Archives 7月 2023

FP&A

小売とEコマース業界の FP&A: 財務計画と分析戦略の力を解き放つ

FP & A について理解を深めませんか?

日進月歩の小売業やeコマースの世界では、常に一歩先を行くために、革新性、先見性、効率的な財務意思決定の微妙なバランスが求められます。

財務計画と分析(FP & A)戦略は、このような競争環境において成功を収めるための重要な要素として浮上してきました。データ主導の洞察を効果的に活用し、機動的な財務計画を適用することで、企業は真の潜在能力を引き出し、持続可能な成長への道を切り開くことができます。

小売・Eコマースにおける FP&A の理解

FP & Aは単に数字の計算や予算管理をするのではなく、企業が情報に基づいた戦略的な意思決定を行うためのダイナミックなプロセスです。小売・eコマース業界は、財務状況の全体像を把握するためにFP&Aにかなり頼っている部分があります。こうすることで、リーダーは潜在的な成長分野を発見し、リスクを管理し、業績を向上させることができます。

FP & A で適切なデータを活用する

小売・Eコマース業界におけるFP&A戦略の成功の基本的な柱のひとつは、データ主導の意思決定です。日々膨大な量のデータが生成される中、この豊富な情報を分析し、そこから意味のある洞察を導き出すためには、テクノロジーの力を活用することが極めて重要です。

エンゲージメント指標、販売データ、顧客属性、在庫動向は、FP&Aチームが扱う必要のある重要なデータのほんの一例に過ぎません。高度な分析ツールとAIの助けを借りて、企業は消費者行動と市場動向に関する豊富な洞察を引き出すことができます。この知識で強化することで、戦略を微調整し、顧客のニーズをよりよく満たし、競合他社より一歩先を行くことができます。

FP & A によるシナリオ・プランニング

Cloud ERP_II

常に進化し続ける世界の中で、予測不可能なことは必ず起こります。最近の世界的な課題を見ても明らかなように、企業はあらゆる事態に備えなければなりません。ここで、FP&Aはシナリオ・プランニングを補助することで重要な役割を果たします。

シナリオ・プランニングでは、潜在的で経済的、市場的、業務的変化に基づき、様々なもっともらしい状況をモデル化します。起こりうる問題に効果的に対処するためには、起こりうるシナリオとそれに対応する影響をシミュレーションすることが重要です。不測の事態に対応するための計画を積極的に策定することで、新たな課題に迅速に対応することができます。このようなレベルの備えは、企業が財務的安定性を損なうことなく、ダイナミックな市場環境に軸足を移して適応できることを保証し、大きなアドバンテージをもたらします。

FP & A で迅速な予算編成と予測

小売業やeコマースのようなペースの速い業界では、従来の予算編成アプローチでは不十分なことが多いです。迅速な予算編成と予測は、この問題に対する解決策を示します。企業は、柔軟性のない固定予算から、リアルタイムのデータや業績フィードバックに基づいて定期的な修正を可能にする、より適応性の高いアプローチへと移行しつつあります。

迅速なFP&Aプロセスは、企業がより効果的にリソースを配分し、ビジネスチャンスがあればそれを捉え、迅速に戦略を最適化することを可能にします。この反復的なアプローチは、適応性を育み、今日の小売業やeコマースにおける成功に不可欠な継続的改善の企業文化を促進します。

FP & A と業務上の意思決定の統合

FP&Aの潜在能力を完全に引き出すには、FP&Aを企業の業務上の意思決定プロセスの中心に組み込まなければなりません。FP&Aチームは、マーケティング、営業、サプライチェーンマネジメントなど、さまざまな部門と緊密に協力する必要があります。

部門間を超えるコミュニケーションとコラボレーションを促進することは、企業にとって、財務上の洞察が業務上の意思決定に確実に反映されます。財務とオペレーションが協力することで、組織は短期的な行動と長期的な財務目標を調整することができ、最終的には全体的な戦略的ポジションを強化することができます。

FP & A で収益性の向上

健全な利益率を維持することは、消費者の要求と価格競争によって左右される業界において、今も続く課題です。

厳密な財務分析を通じて、企業は品質や顧客体験を犠牲にすることなく、コストを削減できる分野を突き止めることができます。サプライチェーンの合理化、ベンダーとの契約の再交渉、在庫管理の最適化など、こうした戦略的なコスト削減策は、企業の収益に大きな影響を与える可能性があります。

まとめ

破壊と変革が絶え間なく続く世界において、小売業やeコマースで成功する企業は、FP&Aを単なるバックオフィス機能としてではなく、チャンスを引き出し、豊かで持続可能な未来へと導く戦略的パートナーとして捉えなければなりません。これらの高度なFP&Aテクニックを活用することで、小売企業は課題を効果的に舵取りし、新たなトレンドを活用して、変化し続ける小売・eコマースの世界で競争力を確保することができます。

Workday Adaptive Planning

<その他 参考情報

1)FP & Aツールを採用した日本の経営企画担当者インタビューはこちら↓

2)FP&Aツールを採用する基準とは?(解説記事)

3))上場企業のFP&ツールの採用プロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちらから資料請求をしてください。

NetSuite OneWorld

NetSuite OneWorld : 世界にまたがるビジネスを1つのプラットフォームで管理

OneWorld が必要な理由を知りましょう。昨今のビジネス世界では、企業が常に一歩先を行くために、事業拡大が不可欠です。特に外国に進出する場合は、新たな市場だけでなく、厄介な問題にも直面することになります。

言葉の壁は別として、外国に進出する企業は通貨や税制の違いを考慮しなければなりません。

OneWorld は、そのすべてを代行するソリューションです。OneWorld は、多国籍企業が複数の子会社を抱える業務を合理化し、現地、地域、本社の各レベルでリアルタイムの可視性を提供するグローバルビジネス管理プラットフォームです。OneWorld は、ロールベースのダッシュボードを介してリアルタイムのグローバルなビジネスインサイトを提供し、多国籍企業や複数子会社の業務を管理する企業向けの統合グローバルビジネス管理プラットフォームです。OneWorld は、重要で時間のかかる規制財務コンプライアンス要件を満たすグローバルなエンドツーエンドソリューションも提供します。

