CaaS における Kaer のリーダーシップ:卓越した冷却とテクノロジーの融合

近年、Kaer はサービスとしての冷却 ( CaaS ) 市場の先駆者となっています。CaaS プロバイダーは、企業向けにエアコンやその他の冷却システムを所有し、保守しています。これにより、企業は独自の冷却システムを所有して管理するという複雑で資本集約的な作業が軽減されます。

70 年以上前の創業以来、 Kaer はアジアの企業への空調および冷却サービスの提供において常に先駆者であり続けています。 

1950 年代、Kaer はこの地域で最初のエアコン販売業者の 1 社であり、その後ターンキー請負業者になりました。

現在、環境、社会、ガバナンス (ESG) がビジネス界で話題になっているかもしれませんが、Kaer社は、気候変動運動がまだ本格化していなかった 30 年前に遡り、エネルギー効率の高い冷房の導入を先駆的に行ってきました。

CaaSとはどのようなビジネスモデルか

「Cooling-as-a-Service は、お客様が求めていたものを提供できるビジネス モデルです。お客様がビジネスの運営に集中できるように、お客様の空間に手間のかからないカーボン ニュートラルな冷却システムを提供します。 」と Kaer のディレクターである David Mackerness 氏は言います。

「私たちは今でもお客様のために冷却システムを設計し、構築しています。違いは、私たちがそれを所有し、運用し、そしてその成果物を販売するということです。私たちは、SaaS (Software-as-a-Service) が辿ってきた道のりを歩んでいます。」

アジアで急成長している CaaS プロバイダーとして、Kaer は 2,000 万平方フィートを超えるビジネス スペースにサービスを提供する商業ビルと工業ビルの両方に冷却サービスを提供しています。 

Kaer は、冷却業界における豊富な経験により、エネルギー効率の高い冷却システムを提供する独自の人工知能 (AI) ツールを開発することができました。同社は顧客に年間25,000 トンの二酸化炭素削減をもたらし、できるだけ早くカーボンニュートラルになることを目指しています。

シンガポールで開催された第 1 回 Sustainability Impact Awards で Impact Enterprise Excellence Awardの受賞者の 1 社に選ばれたKaer は、世界的機関であるバーゼル持続可能エネルギー庁 (Base) 傘下の Cooling as a Service Alliance の創設メンバーでもあります。

世界の電力消費量の 10% を冷却が占めており、その数は2050 年までに 3 倍になると予想されており、 Kaer は今後数年間、CaaS 市場のリーダーとなる完璧な立場にあります。これを認識している Kaer は、その栄誉に甘んじることはなく、常にクラウド テクノロジーが提供する最高のものを活用して、後追い集団の先を行くことを目指しています。

As-a-Service ビジネスへの移行に伴い、Kaer は新しいビジネス モデルに対応する新しい ERP システムの必要性を認識しました。「ビジネスの方向転換に伴い、サービスとしての冷却を実際にサポートするシステムに移行する必要がありました」と Dave 氏は付け加えます。

Kaer は、ビジネス プロセスを管理するために Oracle NetSuite ERP システムを選択しました。Dave 氏は、Kaer が Oracle NetSuite を選択した理由の 1 つとして Oracle NetSuite の柔軟性を挙げ、ビジネス ニーズに合わせてソリューションを調整することの重要性を強調しました。 

「サードパーティ製ソフトウェアを評価するときは、そのソフトウェアがどのように動作するかに囚われすぎないことが重要です。それがどのように機能するかは重要ではありませんが、それをどのように使用して顧客に価値をもたらすことができるかは非常に重要です。Oracle NetSuite チームのおかげで、単に何ができるかを説明するだけでなく、どのように使用できるかを実際に確認することができました。そしてそれが重要な違いです」と彼は言います。

そのために、Dave はまた、Oracle NetSuite for Kaer の実装に成功した配信パートナーとして PointStar Consulting に敬意を表しました。「Shearwater Japan は当社のビジネスを本当に理解しており、Oracle Nettsuite システムを使用して当社のビジネス、顧客、CaaS 運動に価値を加える方法を示してくれたと感じたので、Shearwater Japan と協力することができてうれしく思いました。」と述べています。