Archives 7月 2023

growtika-ahgsuFHlIFo-unsplash

ESGの取り組みをWorkatoで促進する1つの解決策

環境・社会・ガバナンスの取り組みでお悩みならWorkatoの導入がおすすめです。

限りある資源のこの地球上で、無限の成長を追求することの落とし穴が企業に明らかになるにつれ、長期的で持続可能なビジネスモデルや慣行が取り入れられるようになってきています。

それに加えて、相次ぐ金融危機が明らかにしているように、ガバナンスの欠如は、特定のコンプライアンス要件の存在をほとんど無意味なものにしていました。

近年、環境・社会・ガバナンスの枠組みが形成され、環境や社会に害を与えることなく、コーポレート・ガバナンスを遵守し、収益性の高い事業を行うことを前提とした一連の測定可能な要件を遵守することが企業に求められるようになりました。

ESG

環境・社会・ガバナンスを遵守するビジネス環境で成功するためには、多方面からのアプローチが必要ですが、ビジネスを正しい方向に導くために最初の一歩を踏みだすことは可能です。環境・社会・ガバナンスへの取り組みを推進する要素の一部として、企業が注目できる重要な分野のひとつは、スタックの統合とワークフローの自動化です。SaaS(Software-as-a-Service)は、企業がさまざまな問題点に対処するために使用する最高のソリューションを大量に提供する先駆けとなりました。Productive社の調査によると、企業には平均でなんと364種類ものSaaSアプリケーションがあるようです。

しかし、ビジネス・プロセスの統一見解の欠如やデータのサイロ化など、例を挙げればきりがないほど、SaaSの予期せぬ結果となっています。一方、面倒なプロセスを手作業で管理するため、人的ミスが発生しています。これらは、高成長時代に持続可能なビジネスを促進する材料とは言い難い状況です。

2000年代後半に登場したIPaaS(integration-platform-as-a-service)サービス・プロバイダーは、SaaSが残したギャップを埋めるものとしてタイムリーでした。企業のIT部門は、ビジネス・ニーズに合わせて様々なIPaaSプロバイダーから選択できるという恵まれた環境から大きな恩恵を受けています。

しかし近年、あるIPaaSプロバイダーが他の追随を許さない頭角を現してきました。Workatoは、そのノーコード/ローコード(LCNC)モデルを通じて、技術的な専門知識がほとんどないエンドユーザーでも統合を開始できるようにすることで、統合を再構築しました。

WorkatoをIPaaS市場のリーダー的存在に押し上げたのは、そのプラットフォームがユーザーによる自動化も可能にしている点です。ドラッグ&ドロップのような簡単なユーザー操作だけで、統合と自動化が実行できます。ユーザーには、自分が希望する方法で自動化を始められるという自由が与えられています。エンドユーザーへのこのような権限付与は、職場を多様化し、ビジネスを持続可能なものにし、組織を持続可能な成長へと導きます。

以下では、Workatoの統合および自動化プラットフォームが、組織の環境・社会・ガバナンスへの取り組みを促進する上で、今後どれだけ重要な役割を果たすようになるのかということを見ていきましょう:

ESGの取り組みを促進するための解決策

NetSuite

+ 報告書の合理化

Workato は、財務システム、顧客関係管理(CRM)システム、サプライチェーン管理システムなどの様々なソースからのデータ収集を自動化し、企業のパフォーマンスに関する洞察を提供するレポートを作成することができます。これにより、正確性と一貫性を向上させながら、時間とリソースを節約することができます。

+ リスクの追跡と管理

Workato は、炭素排出量や社会的コンプライアンス違反など、環境・社会・ガバナンスに関連する主要なリスク指標を監視し、アラートやワークフローを開始して、発生した問題に対処することができます。これにより、企業はESGリスクを積極的に管理し、関連する規制や基準を確実に遵守することができます。

+ データウェアハウス・プラットフォームとの統合

Workato は、Big Query や Snowflake などのデータウェアハウス・プラットフォームと統合し、企業のデータや格付けを自動的に取り込み、このデータを意思決定プロセスに活用することができます。

+ 持続可能性イニシアチブの自動化

Workato は、エネルギーや水の管理、廃棄物の削減、持続可能な調達など、持続可能性に関するイニシアチブの自動化をサポートします。これらの取り組みを自動化することで、企業は時間とリソースを節約しながら、目標に向けて前進することができます。

