ESGの取り組みをWorkatoで促進する1つの解決策

環境・社会・ガバナンスの取り組みでお悩みならWorkatoの導入がおすすめです。

限りある資源のこの地球上で、無限の成長を追求することの落とし穴が企業に明らかになるにつれ、長期的で持続可能なビジネスモデルや慣行が取り入れられるようになってきています。

それに加えて、相次ぐ金融危機が明らかにしているように、ガバナンスの欠如は、特定のコンプライアンス要件の存在をほとんど無意味なものにしていました。

近年、環境・社会・ガバナンスの枠組みが形成され、環境や社会に害を与えることなく、コーポレート・ガバナンスを遵守し、収益性の高い事業を行うことを前提とした一連の測定可能な要件を遵守することが企業に求められるようになりました。

環境・社会・ガバナンスを遵守するビジネス環境で成功するためには、多方面からのアプローチが必要ですが、ビジネスを正しい方向に導くために最初の一歩を踏みだすことは可能です。環境・社会・ガバナンスへの取り組みを推進する要素の一部として、企業が注目できる重要な分野のひとつは、スタックの統合とワークフローの自動化です。SaaS(Software-as-a-Service)は、企業がさまざまな問題点に対処するために使用する最高のソリューションを大量に提供する先駆けとなりました。Productive社の調査によると、企業には平均でなんと364種類ものSaaSアプリケーションがあるようです。

しかし、ビジネス・プロセスの統一見解の欠如やデータのサイロ化など、例を挙げればきりがないほど、SaaSの予期せぬ結果となっています。一方、面倒なプロセスを手作業で管理するため、人的ミスが発生しています。これらは、高成長時代に持続可能なビジネスを促進する材料とは言い難い状況です。

2000年代後半に登場したIPaaS(integration-platform-as-a-service)サービス・プロバイダーは、SaaSが残したギャップを埋めるものとしてタイムリーでした。企業のIT部門は、ビジネス・ニーズに合わせて様々なIPaaSプロバイダーから選択できるという恵まれた環境から大きな恩恵を受けています。

しかし近年、あるIPaaSプロバイダーが他の追随を許さない頭角を現してきました。Workatoは、そのノーコード/ローコード(LCNC)モデルを通じて、技術的な専門知識がほとんどないエンドユーザーでも統合を開始できるようにすることで、統合を再構築しました。

WorkatoをIPaaS市場のリーダー的存在に押し上げたのは、そのプラットフォームがユーザーによる自動化も可能にしている点です。ドラッグ&ドロップのような簡単なユーザー操作だけで、統合と自動化が実行できます。ユーザーには、自分が希望する方法で自動化を始められるという自由が与えられています。エンドユーザーへのこのような権限付与は、職場を多様化し、ビジネスを持続可能なものにし、組織を持続可能な成長へと導きます。

以下では、Workatoの統合および自動化プラットフォームが、組織の環境・社会・ガバナンスへの取り組みを促進する上で、今後どれだけ重要な役割を果たすようになるのかということを見ていきましょう:

ESGの取り組みを促進するための解決策

+ 報告書の合理化

Workato は、財務システム、顧客関係管理(CRM)システム、サプライチェーン管理システムなどの様々なソースからのデータ収集を自動化し、企業のパフォーマンスに関する洞察を提供するレポートを作成することができます。これにより、正確性と一貫性を向上させながら、時間とリソースを節約することができます。

+ リスクの追跡と管理

Workato は、炭素排出量や社会的コンプライアンス違反など、環境・社会・ガバナンスに関連する主要なリスク指標を監視し、アラートやワークフローを開始して、発生した問題に対処することができます。これにより、企業はESGリスクを積極的に管理し、関連する規制や基準を確実に遵守することができます。

+ データウェアハウス・プラットフォームとの統合

Workato は、Big Query や Snowflake などのデータウェアハウス・プラットフォームと統合し、企業のデータや格付けを自動的に取り込み、このデータを意思決定プロセスに活用することができます。

