勘定照合の自動化と決算プロセスの迅速化

勘定照合の自動化 と 決算プロセスの迅速化がなぜ必要なのか。

高度にデジタル化された環境では、企業が大量のトランザクションを処理することが増えているため、自動化の流れが広まっています。

Eコマース時代の到来で、ほとんどの企業が毎日何千ものトランザクションを処理しなければいけなくなっています。

2021年の世界の小売Eコマース売上高は5.2兆米ドルに達し、2026年には56%増の8.1兆米ドルに達すると予想されています。手作業で財務プロセスを管理する方法は、企業にとって、すでに現実的な選択肢ではなくなっています。

世界中でデジタルトランスフォーメーションが加速する中、各業界の最先端を行く企業は業界をリードするクラウドソリューションを採用しています。クラウド・エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)などのソフトウェアは、重要な財務プロセスの自動化をサポートし、業務の効率化をもたらすことができます。

しかし、何十万ものトランザクションを管理するのは複雑であるため、企業は最善のソリューションを採用し、クラウドERPシステムと統合することで、規模に応じた自動化を実現し、最適な運用を行う必要があります。

例えば、Oracle NetSuiteクラウドERPのような業界をリードするクラウドERPシステムは、世界中の何千もの企業がビジネスプロセスを効率的に管理し、ビジネスの成長のための重要な洞察を引き出すのに役立っています。また、クラウドERPシステムは、財務やビジネスプロセスに関するこれまでにないリアルタイムの視点を企業に提供します。

しかし、BlackLineとIDGによる最近の共同研究で明らかになったように、クラウドERPシステムの優れた機能は、継続的な成長に焦点を当てるために、財務プロセス以外もさらに強化することができます。

市場で入手可能な先進的なクラウド会計ソリューションは、クラウドERPと簡単に統合でき、ユーザーがシステムからデータを自動抽出し、照合や決算作業を実行するのに役立ちます。

大量のトランザクションを扱う大企業では、複数のユーザーが各スプレッドシートを使って作業することが多く、その結果、人的ミスやデータの重複が発生する可能性が高くなります。

BlackLineのシニア・プロダクト・マーケティング・マネージャーであるソニア・チュー氏は、「複数のソースからの大量のマッチング・トランザクションを扱う場合、再処理、エラー、リスク・エクスポージャーは避けられません。」と語っています。

BlackLineのような財務プロセス自動化ソリューションは、Oracle NetSuiteのようなクラウドERPシステムの強力なアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)機能を補完し、企業が会計業務を実行するための中央リポジトリとして機能する単一で信頼できるソースを提供します。

BlackLineのような先進的なクラウド会計ソリューションは、クラウドERPと統合することで、財務データのインポートとフォーマットのプロセスを自動化し、さらに「事前に設計されたテンプレート、自動認証、ルールベースの承認プロセス」によって照合作業を標準化します。

高度成長軌道にある組織では、財務・経理担当者の貴重な時間を、面倒な会計処理を手作業で管理して浪費すべきではありません。

BlackLineのようなクラウド会計ソリューションは、クラウドERPシステムが提供する強力な機能を補完します。これにより、財務および会計の専門家は、成長のための重要な洞察を引き出すことに集中できます。