NetSuite スタンダード版とは異なります。スタンダード版は、価格と機能の点で中間に位置しています。つまり、CRMと OneWorld の中間に位置します。スタンダード版には、強力な財務、在庫管理、CRM版に付属するすべての機能が含まれています。スタンダード版の唯一の制限は、複数の子会社を持つ企業では使用できないことです。OneWorld は最高の機能を搭載した製品です。スタンダード版と同様にCRM版で利用可能なすべての機能が含まれており、複数の子会社や多国籍企業を持つ企業に最適です。

先日、OneWorld が英国のクラウド・アワードで「Cloud ERP Product of the Year(クラウドERPプロダクト・オブ・ザ・イヤー)」を受賞しました。クラウドERPプロダクト・オブ・ザ・イヤーは、年に2回予定されている最近の製品リリースの革新性の高さが評価されました。NetSuite は真のクラウド製品であるため、すべてのユーザーが新しい機能にすぐにアクセスできます。手間のかかるアップグレードや再実装は必要ありません。

Lucy Locket 社は、家族経営の小規模な B2C および B2B の子供用コスチュームとアクセサリーの商社ですが、3 大陸にまたがるグローバルなオムニチャネル商取引ビジネスへと拡大し、そのすべてを OneWorld で実行しています。音楽技術の革新者であり、受賞歴のあるSeaboard楽器のメーカーであるROLI社は、OneWorld を導入し、財務、在庫管理、受注管理、CRM、英ポンド、ユーロ、米ドルの多通貨管理、英国に3社、米国に2社の子会社を持つ多子会社管理など、重要なビジネスプロセスを管理しています。2016年9月に OneWorld を導入した結果、ROLIは、Seaboard BlockやLightpad Blockのような革新的な製品が音楽制作者に普及するにつれて、急速な売上成長を有利に進められるようになりました。

導入先企業 一覧

OneWorld は、ビジネスの大小にかかわらず、企業の国際的な取引や業務をすべて処理し、さまざまな子会社に記帳することができます。Shearwater Japanは、OneWorld を含む包括的なエンドツーエンドのクラウド・サービスを提供し、お客様のクラウド・ソリューションの選択、採用、導入、カスタマイズ、管理をサポートします。私たちのチームはプラクティシング・マネジメント・コンサルタント(PMC)として認定されており、SPRING、IEシンガポール、IMDAなど、数多くのシンガポール政府機関と連携し、クラウドプラットフォームを通じてシンガポールを拠点とするビジネスの「デジタル変革」をサポートし、将来への準備を整えています。

oracle-netsuite.png

NetSuite OneWorld のメリットを今すぐご確認ください!

ESG

ESG 中心のビジネスにおけるコロナ後の世界、最高の顧客体験

ESG とは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の頭文字を組み合わせた言葉です。企業の持続的な成長や社会の持続可能な発展のために、企業が取り組むべき3つの要素を指します。

コロナウイルスのパンデミックに見舞われたこの4年間で、世界中の人々の生活や暮らしは一変しました。

非常事態宣言やソーシャルディスタンスなどが課されたことで、企業はデジタル変革に取り組んでいない場合は着手し、取り組んでいる場合は加速させることになりました。

マッキンゼーの調査によると、 Covid-19 の大流行が E コマース部門を活性化させ、「10年間のEコマースの成長がわずか90日間で起こった」という。

中国では、平安銀行が新しいデジタル機能を導入し、短期間で数百万件の取引を実現しました。

企業はデジタルサービスの提供を加速させることで対応しています。既存顧客をサポートし、リーチを拡大するために、一部のデジタル・サービスを無料で提供している企業もあります。

もうひとつの顕著な例は、宅配が利便性から必需品へと変化したことです。イタリアでは、オンライン食料品の宅配利用者が1ヶ月で倍増しました。

今や企業にとって、自宅に居ながらにして顧客と接するプロセスを簡単にし、製品やサービスを手に入れるためのシームレスなサービスを提供することは、かつてないほど重要になっています。

企業とのやり取りのしやすさは、顧客がそのブランドを長く愛用してくれるかどうかを決める顧客満足度を高める上で重要な役割を果たします。

このため、カスタマー・エクスペリエンス( CX )が優先されるようになりました。ビジネス・リーダーはこの機会を捉え、コロナ後の世界で消費者行動の長期的変化に自社が適応できるようにするべきです。

組織は、変化する顧客の好みを追跡し、カスタマージャーニーにおける障害やハードルを取り除くために、迅速に革新し、動向を把握していなければなりません。

以下では、コロナ後の世界で顧客サービスの重要性と、パンデミックによってあらゆる業種のあらゆるビジネスにおける顧客サービスの質がどのように高まったかを見ていきましょう。

一流のCXデザインとバックオフィスシステムの統合

顧客とのより良いやり取りは、 バックエンドシステム とも シームレス に統合された一流の CX デザインによって促進されます。

例えば、E コマース業者であれば、優れたCXを持つスムーズなアプリが役立ちます。

しかし、在庫情報を検索し、商品の在庫数の正確なデータを提供することで、サービスをより高いレベルに引き上げることができます。

このプロセスは、フロントエンドの顧客システムを、クラウドERPシステムや顧客関係管理システムなどのバックオフィス・ソリューションと統合することで簡単になります。

フロントエンドシステムとバックエンドシステムを統合することで、カスタマージャーニーのマッピングと顧客データ分析による問題点を特定することに焦点を当て、ディスカバリーフェーズをサポートすることができます。

これらのシステムはまた、消費者行動を形成する根本的な動機を明らかにするために、エスノグラフィー、心理学、ヒューマンファクターなどの学問分野を取り入れることを促進します。

ESGが中心の時代における顧客体験

近年、社会的意識の高い顧客は、環境・社会・ガバナンス基準を遵守するブランドへの信頼を高めています。

マッキンゼーの調査によると、顧客の64%以上が社会的責任を果たしているブランドから購入することを選択しています。

これは、各ブランドが顧客の幸せだけでなく、気候変動やその他の時事問題と闘う従業員や地域社会にも配慮していることを意味します。

ERP のような様々なクラウド・ソリューションは、環境・社会・ガバナンス基準・要件に準拠した確かなレポーティング機能を提供しています。

クラウド ERP で顧客体験を向上させるには

クラウド ERP システムは、生産性の向上、在庫管理の改善、製品やサービスの迅速な提供、顧客体験の向上など、ビジネスに多くのメリットをもたらします。

一元化されたデータハブとして機能する ERP システムでは、解約率や解決までの時間など、カスタマー・エクスペリエンスに関連する主要業績評価指標( KPI )の傾向を特定し、追跡することができます。