+ 従業員の幸福度状況の追跡が簡単に

従業員の幸福度を測定し、それをグラフの形で可視化するには、スプレッドシートを行ったり来たり、データをデータウェアハウジング・プラットフォームにエクスポートしたりと、骨の折れる手作業が必要です。そして、そのグラフを手作業で関係者にメールで送信する必要があります。スプレッドシート、データウェアハウジング・プラットフォーム、Eメールを統合することで、データウェアハウジング・プラットフォームにルールを設定し、スプレッドシートから従業員満足度データを自動的に抽出し、可視化してEメールで受信者に送信することができます。

使用例

ここでは、手作業で複数のステップを要するプロセスを、ドラッグ&ドロップの数回の操作で自動化する方法を紹介します。

Workato 導入前

自動化以前は、人事幹部は Googl eシート、Tableau、GMail を使い、3つの手動ステップで従業員満足度データを取得し、共有していました。

  1. 人事幹部は、従業員満足度に関する定期的な情報を含むGoogle Sheetsにアクセスし、手作業でデータを Tableau に転送。
  2. データが Tableau にアップロードされると、人事担当者は手動で従業員満足度を示す視覚的なグラフを取得。
  3. グラフを入手したら、人事担当役員はそのグラフを保存し、GMail に手作業で添付してから関係者に送信。

Workato 導入後

以下は、Workato で自動化を開始するいくつかのステップで、手動プロセスが完全に排除される例です。Workato を使用すると、人事の従業員がニーズに応じて自動化ルールをトリガーできるため、上記の3つのステップがすべて排除されます。トリガーとアクションによって自動化をカスタマイズするこのプロセスは、いわゆるレシピと呼ばれるものです。

トリガー

トリガーは、従業員満足度データを含む Google シート、 Tableau 、 GMail が統合された時点で実行されるスケジュールとアクションを指定します。

アクション

アクションにより、以下のプロセス全体を自動化するために実行する手順が決まります。

  1. スケジュールされた時間に基づいて、従業員の幸福度状況に関する電子メールを送信するトリガーを設定。
  2. Google フォームに記入された回答に基づいて、従業員の満足度データを含む Google シートを取得し、 Tableau に送信。
  3. Google スプレッドシートのデータを基に、 Tableau に視覚的なグラフやチャートを生成させ、関係者にTableauから画像を添付したメールを送信。

アジアの大手金融デジタルトランスフォーメーションコンサルタント会社であるポイントスター・コンサルティングのCEO、ミシェル・アルフォンソにとって、Workatoは、自動化によって反復作業を排除しようとする企業にとって画期的なもののようです。

「Workatoを使用する最大のメリットの1つは、事実上あらゆるアプリケーションやシステムと統合できることです。つまり、ビジネスクリティカルなツールやワークフローをすべて1つの中央プラットフォームでつなげることができ、時間と労力を節約できます。」

ポイントスター・コンサルティングCEO – ミシェル・アルフォンソ

Workatoの使いやすいインターフェイスとドラッグ&ドロップ機能により、コーディングの知識がなくても、誰でも簡単に複雑なワークフローを作成できます。これによって自動化が普及し、CEOから現場の従業員まで、組織の誰もがアクセスできるようになります。
ミシェル氏は、WorkatoのAI搭載プラットフォームによって、データに適応して学習するインテリジェントなワークフローを作成できると考えています。

「つまり、ワークフローは時間の経過とともに洗練され、より深い洞察とより良い結果をビジネスにもたらすことができるのです。」

ポイントスター・コンサルティングCEO – ミシェル・アルフォンソ
ESG

テクノロジー ソフトウェア

テクノロジー を活用せよ!先行き不透明な時代に、どうビジネスを構築するべきか?

テクノロジー の活用、すなわちデジタルトランスフォーメーションがこれからの時代に必須である理由を理解しましょう。

20年近く前の一時期、2つの激震的な出来事がビジネス界を根底から覆す恐れがありました。ITバブル崩壊は、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロに先行していました。

政治的なレベルであれ社会学的なレベルであれ、その後に続くものが何であれ、ビジネス界に長期的な影響を残すことは間違いありませんでした。

しかし、この2つの出来事が大きな見出しと注目を集めたにもかかわらず、水面下ではもうひとつの大きな変化が、これほど大々的に報じられることなく起こっていたことに注目することは極めて重要であり、これからの教訓になると考えています。

2000年には世界人口の7%未満しかインターネットに接続していませんでした。しかし、2019年の最新統計では38億人に上り、世界人口の半分以上を占めています。インターネット主導の変化は、ビジネスの世界に大きな影響を与えています。デジタル時代において、商取引はオンラインで行われ、Eコマースの出現により、製品やサービスが迅速に顧客に届けられるようになりました。