+ 持続可能性イニシアチブの自動化

Workato は、エネルギーや水の管理、廃棄物の削減、持続可能な調達など、持続可能性に関するイニシアチブの自動化をサポートします。これらの取り組みを自動化することで、企業は時間とリソースを節約しながら、目標に向けて前進することができます。

+ 従業員の幸福度状況の追跡が簡単に

従業員の幸福度を測定し、それをグラフの形で可視化するには、スプレッドシートを行ったり来たり、データをデータウェアハウジング・プラットフォームにエクスポートしたりと、骨の折れる手作業が必要です。そして、そのグラフを手作業で関係者にメールで送信する必要があります。スプレッドシート、データウェアハウジング・プラットフォーム、Eメールを統合することで、データウェアハウジング・プラットフォームにルールを設定し、スプレッドシートから従業員満足度データを自動的に抽出し、可視化してEメールで受信者に送信することができます。

使用例

ここでは、手作業で複数のステップを要するプロセスを、ドラッグ&ドロップの数回の操作で自動化する方法を紹介します。

Workato 導入前

自動化以前は、人事幹部は Googl eシート、Tableau、GMail を使い、3つの手動ステップで従業員満足度データを取得し、共有していました。

  1. 人事幹部は、従業員満足度に関する定期的な情報を含むGoogle Sheetsにアクセスし、手作業でデータを Tableau に転送。
  2. データが Tableau にアップロードされると、人事担当者は手動で従業員満足度を示す視覚的なグラフを取得。
  3. グラフを入手したら、人事担当役員はそのグラフを保存し、GMail に手作業で添付してから関係者に送信。

Workato 導入後

以下は、Workato で自動化を開始するいくつかのステップで、手動プロセスが完全に排除される例です。Workato を使用すると、人事の従業員がニーズに応じて自動化ルールをトリガーできるため、上記の3つのステップがすべて排除されます。トリガーとアクションによって自動化をカスタマイズするこのプロセスは、いわゆるレシピと呼ばれるものです。

トリガー

トリガーは、従業員満足度データを含む Google シート、 Tableau 、 GMail が統合された時点で実行されるスケジュールとアクションを指定します。

アクション

アクションにより、以下のプロセス全体を自動化するために実行する手順が決まります。

  1. スケジュールされた時間に基づいて、従業員の幸福度状況に関する電子メールを送信するトリガーを設定。
  2. Google フォームに記入された回答に基づいて、従業員の満足度データを含む Google シートを取得し、 Tableau に送信。
  3. Google スプレッドシートのデータを基に、 Tableau に視覚的なグラフやチャートを生成させ、関係者にTableauから画像を添付したメールを送信。

アジアの大手金融デジタルトランスフォーメーションコンサルタント会社であるポイントスター・コンサルティングのCEO、ミシェル・アルフォンソにとって、Workatoは、自動化によって反復作業を排除しようとする企業にとって画期的なもののようです。

「Workatoを使用する最大のメリットの1つは、事実上あらゆるアプリケーションやシステムと統合できることです。つまり、ビジネスクリティカルなツールやワークフローをすべて1つの中央プラットフォームでつなげることができ、時間と労力を節約できます。」

ポイントスター・コンサルティングCEO – ミシェル・アルフォンソ

Workatoの使いやすいインターフェイスとドラッグ&ドロップ機能により、コーディングの知識がなくても、誰でも簡単に複雑なワークフローを作成できます。これによって自動化が普及し、CEOから現場の従業員まで、組織の誰もがアクセスできるようになります。
ミシェル氏は、WorkatoのAI搭載プラットフォームによって、データに適応して学習するインテリジェントなワークフローを作成できると考えています。

「つまり、ワークフローは時間の経過とともに洗練され、より深い洞察とより良い結果をビジネスにもたらすことができるのです。」

ポイントスター・コンサルティングCEO – ミシェル・アルフォンソ
ESG