これにより、ビジネスリーダーは、買い手の経験にプラスまたはマイナスの影響を与える要因に迅速に対処できるようになります。さらに、 ERP システムは、調査データやその他の貴重な顧客情報の検索と分析を簡素化します。

クラウドERPシステムの中で、CRMは広く使われているモジュールで、個々の顧客レベルで販売、サービス、マーケティングのデータを追跡します。

クラウド ERP システムには、 CRM が付属しているか、または CRM との統合が提供されており、異なるソースからのデータの問題を解消します。

これらすべてと現代の ERP のクラウドアーキテクチャは、営業、カスタマーサービス、財務、C-Suiteの専門家が財務データにリアルタイムでアクセスすることを可能にします。

十分な情報に基づいた戦略的意思決定を促進します。

包括的な顧客データを活用することで、企業はカスタマージャーニー全体を通じて見込み客や販売機会をモニタリングし、各段階で顧客体験が不十分な領域を特定することができます。

クラウド ERP に付属または統合された CRM は、企業がカスタマージャーニーのギャップに対処するために実施した戦略的変更の効果を測定するのにも役立ちます。

収益性を高めるためにどのようなアプローチを採用するにしても、顧客の関心とフィードバックを優先することは不可欠です。そうすることで、企業は顧客を喜ばせ、好感度を高め、友人や家族、同僚など、他の人とポジティブな経験を共有するような形で、業務を最適化することができます。

最後に…

デリバリー・モデルを迅速に適応させ、デジタル・オプションを提供し、宅配を提供し、タッチ・フリー・オペレーションを徹底する企業は、パンデミック時やその後に顧客のニーズに応える上で大きなアドバンテージを得るでしょう。

コロナ後の不安定なビジネス環境と、企業の環境・社会・ガバナンス基準・要件の充足、あるいは充足していないことに対する監視の目はますます厳しくなっており、企業はクラウド技術を活用して一流の顧客体験を提供する必要があります。

クラウドERPのメリットを今すぐご確認ください!

inventory

製造業の台頭と先進化の中で卓越するためのテクノロジーの活用法

経済成長を推進する最も永続的で活気ある部門のひとつである 製造業 の長年にわたる活力には、称賛すべきものがたくさんあります。

この産業の成功を支える重要な原動力のひとつは、テクノロジーの飛躍的な進歩と並行して成長し続ける、たゆまぬ進化です。

初期の製造業は、労働者が製造需要に対応するために、がむしゃらに働くことが特徴となっていました。しかし、21世紀に入ると、製造業は、重労働で、安い労働力で、製品を大量生産するというイメージを払拭し、モノのインターネット(IoT)、自動化、人工知能(AI)など、第4次産業革命(IR4.0)のさまざまな副産物によってもたらされる新しい需要の絶え間ない流れに対応し、高収入の雇用を提供する、最先端技術に牽引される産業となりました。

シンガポールでは、製造業が島国のGDPの20%から25%を占めています。シンガポール政府は、今後10年間で製造業を50%成長させるという目標を掲げ、先進製造業に本格的に乗り出す意向を示しています。

「この分野では、50%の価値向上だけでなく、製造業のより大きな割合が先進的な製造業に移行することを望んでいます。そこでは、コスト競争ではなく、私たちが生み出せる知的財産、製品の品質、提供できる精度が競争基準になります。」と、シンガポールのチャン・チュン・シン貿易産業相は今年初めに語っています。

Manufacturing

日立ソリューションズの「2021年に製造業を支配する11のトレンド」と題する調査では、IoTは、工場がリアルタイムのデータを使って情報に基づいた意思決定を行うことを可能にする能力によって、製造業分野で支配的な技術の1つになると予測しています。生産メカニズムの3分の1がスマートデバイスを組み込んでおり、製造業者の34%がプロセスにIoTを組み込む意向を示し、32%の企業が製品への組み込みを計画しています。

半導体デバイスの生産は製造業の成長をさらに促進すると予想されています。これは、携帯電話やコンピューターなど、日常生活で使用するあらゆるものに半導体が普及しているなど、デジタル時代の必需品によるところが大きいです。これに加え、環境・社会・ガバナンス(ESG)慣行の重要性の高まりに代表されるように、製造業者は環境に対する責任を認識するようになってきています。

製造業が労働集約的な環境から高スキルの労働環境へと移行する中、労働力を最適化し、効率的に業務を遂行するためにクラウド・ソリューションが提供できることは数多くあります。製造業は、テクノロジーをいち早く導入した企業がデジタル革命の恩恵を最大限に受けられるような競争の激しい環境で事業を展開するようになってきています。また、ESGを重視する製造業は、環境的に持続可能な方法で事業を展開するために、テクノロジーを最大限に活用する必要があります。

以下では、現在のクラウド技術が、メーカーが国際的なレベルで競争し、ニッチを切り開く上でどのように役立つかを見ていきましょう。

製造業 に総合的な可視性と単一で信頼できる情報源

デロイトの2022年製造業アウトルックは、Covid-19後の世界において製造業に不可欠な能力として可視性を強調しています。最近のサプライチェーンのボトルネックに示されているように、クラウドERPシステムのようなクラス最高のテクノロジーを持つことは、Covid-19の大流行によってもたらされた不確実性に企業が対処するのに役立ちます。クラウドシステムは、メーカーにビジネスに対するかつてない可視性を提供し、単一で信頼できる情報源として機能します。

製造業 でも実現簡単なローコード/ノーコード統合

製造業では、さまざまなビジネス・ソリューションを使用するディストリビューター、ベンダー、サプライヤーなど、さまざまな利害関係者と取引することが多いです。工場が遭遇する各システムに対応するために専門のITチームを持つことは、面倒でコストがかかり、非常に時間のかかるプロセスになる可能性があります。システム統合ソリューションは、ワークフローの自動化を可能にするローコード/ノーコードでの簡単な統合を製造業に提供します。