ビジネスモデルは進化し、新たなビジネスモデルが次から次へと猛スピードで登場してきます。一方、情報の急速な普及は、ビジネスにも影響を与える変化を社会にもたらしました。テクノロジーの進歩がもたらす絶え間ない変化と並んで、イギリスの欧州連合離脱や米中貿易戦争といった社会政治的な問題がもたらす急速な変化もあるのが事実です。

競争の激しい市場で優位に立つためには、テクノロジーが提供する最高のものを活用することが、今や企業にとって不可欠となっています。デジタルトランスフォーメーションは、今の時代を生き抜こうとする企業にとって必須条件です。オンラインで足場を固め、海外進出を開始する企業にとって、遵守すべきさまざまな規制要件があります。これらの要件は、上記の社会的・政治的問題によって変化します。

デジタルトランスフォーメーションにまだ取り組んでいない企業にとって、スプレッドシートを使ってこうした複雑な問題に対処することは、もはや現実的ではありません。業務を円滑に進めるためには、テクノロジーへの健全な投資が必要です。例えば、手作業でデータを入力するのではなく、事業の成長に役立つ取り組みに予算を集中させるべきです。

デジタルトランスフォーメーションは、ビジネスに様々なメリットをもたらす多種多様なシステムで構成されています。この記事では、クラウドERPシステムなど、ビジネスの円滑な運営をサポートするソリューションのメリットについて見ていきましょう。

リモートワーク

新型コロナウイルス感染症(Covid-19)のパンデミックは、世界中の企業の事業運営に大打撃を与えました。ロックダウンや緊急事態宣言が課される中、ビジネスをクラウドに移行していなかった企業はパンデミックの影響をもろに受けました。

デジタルトランスフォーメーションに取り組み、クラウドERPシステムでの運用を開始した企業などは、パンデミックによって必要となった自宅待機ルールに対応することができました。

クラウドERPシステムはリモートワークを可能にするため、スタッフはインターネットにアクセスさえできれば、いつでも世界のどこからでも仕事ができます。これにより、コロナ禍のような状況でも業務を支障なく継続することができます。

国際規制要件の遵守

各国の規制要件に準拠する必要性は、もはや子会社を持つ大企業だけに限られるものではありません。世界のさまざまな地域に製品を出荷するEコマース事業者も、製品を出荷するそれぞれの国が定める要件を遵守する必要があります。

前述したように、私たちは社会・政治レベルの根本的な変化による先行き不透明な時代に生きており、それはビジネスにも大きな影響をもたらしています。

現代のクラウドERPシステムは、これらの規制要件に準拠するように構築されており、多くの場合、世界中のさまざまな通貨や言語でサービスを提供しています。また、各企業様の財務システムが確実に最新の規制要件に沿うように、各システムは常に更新されています。

すべてのビジネスプロセスをリアルタイムで一元管理

企業が成長する過程で、必要に応じてさまざまなソフトウェアを導入することがあります。その結果、複数の異なるシステムからデータが生成され、分析や重要な意思決定に必要な統一されたデータが得られないということもよくあります。

クラウドERPシステムは、すべてのビジネスプロセスの統合ビューを提供し、一元化、可視化されたデータを通じて必要なすべての情報を提供します。この統合ビューはリアルタイムで提供され、組織内のチームがより効果的に連携できるようになります。

洞察力を素早く解き放つ

これは、リアルタイムで利用可能な統合システムを持つことのメリットのひとつです。競争が激化するビジネス環境において、データを分析し、重要な意思決定を迅速に行う能力は、後続の追随を許さないために不可欠です。

オムニチャネル・リテール・モデルを採用しているEコマース小売企業であれば、リアルタイムで入手可能なデータからビジネス・インテリジェンスを活用する能力が、成長を実現するための新たな洞察を引き出すカギとなります。

外部ソリューション・プロバイダーとの簡単な統合

クラウドERPシステムの主な特徴の1つは、その拡張性です。デジタル時代のビジネスでは、急ピッチで事業が拡大する可能性があります。そのため、既存のクラウドERPシステムを外部の第三者ソリューション・プロバイダーと統合する必要が出てくるかもしれません。

従来のオンプレミス型ERPシステムとは異なり、クラウドERPシステムは拡張性が非常に高いです。そのほとんどが、ローコードまたはノーコードの外部ソリューションとの容易な統合を提供しています。これにより、外部ソリューションの迅速な統合が促進され、統合データを迅速に入手することができます。

テクノロジーの重要性を理解して DX を推進しよう

テクノロジーの飛躍的な発展と、先行き不透明なこの世界の社会政治環境の組み合わせは、ビジネス界に重大な影響を与えるでしょう。しかし、過酷な競争社会で混乱状態のビジネス環境で成功するためのほとんどの手段がテクノロジーそのものに隠されているという事実に、私たちは安心感を覚えることができます。

クラウドERPのメリットを今すぐご確認ください!

