製造業の台頭と先進化、その中で卓越するためのテクノロジーの活用法

経済成長を推進する最も永続的で活気ある部門のひとつである 製造業 の長年にわたる活力には、称賛すべきものがたくさんあります。

この産業の成功を支える重要な原動力のひとつは、テクノロジーの飛躍的な進歩と並行して成長し続ける、たゆまぬ進化です。

初期の製造業は、労働者が製造需要に対応するために、がむしゃらに働くことが特徴となっていました。しかし、21世紀に入ると、製造業は、重労働で、安い労働力で、製品を大量生産するというイメージを払拭し、モノのインターネット(IoT)、自動化、人工知能(AI)など、第4次産業革命(IR4.0)のさまざまな副産物によってもたらされる新しい需要の絶え間ない流れに対応し、高収入の雇用を提供する、最先端技術に牽引される産業となりました。

シンガポールでは、製造業が島国のGDPの20%から25%を占めています。シンガポール政府は、今後10年間で製造業を50%成長させるという目標を掲げ、先進製造業に本格的に乗り出す意向を示しています。

「この分野では、50%の価値向上だけでなく、製造業のより大きな割合が先進的な製造業に移行することを望んでいます。そこでは、コスト競争ではなく、私たちが生み出せる知的財産、製品の品質、提供できる精度が競争基準になります。」と、シンガポールのチャン・チュン・シン貿易産業相は今年初めに語っています。

Manufacturing

日立ソリューションズの「2021年に製造業を支配する11のトレンド」と題する調査では、IoTは、工場がリアルタイムのデータを使って情報に基づいた意思決定を行うことを可能にする能力によって、製造業分野で支配的な技術の1つになると予測しています。生産メカニズムの3分の1がスマートデバイスを組み込んでおり、製造業者の34%がプロセスにIoTを組み込む意向を示し、32%の企業が製品への組み込みを計画しています。

半導体デバイスの生産は製造業の成長をさらに促進すると予想されています。これは、携帯電話やコンピューターなど、日常生活で使用するあらゆるものに半導体が普及しているなど、デジタル時代の必需品によるところが大きいです。これに加え、環境・社会・ガバナンス(ESG)慣行の重要性の高まりに代表されるように、製造業者は環境に対する責任を認識するようになってきています。

製造業が労働集約的な環境から高スキルの労働環境へと移行する中、労働力を最適化し、効率的に業務を遂行するためにクラウド・ソリューションが提供できることは数多くあります。製造業は、テクノロジーをいち早く導入した企業がデジタル革命の恩恵を最大限に受けられるような競争の激しい環境で事業を展開するようになってきています。また、ESGを重視する製造業は、環境的に持続可能な方法で事業を展開するために、テクノロジーを最大限に活用する必要があります。

以下では、現在のクラウド技術が、メーカーが国際的なレベルで競争し、ニッチを切り開く上でどのように役立つかを見ていきましょう。

製造業 に総合的な可視性と単一で信頼できる情報源

デロイトの2022年製造業アウトルックは、Covid-19後の世界において製造業に不可欠な能力として可視性を強調しています。最近のサプライチェーンのボトルネックに示されているように、クラウドERPシステムのようなクラス最高のテクノロジーを持つことは、Covid-19の大流行によってもたらされた不確実性に企業が対処するのに役立ちます。クラウドシステムは、メーカーにビジネスに対するかつてない可視性を提供し、単一で信頼できる情報源として機能します。

製造業 でも実現簡単なローコード/ノーコード統合

製造業では、さまざまなビジネス・ソリューションを使用するディストリビューター、ベンダー、サプライヤーなど、さまざまな利害関係者と取引することが多いです。工場が遭遇する各システムに対応するために専門のITチームを持つことは、面倒でコストがかかり、非常に時間のかかるプロセスになる可能性があります。システム統合ソリューションは、ワークフローの自動化を可能にするローコード/ノーコードでの簡単な統合を製造業に提供します。

CRM

CRM

クラウド・ソリューションは製造業にリアルタイムで顧客の全体像を把握するのを可能にします。また、見込み客獲得の機会、受注、フルフィルメント、更新、アップセル、クロスセル、サポートに至るまで、顧客ライフサイクル全体をカバーするシームレスな情報の流れを製造業に提供するソリューションも提供しています。

製造業 における製品データ管理

Manufacturing

製品ベースのクラウド・ソリューションは、品目、顧客、パートナー、ベンダーを含む製造業の運営に不可欠なマスターデータの作成と管理を支援する強力な機能を備えています。

製造業 における注文管理

Manufacturing

目まぐるしく変化するデジタルビジネス環境において、製造業は消費者の要求に迅速に対応できるソリューションを必要としています。インテリジェント受注管理システムなどのソリューションは、グローバルなビジネス環境で事業を展開する際に重要な、受注処理、割り当て、オーケストレーション、実行プロセスの自動化をサポートします。

プランニングとスケジューリング

プランニングとスケジューリングは、今やすべての製造業にとって極めて重要な要素となっています。プランニングとスケジューリングは、企業が商品やサービスを生み出すために必要なリソース、オペレーション、プロセスの割り当てを正しく見積もるのに役立ちます。クラウド製造ソフトウェアは、製造業者がリアルタイムのスケジューリングを実行するのに役立ち、企業の効率的な運営をサポートします。

調達

製品ベースの製造業にとって、生産工程における主要部品が適切に供給されることは極めて重要です。最近のパンデミックは、製造企業がクラウド・ソリューションが提供できる最高のものを装備することの重要性をさらに浮き彫りにしました。これらのソリューションは、製造業者が適切な材料を、適切なタイミングで、適切な場所に供給できるようにします。

生産管理

製造業者の幅広いシステムにより、企業は生産プロセス全体を通して作業指示を作成、リリース、更新、監視することができます。製造業向けのクラス最高のソリューションにより、企業は生産工程を思い通りに管理し、生産工程が設備やデータ要件に適合するようにする柔軟性を得ることができます。

サプライチェーンマネジメント

サプライチェーンのボトルネックが世界各地で大混乱を引き起こし、顧客に多大な迷惑をかけたというニュースを耳にしない日はありません。Covid-19が流行するような不確実性の高い世界で、企業は不安定な海でうまく舵をとるのに役立つクラス最高のテクノロジーを導入する以外に選択肢はないと言っていいでしょう。製造業向けのクラウド・テクノロジーは、製品がどこで製造され、誰が製造しているかという概念が無意味だということを証明しています。これらのソリューションにより、企業は在庫の場所や消費者に関係なく、すべての在庫をグローバルに把握することができます。

製造現場管理

製造現場管理(SFC)は、製造企業が製造工場での作業の進捗を追跡し、スケジュールを立て、報告するのに役立つ一連のソフトウェアです。 市場で入手可能なクラウド・ソリューションの選択は、ユーザーがその場でシステムを最適化できるユーザー設定可能なタブレット・アプリケーションを通じて、製造業が製造プロセスからリアルタイムの情報を簡単に収集するのに役立ちます。

品質管理

最高品質の製品を顧客に提供することは、あらゆるビジネスの目的であることが多く、そのためには全社的な取り組みと一流のテクノロジーの活用が必要です。品質管理システムは、企業が検査計画を定義・維持し、最小限のオーバーヘッドで高品質の製品を提供するのに役立つ機能を備えています。

クラウドERPのメリットを今すぐご確認ください!