CRM

製造業

クラウド・ソリューションは製造業にリアルタイムで顧客の全体像を把握するのを可能にします。また、見込み客獲得の機会、受注、フルフィルメント、更新、アップセル、クロスセル、サポートに至るまで、顧客ライフサイクル全体をカバーするシームレスな情報の流れを製造業に提供するソリューションも提供しています。

製造業 における製品データ管理

Manufacturing

製品ベースのクラウド・ソリューションは、品目、顧客、パートナー、ベンダーを含む製造業の運営に不可欠なマスターデータの作成と管理を支援する強力な機能を備えています。

製造業 における注文管理

Manufacturing

目まぐるしく変化するデジタルビジネス環境において、製造業は消費者の要求に迅速に対応できるソリューションを必要としています。インテリジェント受注管理システムなどのソリューションは、グローバルなビジネス環境で事業を展開する際に重要な、受注処理、割り当て、オーケストレーション、実行プロセスの自動化をサポートします。

プランニングとスケジューリング

プランニングとスケジューリングは、今やすべての製造業にとって極めて重要な要素となっています。プランニングとスケジューリングは、企業が商品やサービスを生み出すために必要なリソース、オペレーション、プロセスの割り当てを正しく見積もるのに役立ちます。クラウド製造ソフトウェアは、製造業者がリアルタイムのスケジューリングを実行するのに役立ち、企業の効率的な運営をサポートします。

調達

製品ベースの製造業にとって、生産工程における主要部品が適切に供給されることは極めて重要です。最近のパンデミックは、製造企業がクラウド・ソリューションが提供できる最高のものを装備することの重要性をさらに浮き彫りにしました。これらのソリューションは、製造業者が適切な材料を、適切なタイミングで、適切な場所に供給できるようにします。

生産管理

製造業者の幅広いシステムにより、企業は生産プロセス全体を通して作業指示を作成、リリース、更新、監視することができます。製造業向けのクラス最高のソリューションにより、企業は生産工程を思い通りに管理し、生産工程が設備やデータ要件に適合するようにする柔軟性を得ることができます。

サプライチェーンマネジメント

サプライチェーンのボトルネックが世界各地で大混乱を引き起こし、顧客に多大な迷惑をかけたというニュースを耳にしない日はありません。Covid-19が流行するような不確実性の高い世界で、企業は不安定な海でうまく舵をとるのに役立つクラス最高のテクノロジーを導入する以外に選択肢はないと言っていいでしょう。製造業向けのクラウド・テクノロジーは、製品がどこで製造され、誰が製造しているかという概念が無意味だということを証明しています。これらのソリューションにより、企業は在庫の場所や消費者に関係なく、すべての在庫をグローバルに把握することができます。

製造現場管理

製造現場管理(SFC)は、製造企業が製造工場での作業の進捗を追跡し、スケジュールを立て、報告するのに役立つ一連のソフトウェアです。 市場で入手可能なクラウド・ソリューションの選択は、ユーザーがその場でシステムを最適化できるユーザー設定可能なタブレット・アプリケーションを通じて、製造業が製造プロセスからリアルタイムの情報を簡単に収集するのに役立ちます。

品質管理

最高品質の製品を顧客に提供することは、あらゆるビジネスの目的であることが多く、そのためには全社的な取り組みと一流のテクノロジーの活用が必要です。品質管理システムは、企業が検査計画を定義・維持し、最小限のオーバーヘッドで高品質の製品を提供するのに役立つ機能を備えています。

クラウドERPのメリットを今すぐご確認ください!

CPM

ティア型 ERP システムとその進化

ティア型統合基幹業務システム( ERP )は、企業がデジタルトランスフォーメーションに取り組む際に導入するソリューションの一つです。

ティア型ERPの意味を理解するには、まずは時計の針を戻して、クラウド・コンピューティングが登場する以前のERPソリューションを理解することが役立つでしょう。

ERP システムとは?

現在のERPシステムは、1960年代後半から1970年代前半にかけての第三次産業革命時に誕生した資材所要量計画(MRP)システムを、1990年代後半まで発展させたものです。

MRPは製造業や関連産業の企業を対象としていました。その主な目的は、在庫管理、スケジューリング、現場管理、顧客への配送など、製造業にとって重要なあらゆる活動をサポートすることでした。

一方、ERP システムは、製造業だけでなくさまざまな業界の組織に対応する包括的なビジネスプロセスソリューションです。ERPシステムは、財務、顧客関係管理(CRM)、プロジェクト管理、およびあらゆるビジネスの運営に不可欠なその他の機能を管理するためのソリューションを提供します。

ERPシステムの主な魅力は、前述のすべてのビジネスプロセスを統合し、企業オーナーに組織の統一された視点を提供する能力にあります。異種ソースからのデータが統合され、ERPシステムのような1つのプラットフォームに表示されると、企業経営者は、自社のプロセスの全体像と情報に基づいた意思決定を行うことができるようになります。

ティア型 ERP システムとは?

Cloud ERP_II

その従来の意味では、ティアシステムは、組織の規模、トランザクションの複雑さ、年間売上高、およびビジネスに必要なERPソリューションの包括性に基づいて3つのカテゴリにERPを分割します。

レガシー、プレクラウド、プレSaaS時代のティア型 ERP

ティア1 ERP

レガシーティア1 ERPシステムは、これまでの大企業や世界のさまざまな地域に子会社を持つ企業に向けて提供されていました。一般的に、ティア1 ERPシステムは、大企業を特徴づける複雑なトランザクションを処理するために構築されています。すべてではありませんが、そのいくつかは強力な機能を備えたERPシステム、特に複数企業の統合に役立つものを必要としているかもしれません。

クラウド・コンピューティングとSaaS(Software-as-a-Service)モデルが登場する以前は、レガシーティア 1 ERPは、子会社を持つ大企業や、売上高が数百万ドル規模の企業のものでした。大企業のビジネスプロセスを解決することを目的としているため、レガシーティア1 ERPシステムはコストがかかるものでした。そのため、各事業のニーズに合わせてERPシステムをカスタマイズしたり構成したりするには、徹底的な要件分析が必要でした。

