Quickbooks、成長するビジネス、そしてクラウドERPを検討する時期はいつ?

QuickBooks (クイックブックス)とは?

Quick Books は、中小企業が会計プロセスを管理するために広く利用されている会計ソフトのひとつです。 Quick Books は、レガシー会計ソリューションの大部分を占めるスプレッドシートに代わる、費用対効果の高いソリューションです。

使いやすさとレポート機能により、 Quick Books は中小企業に人気があります。オンラインバンキング、支払い、リモートアクセスなどの機能も充実しています。

ビジネスにとって数字はすべてです。しかし、高度にデジタル化されたビジネス環境で、まだ多くの組織が記帳のためにスプレッドシートを使用しています。

一方、金融ソフトウェアに投資した企業は、そのソリューションがEコマース分野で発生する膨大な取引量を処理できない可能性があることにすぐに気づき、その結果、ビジネスの成長に見合った規模に拡大することができなくなります。

Quick Books でビジネスが成長したら …

Quick Books は、最小限のセットアップで済み、追跡する営業経費も少なく、独立して機能するため、中小企業にとって最初の一歩として適しています。

しかし、企業システムが Quick Books と直接統合できる範囲は限られています。ビジネスが急成長するにつれ、特に大量のトランザクションを処理する場合、財務プロセスの管理が困難になる可能性があります。

Quick Booksでは、高成長軌道に乗り、事業を拡大し、さまざまな国で事業を展開している場合、財務データの統合が困難であること、十分な文書化された監査証跡を取得するのに苦労すること、取引のリアルタイムビューを取得できないことに気付き始めるかもしれません

このような状況に陥った時こそ、クラウドERPシステムの導入を真剣に検討する必要があるといえるでしょう。

クラウドERPとは?

Oracle NetSuiteのようなクラウドERPシステムには、強力な財務報告機能と優れたAPI統合機能が備わっています。クラウドERPが提供する幅広いソリューションは、会計・財務管理だけにとどまらず、サプライチェーン管理、在庫管理、顧客関係管理(CRM)、プロジェクト管理など、さまざまな機能を1つの統合クラウドプラットフォームで実現できます。

Oracle NetSuiteのようなクラウドERPソリューションの機能の広さと深さは、 Quick Books をはるかに凌駕しています。定時に財務を締められるかどうかは、銀行照合や取引照合などの手動プロセスの管理によって大きく異なります。手作業で管理するため、これらのプロセスには人為的ミスやデータの重複が発生しがちです。

クラウドERPは、包括的な財務ソリューションを提供します。

クラウドERPシステムは時間がかかり、エラーが発生しやすい面倒な会計および財務プロセスを自動化するのに役立ちます。さらに、クラウドERPシステムは企業が成長するビジネスに不可欠な財務および会計プロセスのリアルタイムのビューを提供します。

ERPの真価はその総合性にあります: ERPの中核には強力な会計ソフトがありますが、その会計ソフトは全社的なリソース・プランニングのハブとしても機能します。ERPは、会計システムだけでなく、より多くのシステムと連携し、データの管理、結合、理解をサポートするように設計されています。

以下、ERPシステムが Quick Books の欠点をどのように解決しているか、見ていきましょう:

成長のための洞察力を引き出す

さまざまな情報源から統合データを入手できれば、財務・会計の専門家とともに、企業の成長に不可欠なトレンドやその他の洞察に気づく機会を得ることができます。また、データのリアルタイム性により、消費者の需要の変化を常に把握することができます。

複数の事業体を管理する

海外進出は、次の成長ステージへのロードマップを描く際の重要な検討事項のひとつです。海外企業の買収によってプレゼンスを獲得するにしても、ゼロからオフィスを立ち上げるにしても、傘下の各企業の連結データを子会社に提供させることの複雑さを実感するはずです。Oracle NetSuiteのようなクラウドERPシステムを使えば、すべての子会社の財務状況を簡単に把握することができます。

ワークフローの合理化

クラウドERPシステムは、数多くのビジネスプロセスの簡素化と自動化を促進します。例えば、売掛金では、より迅速な受注から現金化(O2C)プロセスや強化されたベンダー管理を得ることができます。

全体像を把握する

クラウドERPを使えば、すべてのコア・ビジネス・プロセスを同時に見ることができます。このため、マネージャーや担当者は、組織全体のプロセスを改善する方法を見つけることができます。

生産性を向上させる

部門間の連携は、アウトプットと効率の両方を向上させます。ひいてはコストを削減し、ビジネスの競争力を高めることになります。

ITサポート

クラウドベースのERPシステムは、ハードウェアの購入や保守の必要性を削減または排除し、リモートからのアクセスを簡素化します。

クラウドERPのメリットを今すぐご確認ください!