グローバル企業が直面する課題と克服するためのテクノロジー

グローバル に事業を展開する企業にとって、子会社の管理には多くの課題がつきまといます。

異なる社会の文化的背景を理解する必要性など、外国での事業展開に関連する従来の問題はさておき、デジタル時代のビジネスは、ビッグテクノロジーの出現によって激化するこの厳しい環境の中を勝ち抜いていかなければなりません。

グローバルに事業を展開する企業が直面する最も一般的な問題

グローバルに事業を展開する企業が直面する最も一般的な問題の1つは、異なるソースから重要なデータを取得することです。さまざまな国で事業を展開するということは、複雑な事業構造を扱うということでもあります。これには、異なる会計規則を遵守する必要性も含まれます。

このような需要に応えるために、企業はテクノロジーが提供する最高のものを利用する必要があります。レガシーシステムでの運用は、もはや選択肢ではありません。複数の企業で事業を展開する企業がデジタルトランスフォーメーションに早く取り組めば取り組むほど、デジタル時代に生き残る可能性が高まります。

バスターパンチのCEOであるマーティン・プリーンは、国際的な事業展開に乗り出した当初、同社が直面した困難を苦心して指摘しました

「私たちにとって大きな挑戦のひとつは、ロンドンではまずまずのシステムがあったが、アメリカでは何もなく、アジアではスプレッドシートしかなかった。」と彼は語っています。

「自分たちが今どの位置にいるのかを確認するために何かをまとめようとすると、とても時間がかかります。自分たちがどこにいるのかを把握していなければ、本当に適切な決定を下すことは非常に困難です。」と続けて語っています。

クラウドERP(Enterprise Resource Planning:企業資源計画)システムなどの最新のソリューションは、企業に、異なるソースからのデータを統合し、単一で信頼できるソースを提供する能力を提供します。これにより、企業はデータを手作業でまとめる手間のかかる作業を回避することができ、また、時間を節約し、データの手入力に起因する人的ミスを減らすことができます。

クラウドERPのような1つのシステムにデータを統合することは、ただ単に業務を簡単にし、現地の会計基準を満たすことを可能にするだけではありません。これらのクラウドシステムを利用することによって、企業の全体像が把握できるようになり、戦略的なビジネス上の意思決定を行う際に重要な洞察を引き出す鍵となるデータを手に入れることができるようになります。

為替変動もまた、グローバルに事業を展開する企業が直面する課題です。企業が新しい国に子会社を設立する場合、その国の通貨で取引を行うことが期待されます。しかし、複数の通貨を扱うことは、為替レートの変動による不確実性を伴い、独自のリスクと複雑さをもたらします。

市場のほとんどのトップエンドのクラウドERPソリューションは、通常、子会社の管理の要求を満たすために特別に設計されたソリューションを実装するオプションを顧客に提供しています。このようなソリューションを選択する企業は、通貨変換をサポートするシステムから恩恵を受け、企業が手作業で行う必要性を取り除くことができます。さらに、クラウド・コンピューティングの性質上、通貨換算はリアルタイムで行われるため、ビジネス・オーナーは取引が行われるたびに最新の情報を得ることができます。

子会社を持つ企業にとって最大の難関は、進出国の規制要件を厳守する必要があることです。企業はさまざまな法令やその他の規制に縛られ、どのように事業を運営すべきかが規定されています。

EYの調査では、CFOの71%が「国内・国際レベルで変化するコンプライアンス要件の複雑さが報告の有効性に影響を与えている」と回答しています。そのため、決算作業は現在よりもさらに困難なものとなっています。規制の遵守に失敗すると、企業は多額の罰金を科されるなど、悲惨な結果を招くことも少なくありません。クラウドERPのようなソリューションは、企業がルールをシステムに組み込むことを可能にすることで、コンプライアンスの自動化をサポートします。

まとめ

Eコマースの台頭は、より多くの企業がボーダレスな世界で事業を展開し、さまざまな国に製品を出荷するようになることを意味します。これは、複雑なビジネスルールに直面することを意味します。

非常に不安定な環境において、企業はテクノロジーを活用し、ミスの発生しやすい面倒なプロセスを自動化する必要があります。

クラウドERPシステムには、特にグローバル規模で事業を展開する企業を対象としたソリューションがあります。これらのソリューションは、多くの場合、さまざまな言語で提供され、企業がコミュニケーションの障壁を埋めるのに役立ちます。

クラウド技術は、レガシー技術と比べて故障が少ないため、機会費用の軽減や防止にも役立ちます。

クラウドERPのメリットを今すぐご確認ください!