ティア 2 ERP

クラウド・コンピューティングが登場する以前は、ティア2 ERP システムは中堅企業向けでした。レガシーのティア2 ERP ベンダーが提供する機能は、財務、営業、マーケティング、人事、サプライチェーン管理など、コアビジネスのニーズに重点を置いていました。

ティア2 ERP システムは、それほど複雑ではないアーキテクチャを前提としているため、企業はビジネス ニーズに応じてカスタマイズを要求できます。 たとえば、中規模の製造会社は、製造現場の管理、計画とスケジューリング、調達などの機能が実装の一部として確実に組み込まれるように、カスタマイズされたティア2 ERP システムを選択する場合があります。

ティア 3 ERP

ティア3 ERP システムは、最も基本的なソリューションのみを必要とする中小企業に対応します。 この層の ERP は、より小規模で複雑さの少ないシステムであるため、カスタマイズの余地が十分にあります。 ティア3 ERP システムは、ほとんどの主流システムが特定のニーズに対応していないことに気づいている特定のニッチ市場の企業に利益をもたらします。

クラウドとSaaSの時代におけるティア型 ERP の進化

cloud ERP

クラウド・テクノロジーの登場は、ビジネスのあり方を根底から覆し、大きな混乱を生み出し、競争の激しいビジネス環境をもたらしました。その背景の多くは、クラウド上での運用の迅速性と拡張性にあります。

クラウド・アーキテクチャーは柔軟性が高く、カスタマイズが可能で、各企業のニーズに合わせて設定できるため、企業は変化する消費者ニーズや市場動向に迅速に対応できるようになりました。また、クラウド・システムは拡張性に優れているため、企業は社内にITチームを置いてサーバーを管理したり、変化するビジネス・ニーズに合わせてコストのかかるアップデートを行ったりする必要がなくなり、コスト削減を実現できるようになりました。

クラウド・コンピューティングはまた、SaaSビジネス・モデルの出現の先駆けでもありました。

クラウドコンピューティング時代のティア型 ERP とハイブリッド ERP の台頭

ERPの各ティアの定義は変わりませんが、クラウドERP時代にどのように実装されるかは異なります。例えば、世界のさまざまな地域に拠点を持つ企業が、複数企業の統合のために本社レベルで使用するレガシーのティア1 ERPシステムを持っている可能性があります。

同社は、子会社のニーズに最も適した特定のクラウドERPモジュールの導入を選択することができます。このティア2クラウドERPモジュールは、CRMやセールス&マーケティングなど、子会社にとって特に重要なさまざまな機能に対応することができます。

レガシー・ティア1とクラウド・ティア2という2つのティアを統合することで、データの手入力が不要になり、情報の流れが自動化されます。この統合により、データの重複がなくなり、自動化が可能になり、ビジネス・ニーズに合わせてカスタマイズされ構成された複雑なティア1のレガシー・システムで業務を行うことができます。

このような多層ERPシステムの導入は、ハイブリッド ERP としても知られています。ハイブリッドERPのアプローチでは、レガシーシステムの構成に多くの時間とリソースを費やしてきた複数の事業体を持つ企業が、デジタルトランスフォーメーションに向けた第一歩を踏み出すことができます。

まとめ

ガートナーの財務組織に関する調査では、回答者の64%が今後3年以内にクラウドERPシステムに投資する意向を示しています。

SaaSモデルの登場は、10年前、あるいは5年前にはなかった選択肢を企業にもたらしています。企業は現在、自社のビジネス・ニーズに合ったERPソリューションを選択し、既存のソリューションと統合することができます。しかし、長期的には、デジタル化が進むビジネス環境の中でビジネスが成長するにつれて、ティア1 ERPシステムを導入する企業がますます増えていくでしょう。

クラウドERPのメリットを今すぐご確認ください!

需要計画
Technology

グローバル企業が直面する課題と克服するためのテクノロジー

グローバル に事業を展開する企業にとって、子会社の管理には多くの課題がつきまといます。

異なる社会の文化的背景を理解する必要性など、外国での事業展開に関連する従来の問題はさておき、デジタル時代のビジネスは、ビッグテクノロジーの出現によって激化するこの厳しい環境の中を勝ち抜いていかなければなりません。

グローバル に事業を展開する企業が直面する最も一般的な問題

グローバルに事業を展開する企業が直面する最も一般的な問題の1つは、異なるソースから重要なデータを取得することです。さまざまな国で事業を展開するということは、複雑な事業構造を扱うということでもあります。これには、異なる会計規則を遵守する必要性も含まれます。

このような需要に応えるために、企業はテクノロジーが提供する最高のものを利用する必要があります。レガシーシステムでの運用は、もはや選択肢ではありません。複数の企業で事業を展開する企業がデジタルトランスフォーメーションに早く取り組めば取り組むほど、デジタル時代に生き残る可能性が高まります。

バスターパンチのCEOであるマーティン・プリーンは、国際的な事業展開に乗り出した当初、同社が直面した困難を苦心して指摘しました

「私たちにとって大きな挑戦のひとつは、ロンドンではまずまずのシステムがあったが、アメリカでは何もなく、アジアではスプレッドシートしかなかった。」と彼は語っています。

「自分たちが今どの位置にいるのかを確認するために何かをまとめようとすると、とても時間がかかります。自分たちがどこにいるのかを把握していなければ、本当に適切な決定を下すことは非常に困難です。」と続けて語っています。

クラウドERP(Enterprise Resource Planning:企業資源計画)システムなどの最新のソリューションは、企業に、異なるソースからのデータを統合し、単一で信頼できるソースを提供する能力を提供します。これにより、企業はデータを手作業でまとめる手間のかかる作業を回避することができ、また、時間を節約し、データの手入力に起因する人的ミスを減らすことができます。

クラウドERPのような1つのシステムにデータを統合することは、ただ単に業務を簡単にし、現地の会計基準を満たすことを可能にするだけではありません。これらのクラウドシステムを利用することによって、企業の全体像が把握できるようになり、戦略的なビジネス上の意思決定を行う際に重要な洞察を引き出す鍵となるデータを手に入れることができるようになります。