Illustration of social media concept ERP

ERP と Eコマースの統合、長期的で持続可能な計画

ERP を導入して Eコマースの課題や問題を解決していきましょう!

Eコマースの台頭は着実かつ一貫して続けています。現代のEコマースは、テック系ユニコーン企業の遊び場のように見えるかもしれませんが、アマゾンやアリババのような巨大企業は、その起源を謙虚な始まりに遡るビジネスの例として役立ちます。

Shopifyが発表した2021年のEコマースの未来を占う5つのトレンドによると、新型コロナウイルスの大流行がEコマース部門を急成長させ、「10年間のEコマースの成長がわずか90日間で起こった」ようです。

しかし、持続可能なEコマースビジネスの構築には、主要なITインフラへの十分な情報に基づいた投資が必要です。

ほとんどのEコマース・プラットフォームは、取引を円滑に進めるためのフロントエンド・システムで構築されています。事業展開や運営に欠かせないデータの取り扱いは、スプレッドシートを使って手作業で行われることが多く、定期的に人為的なミスが発生します。

Eコマース取引の急速なペースと絶えず進化する顧客の需要から、ビジネスプロセスを整理し、フローを合理化し、新たな洞察を生み出すことができるバックエンドシステムへの統合が必要となっています。これは、持続可能なEコマース・ビジネスを構築する上で大きな役割を果たすでしょう。

クラウド企業資源計画(ERP)システムのような現代のITソフトウェアは、戦略的意思決定をサポートする洞察を提供するだけでなく、企業が主要なビジネス・プロセスを自動化するのに役立ちます。

以下は、Eコマース企業がクラウドベースのERPシステムを導入して得られる3つのメリットです:

リアルタイムのダッシュボード

Eコマース市場を活性化させた主な成長要因のひとつは、企業が顧客の好みに合わせてサービスや製品を提供できることです。

クラウドERPシステムは、Eコマースのフロントエンドシステムと統合されることで、ビジネスの全体像を把握することができます。これにより、Eコマース・ビジネスのリーダーたちは、行われているトランザクションを360度リアルタイムで把握することができます。

これらのリアルタイム・ダッシュボードは、Eコマース・ビジネスにとって重要な顧客行動に関する重要なデータを提供します。Eコマース企業のリーダーは、このデータを利用して、顧客向けにカスタマイズされたショッピング体験を提供することができます。

コード不要の簡単な統合

異なる国々に製品を出荷する企業は、異なるシステムで運営されている様々な第三者物流業者と取引しなければならないのはよくあることです。

現代のクラウドERPは、さまざまなシステムを統合するために調整された柔軟なインフラを前提としています。これに加えて、ほとんどのクラウドERPプロバイダーは、以前は複雑すぎて処理できないと考えられていたプロセスを自動化する役割を担い、簡単でコード不要の統合業者と提携しています。

ITの複雑さを取り除く

成功するEコマース・ビジネスは通常、顧客にシームレスなショッピング体験を提供しています。つまり、顧客は実店舗で商品を見たり、オンラインで購入したり、自宅に届けたりすることができ、価格や品揃えにまったく差がありません。

ウォールストリート・ジャーナル紙のインタビューで、レンセラー工科大学の土木工学教授であるカーラ・ワン氏が 「小売業者がこの道を進めば進むほど、そのサプライチェーンは蜘蛛の巣に似てくる」と語っています。

この複雑さは、企業がクラウドを採用し、ERPサービス・プロバイダーやソリューション・パートナーのサービスを利用することの重要性を浮き彫りにしています。クラウドERPに移行することにより、これらの複雑なプロセスを処理する責任は、優秀なITコンサルタントを雇用しているベンダーの手に委ねられます。これにより、電子商取引業者は、最も得意とするビジネスに集中することができます。

まとめ: ERP と Eコマースの統合して ビジネスを快適に

クラウドERPは、正しく導入されれば、ビジネスの持続可能性を保証する投資になります。Eコマース事業者は、市場動向に応じてビジネスを微調整し、利益を拡大させることができます。

クラウド ERP のメリットを今すぐご確認ください!

<参考情報FP&A PBR netsuite erp

1. NetsSuite導入インタビュー Tableau IFRS

2. NetSuiteと他社のERPの違いを解説

https://netsuite1.sw-lp.com/

DXを実現するクラウドソリューションについてはこちら