向けの専用テンプレートを用意しています。Workday Adaptive Planning を使用することで、企業は財務、労働力、販売、および運用の継続的なエンタープライズ プランニングを実現し、導入後すぐにそのメリットを享受することができます。

幅広い業界経験と豊富な技術力を持つ Shearwater グループは、複数のソースからデータを収集し、Workday Adaptive Planning を通じて 1 つの包括的なイメージを提供することで、企業が異種システムを Workday Adaptive Planning に統合するサポートも行っています。

Shearwater グループは Workday Adaptive Planning Solution Providers Program の一員であり、6,000 社を超える顧客に導入サービスを提供しています。

workday