為替変動もまた、グローバルに事業を展開する企業が直面する課題です。企業が新しい国に子会社を設立する場合、その国の通貨で取引を行うことが期待されます。しかし、複数の通貨を扱うことは、為替レートの変動による不確実性を伴い、独自のリスクと複雑さをもたらします。

市場のほとんどのトップエンドのクラウドERPソリューションは、通常、子会社の管理の要求を満たすために特別に設計されたソリューションを実装するオプションを顧客に提供しています。このようなソリューションを選択する企業は、通貨変換をサポートするシステムから恩恵を受け、企業が手作業で行う必要性を取り除くことができます。さらに、クラウド・コンピューティングの性質上、通貨換算はリアルタイムで行われるため、ビジネス・オーナーは取引が行われるたびに最新の情報を得ることができます。

子会社を持つ企業にとって最大の難関は、進出国の規制要件を厳守する必要があることです。企業はさまざまな法令やその他の規制に縛られ、どのように事業を運営すべきかが規定されています。

EYの調査では、CFOの71%が「国内・国際レベルで変化するコンプライアンス要件の複雑さが報告の有効性に影響を与えている」と回答しています。そのため、決算作業は現在よりもさらに困難なものとなっています。規制の遵守に失敗すると、企業は多額の罰金を科されるなど、悲惨な結果を招くことも少なくありません。クラウドERPのようなソリューションは、企業がルールをシステムに組み込むことを可能にすることで、コンプライアンスの自動化をサポートします。

まとめ

Eコマースの台頭は、より多くの企業がボーダレスな世界で事業を展開し、さまざまな国に製品を出荷するようになることを意味します。これは、複雑なビジネスルールに直面することを意味します。

非常に不安定な環境において、企業はテクノロジーを活用し、ミスの発生しやすい面倒なプロセスを自動化する必要があります。

クラウドERPシステムには、特にグローバル規模で事業を展開する企業を対象としたソリューションがあります。これらのソリューションは、多くの場合、さまざまな言語で提供され、企業がコミュニケーションの障壁を埋めるのに役立ちます。

クラウド技術は、レガシー技術と比べて故障が少ないため、機会費用の軽減や防止にも役立ちます。

クラウドERPのメリットを今すぐご確認ください!

Startups

スタートアップ 企業にクラウドERPシステムが最適である理由

スタートアップ 企業は、激しい競争と激動のビジネス環境の中で事業を行っていかなければなりません。

テクノロジーの飛躍的な進歩は、当たり前のように混乱を引き起こし、変化に迅速に対応できる迅速な企業が生き残り、成功する「弱肉強食」のビジネス環境を生み出しています。

ほとんどの成功したスタートアップ企業の中核には、重要なプロセスの自動化を促進し、ワークフローを簡素化するクラウド・ソリューションがあります。Covid-19のパンデミックやロシアのウクライナ侵攻など、さらなる打撃を受けたデジタル時代のビジネス界において、企業は、業務の効率化を導入できるさまざまなクラウド・ソリューションの中から選択できる恵まれた環境にあります。

クラウド企業資源計画(ERP)システムは、企業が手作業のプロセスを自動化し、異なるソースからのデータを統合して単一で信頼できるソースを提供するのに役立つ主要なソリューションです。

スタートアップ 企業にクラウドERPシステムがどのように役立つのか

以下では、スタートアップ企業が直面するいくつかの課題と、クラウドERPシステムがスタートアップ企業の課題克服にどのように役立つかを見ていきましょう。

  1. IPO前に財務報告の問題に対処

世界中の規制当局は、企業の財務報告方法に対して、常に新たな要件を課そうします。企業が規制当局の厳しい監視下に置かれる中、面倒な財務プロセスを手作業で処理していると、ミスが見つかった場合に高額な罰金が課される可能性があります。

新規株式公開 (IPO) は、財務報告プロセスの厳格な監視を必要とする種類の取り組みです。クラウドERPシステムは、これらのプロセスを自動化し、IFRSやGAAPへの準拠を含む強力な財務報告基準を通じて、企業のIPO準備を確実にするのに役立ちます。

  1. 統合不足によるデータのサイロ化(データの孤立化)

ほとんどのスタートアップ企業では、さまざまな問題点に対処するために、さまざまなクラス最高のソリューションで構成されたスタックを持つのが一般的です。しかし、ビジネスが成長するにつれて、複数のソースからのデータを持つことがデータの力を奪うことにすぐに気づくでしょう。十分な情報に基づいた意思決定を行い、重要な洞察力を引き出すには、業務におけるさまざまなソリューションを統合し、すべてのビジネスプロセスを360度の方向から企業の全体像を把握できるソリューションが必要です。

クラウドERPシステムには、他のソリューションとの統合を可能にする強力なAPI機能が備わっており、信頼できる単一のソースを持ち、データのサイロ化を防ぐことができます。さらに、クラウドERPシステムは、すべての顧客とビジネスプロセスのリアルタイムビューをスタートアップ企業に提供します。これにより、ビジネスオーナーは常に状況を把握し、変化する市場状況や消費者の需要に迅速に対応できるようになります。

  1. 複数の子会社を1つに統合した全体像が把握できない

他国に進出して事業を展開する企業は、子会社のデータを手作業で管理するだけでなく、ビジネスプロセスを標準化することが困難な場合が多くなっています。このプロセスでは、データの重複や人的ミスが発生しがちです。

子会社間の財務連結は、子会社を持つ企業を管理する上で極めて重要な要素です。様々な子会社のビジネスプロセスと財務状況を一元的に把握することで、十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。クラウドERPシステムは、強力な企業間連結機能を提供し、効率的な企業経営をサポートするだけでなく、戦略的な意思決定を後押しする重要な洞察を引き出すこともできます。

  1. 従業員の増加による規模の拡大が不可能

高成長を続けるスタートアップ企業では、10人規模の従業員と100人規模の従業員の違いに気づくことがよくあります。従業員数が増加するにつれ、すべてのスタッフがビジネスプロセスに沿って働いていることを確認するのはますます面倒になります。

クラウドERPは、そのアーキテクチャにより、拡張性が高く、昔ながらのビジネスプロセスを遵守しながら、増加する従業員を迅速に受け入れることができるため、成長のために構築されています。

まとめ

最近のスタートアップ企業は激動の時代に事業を前に進めていかなければなりません。柔軟な考え方を持つことで、スタートアップ企業は変化する市場の需要に迅速に対応することができます。統合により、スタートアップ企業は新たな洞察を引き出すことができます。手動の会計プロセスを自動化し、強力な財務報告ソリューションを導入することで、スタートアップ企業はIPOに向けて十分すぎるほどの準備を整えることができます。

予測分析は、サプライチェーンを効率的に管理するための重要な要素の1つとなっています。もしあなたが小売業や倉庫業を必要とする他の分野に携わっているスタートアップ企業であれば、最近、深刻な問題に直面しているかもしれません。

Oracle NetSuite(https://www.netsuite.co.jp)、Workday Adaptive Planning(https://www.workday.com)、Workato(https://workato.jp)などのクラウドERPシステムは、業界の幅広い配列に応えるものです。それは今、クラウドERPシステムのような強力なビジネス管理ソリューションを実装するために、高成長軌道上のスタートアップ企業にとってこれまで以上に重要なことなのです。

クラウドERPのメリットを今すぐご確認ください!

Oracle NetSuite Partner

Oracle NetSuite の導入時、現地に拠点を持つパートナーを選択するメリット

Oracle NetSuite リモートワークや在宅勤務(WFH)という専門用語が生まれた今、「人と人が対面で会い、ビジネスに重要な役割を果たす」と強調するのは、少し時代に合っていないように思われるかもしれません。

しかし、Oracle (オラクル)の NetSuite パートナーは、自分たちの業界が、顧客と直接、顔を合わせて、物理的にやりとりすることが、顧客に一流のサービスを提供する上で大いに役立つ業界であることをずいぶん前から感じてきました。

さまざまな国にサービスを提供する Oracle NetSuite パートナーは、常に有利な立場にあります。さまざまな市場にサービスを提供し、顧客が Oracle NetSuite クラウドERPシステムを導入するのをサポートしてきた経験は、現地における顧客に関するパートナーの知識を強化します。また、 Oracle NetSuite パートナーは、提供するソリューションのギャップを特定し、これらのギャップを埋めて包括的なソリューションを提供するためにパートナーシップを結ぶことができます。

海外市場への進出を成功させるために、 Oracle NetSuite の成功パートナーは、多くの場合、顧客のニーズに親身に対応できる現地の人材の雇用に多額の投資を行っています。

ポイントスター・コンサルティングのミシェル・アルフォンソCEOは、製品をよく知っているだけでは成功の保証にはならないと言っています。

ミシェル氏は「製品を熟知しているだけでは不十分で、現地のチームを持つことが重要であることを学びました」と、2022年に開催されたOracle NetSuiteアジア会議で語りました。

さらに「さまざまな国へ出向き、異なる文化や言語に出会う際には、投資が必要です。そうすることで、単にセールスを成功させるだけでなく、プロジェクトを成功させることができるのです」と続けて語りました。

一方、ポイントスター・コンサルティングは同イベントで、 Oracle NetSuite のアジア・ソリューション・プロバイダー・パートナー・オブ・ザ・イヤー FY22、Asean New Logo Rockstar賞 FY22、Asean Top ARR賞 FY22を受賞しました。

ミシェル氏は、ポイントスター・コンサルティングのスタッフの功績を称え、 Oracle NetSuite はポイントスター・コンサルティングのチームの延長線上にあり、両者は11年前から協力して仕事をしていると付け加えました。

ミシェル氏は「今回の受賞は、ポイントスター・コンサルティングのチーム全員の努力の賜物です。このチームは何年もかけて大きくなりました。この賞は、シンガポール、マレーシア、インドネシアをカバーするポイントスター・コンサルティング、そして日本、中国、韓国、台湾市場をカバーするシアーウォーターのメンバー全員の努力の賜物です。」と語りました。

さらに「ポイントスター・コンサルティングは、この地域における Oracle NetSuite の最初のパートナーの1社であり、私たちは Oracle NetSuite とともに成長しました。 Oracle NetSuite ファミリーは、私たちの延長線上にあります。」と続けて語りました。

Oracle NetSuite のメリットを今すぐご確認ください!

workplace-results-professional-report-accounting-during-1140x445

勘定照合の自動化 と 決算プロセスの迅速化

勘定照合の自動化 と 決算プロセスの迅速化がなぜ必要なのか。

高度にデジタル化された環境では、企業が大量のトランザクションを処理することが増えているため、自動化の流れが広まっています。

Eコマース時代の到来で、ほとんどの企業が毎日何千ものトランザクションを処理しなければいけなくなっています。

2021年の世界の小売Eコマース売上高は5.2兆米ドルに達し、2026年には56%増の8.1兆米ドルに達すると予想されています。手作業で財務プロセスを管理する方法は、企業にとって、すでに現実的な選択肢ではなくなっています。

世界中でデジタルトランスフォーメーションが加速する中、各業界の最先端を行く企業は業界をリードするクラウドソリューションを採用しています。クラウド・エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)などのソフトウェアは、重要な財務プロセスの自動化をサポートし、業務の効率化をもたらすことができます。

しかし、何十万ものトランザクションを管理するのは複雑であるため、企業は最善のソリューションを採用し、クラウドERPシステムと統合することで、規模に応じた自動化を実現し、最適な運用を行う必要があります。

例えば、Oracle NetSuiteクラウドERPのような業界をリードするクラウドERPシステムは、世界中の何千もの企業がビジネスプロセスを効率的に管理し、ビジネスの成長のための重要な洞察を引き出すのに役立っています。また、クラウドERPシステムは、財務やビジネスプロセスに関するこれまでにないリアルタイムの視点を企業に提供します。

しかし、BlackLineとIDGによる最近の共同研究で明らかになったように、クラウドERPシステムの優れた機能は、継続的な成長に焦点を当てるために、財務プロセス以外もさらに強化することができます。

市場で入手可能な先進的なクラウド会計ソリューションは、クラウドERPと簡単に統合でき、ユーザーがシステムからデータを自動抽出し、照合や決算作業を実行するのに役立ちます。

大量のトランザクションを扱う大企業では、複数のユーザーが各スプレッドシートを使って作業することが多く、その結果、人的ミスやデータの重複が発生する可能性が高くなります。

BlackLineのシニア・プロダクト・マーケティング・マネージャーであるソニア・チュー氏は、「複数のソースからの大量のマッチング・トランザクションを扱う場合、再処理、エラー、リスク・エクスポージャーは避けられません。」と語っています。

BlackLineのような財務プロセス自動化ソリューションは、Oracle NetSuiteのようなクラウドERPシステムの強力なアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)機能を補完し、企業が会計業務を実行するための中央リポジトリとして機能する単一で信頼できるソースを提供します。

BlackLineのような先進的なクラウド会計ソリューションは、クラウドERPと統合することで、財務データのインポートとフォーマットのプロセスを自動化し、さらに「事前に設計されたテンプレート、自動認証、ルールベースの承認プロセス」によって照合作業を標準化します。

高度成長軌道にある組織では、財務・経理担当者の貴重な時間を、面倒な会計処理を手作業で管理して浪費すべきではありません。

BlackLineのようなクラウド会計ソリューションは、クラウドERPシステムが提供する強力な機能を補完します。これにより、財務および会計の専門家は、成長のための重要な洞察を引き出すことに集中できます。

Cloud ERP_II

Quickbooks、成長するビジネス、そしてクラウドERPを検討する時期はいつ?

QuickBooks (クイックブックス)とは?

Quickbooks

Quick Books は、中小企業が会計プロセスを管理するために広く利用されている会計ソフトのひとつです。 Quick Books は、レガシー会計ソリューションの大部分を占めるスプレッドシートに代わる、費用対効果の高いソリューションです。

使いやすさとレポート機能により、 Quick Books は中小企業に人気があります。オンラインバンキング、支払い、リモートアクセスなどの機能も充実しています。

ビジネスにとって数字はすべてです。しかし、高度にデジタル化されたビジネス環境で、まだ多くの組織が記帳のためにスプレッドシートを使用しています。

一方、金融ソフトウェアに投資した企業は、そのソリューションがEコマース分野で発生する膨大な取引量を処理できない可能性があることにすぐに気づき、その結果、ビジネスの成長に見合った規模に拡大することができなくなります。

Quick Books でビジネスが成長したら …

Quick Books は、最小限のセットアップで済み、追跡する営業経費も少なく、独立して機能するため、中小企業にとって最初の一歩として適しています。

しかし、企業システムが Quick Books と直接統合できる範囲は限られています。ビジネスが急成長するにつれ、特に大量のトランザクションを処理する場合、財務プロセスの管理が困難になる可能性があります。

Quick Booksでは、高成長軌道に乗り、事業を拡大し、さまざまな国で事業を展開している場合、財務データの統合が困難であること、十分な文書化された監査証跡を取得するのに苦労すること、取引のリアルタイムビューを取得できないことに気付き始めるかもしれません

このような状況に陥った時こそ、クラウドERPシステムの導入を真剣に検討する必要があるといえるでしょう。

クラウドERPとは?

cloud ERP
3D Isometric Flat Vector Conceptual Illustration of Cloud ERP, Enterprise Resource Planning Software

Oracle NetSuiteのようなクラウドERPシステムには、強力な財務報告機能と優れたAPI統合機能が備わっています。クラウドERPが提供する幅広いソリューションは、会計・財務管理だけにとどまらず、サプライチェーン管理、在庫管理、顧客関係管理(CRM)、プロジェクト管理など、さまざまな機能を1つの統合クラウドプラットフォームで実現できます。

Oracle NetSuiteのようなクラウドERPソリューションの機能の広さと深さは、 Quick Books をはるかに凌駕しています。定時に財務を締められるかどうかは、銀行照合や取引照合などの手動プロセスの管理によって大きく異なります。手作業で管理するため、これらのプロセスには人為的ミスやデータの重複が発生しがちです。

クラウドERPは、包括的な財務ソリューションを提供します。

クラウドERPシステムは時間がかかり、エラーが発生しやすい面倒な会計および財務プロセスを自動化するのに役立ちます。さらに、クラウドERPシステムは企業が成長するビジネスに不可欠な財務および会計プロセスのリアルタイムのビューを提供します。

ERPの真価はその総合性にあります: ERPの中核には強力な会計ソフトがありますが、その会計ソフトは全社的なリソース・プランニングのハブとしても機能します。ERPは、会計システムだけでなく、より多くのシステムと連携し、データの管理、結合、理解をサポートするように設計されています。

以下、ERPシステムが Quick Books の欠点をどのように解決しているか、見ていきましょう:

成長のための洞察力を引き出す

さまざまな情報源から統合データを入手できれば、財務・会計の専門家とともに、企業の成長に不可欠なトレンドやその他の洞察に気づく機会を得ることができます。また、データのリアルタイム性により、消費者の需要の変化を常に把握することができます。

複数の事業体を管理する

海外進出は、次の成長ステージへのロードマップを描く際の重要な検討事項のひとつです。海外企業の買収によってプレゼンスを獲得するにしても、ゼロからオフィスを立ち上げるにしても、傘下の各企業の連結データを子会社に提供させることの複雑さを実感するはずです。Oracle NetSuiteのようなクラウドERPシステムを使えば、すべての子会社の財務状況を簡単に把握することができます。

ワークフローの合理化

クラウドERPシステムは、数多くのビジネスプロセスの簡素化と自動化を促進します。例えば、売掛金では、より迅速な受注から現金化(O2C)プロセスや強化されたベンダー管理を得ることができます。

全体像を把握する

クラウドERPを使えば、すべてのコア・ビジネス・プロセスを同時に見ることができます。このため、マネージャーや担当者は、組織全体のプロセスを改善する方法を見つけることができます。

生産性を向上させる

部門間の連携は、アウトプットと効率の両方を向上させます。ひいてはコストを削減し、ビジネスの競争力を高めることになります。

ITサポート

クラウドベースのERPシステムは、ハードウェアの購入や保守の必要性を削減または排除し、リモートからのアクセスを簡素化します。

クラウドERPのメリットを今すぐご確認ください!