Archives 2月 2024

freee

freeeと予実管理システムの連携事例を解説

(freeeと予実管理システムの連携事例の動画は倍速再生が可能です↓)


<動画内容のサマリ>

・ベガコーポレーションが予実管理ツールを採用し、利益率強化に向けたプロジェクト開始

・予算実績管理をデジタル化して多角的な分析や情報の精度向上、業務効率化を図る

・売上データなどを集約統合し、的確な判断とスピーディな事業向上を狙う

・IT企業の特性から、組織変更に伴う複雑化やスピードへの対応が重要視される

・マネジメント層が注視するKPIにリアルタイム連携するダッシュボードの構築が重要

・会計システムとの連携がポイント

<その他 参考情報>

1)予算編成・プランニングクラウド「Workday Adaptive Planning」をベガコーポレーションが正式採用 ~利益率の強化に向け、予算実績管理の改善プロジェクトを開始~
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000054513.html

2)上場企業のDXプロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら

予実管理

予実管理のダッシュボードを実例で解説!

(動画は倍速再生が可能です↓)

<動画内容のサマリ>

・ダッシュボードは予実実管理における重要なテーマ

・経営者が数値管理を「見える化」したいという要望を持つことがある

・グラフ化されたデータは経営者に業績や着地点の早期把握を可能にする

・予実管理ツールはデータのグラフ化だけでなく、ドリルダウン操作も提供

・リアルタイムなダッシュボードは経営者に即座の情報提供を可能にする

・ダッシュボードは組織や地域ごとに、売上構成比などのデータを示す

・入力シートとダッシュボードは相互に連携し、リアルタイムにデータを更新・表示する

・ドリルダウン機能により、データの詳細な内訳を確認できる

・ダッシュボードはデータの視覚化と共有に重要な役割を果たす

・ダッシュボードはメンテナンスが必要。それができないと、IT担当者が作成し、運用が遅くなるリスクがある

・ダッシュボードの作成方法は、2つのステップでできる

・①最初のステップは、グラフの形を選ぶ。例えば、棒グラフや円グラフを選択

・②次のステップは、要素を選んでマウスでドラッグ&ドロップ

・入力シートと連動しており、データを引き出すことができるため、作業が早い

・ダッシュボードの作成はシンプルであり、利用者にとっても使いやすい

・共有機能があり、複数の人とレポートやダッシュボードを共有できる

・ダッシュボードの作成はシンプルで、ニーズに合わせてカスタマイズも可能

・BIツールとの違いは、入力とグラフがリアルタイムに連携している点

・データの入力や更新が容易であり、分析作業が効率的に行える

・ダッシュボードは、経営層が業績管理や予算と実績の把握を早く行いたいというニーズに基づいている

<その他 参考情報>

1)ダッシュボード、KPI管理のサンプル画像はこちら↓

予実管理 ダッシュボード

salesforceデータを利用したダッシュボードイメージ

予実管理 ダッシュボード salesforce

2)予実差異の分析における重要論点を動画解説

3)上場企業のDXプロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら

予算管理

セールスフォースと予算管理システムの連携事例を解説(上場企業)

(動画は倍速再生が可能です↑)

<動画内容のサマリ>

・予算管理クラウドシステムとsalesforceの連携事例

・セールスフォースと予算管理クラウドが連携し、売上の予実管理として機能

・データ連携により、一元化や二重入力の削減が可能になる

・システム連携により、案件管理や売上予測の効率化が図られる

・リアルタイムなデータを活用し、業績管理や予算管理が円滑に行える

<その他 参考情報>

1)salesforceと予実管理ツールを連携した事例記事はこちら

2)上場企業のDXプロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら

シームレスなスケーラビリティ:Oracle NetSuite がビジネスの成長戦略に与える影響

デジタル時代の企業にとって、持続的な成功には適応して拡張する能力が最も重要です。組織は成長を目指す中で、現在のニーズを満たすだけでなく、将来も運用できるソリューションを求めています。 

Oracle NetSuite は、シームレスな拡張性とビジネス成長戦略への大きな影響で話題を呼んでいるクラウドベースのエンタープライズ リソース プランニング (ERP) システムです。

スケーラビリティの本質を理解する

スケーラビリティは単なる流行語ではありません。これは、企業が滞りなく事業を拡大できるようにする基本的な特性です。本質的なスケーラビリティにより、企業は増大するワークロードと需要を効率的に処理できるようになり、選択したソリューションが組織と並行して成長できるようになります。

Oracle NetSuite は、スケーラブルなビジネス成長の領域で変革をもたらす力として際立っています。同社のクラウドベースの ERP システムは、企業の進化するニーズに適応する堅牢な基盤を提供します。ここでは、Oracle NetSuite がどのようにしてシームレスなスケーラビリティを実現するのか、そしてそれがビジネスの成長戦略に与える影響について詳しく見ていきます。

カスタマイズの柔軟性

Oracle NetSuite は高度な柔軟性を備えているため、企業は独自のワークフローやプロセスに合わせてシステムをカスタマイズできます。この適応性により、完全な見直しを必要とせずに、ERP ソリューションが組織とともに進化し、ビジネス モデル、製品提供、市場戦略の変化に対応できるようになります。

リアルタイムの可視性と洞察

効果的なスケーラビリティの基礎の 1 つは、情報に基づいて迅速に意思決定を行う能力です。Oracle NetSuite のリアルタイム分析およびレポート機能は、企業の業務に対する比類のない可視性を提供します。これにより、リーダーは成長の機会を特定し、プロセスを最適化し、その場で戦略的な意思決定を行うことができます。

サードパーティ製アプリとの簡単な統合

相互接続されたデジタル環境では、企業は多くの場合、さまざまな機能を合理化するために一連のアプリケーションに依存しています。Oracle NetSuite のオープン アーキテクチャにより、サードパーティ アプリケーションとのシームレスな統合が可能になります。CRM、電子商取引プラットフォーム、または特殊な業界ソリューションのいずれであっても、NetSuite は組織とともに成長する一貫したエコシステムを保証します。

増大するワークロードに対応するスケーラブルなインフラストラクチャ

ビジネス量が増加するにつれて、IT インフラストラクチャの需要も増加します。Oracle NetSuite はクラウドベースのソリューションであり、ストレージ、コンピューティング能力、ネットワーク リソースの点で柔軟な拡張性を提供します。これは、企業が需要に応じてスケールアップまたはスケールダウンできることを意味し、追加のハードウェアに多額の設備投資をすることなく、最適なパフォーマンスを確保できます。

事業成長戦略への影響

Oracle NetSuite のシームレスなスケーラビリティがビジネスの成長戦略に及ぼす影響は多面的です。

市場動向への機敏な対応

変化する市場状況に迅速に適応できるため、Oracle NetSuite を使用する企業は競争力を維持できます。新しい市場への参入、革新的な製品の発売、消費者行動の変化への対応など、NetSuite がもたらす俊敏性が積極的な成長戦略をサポートします。

コスト効率とリソースの最適化

スケーラビリティは、成長に対応することだけを意味するものではありません。費用対効果の高い方法でそれを行うことも重要です。Oracle NetSuite のスケーラブルなインフラストラクチャと効率化ツールはリソースの最適化に貢献し、運用コストを比例的に増加させることなくビジネスを拡張できるようにします。

顧客エクスペリエンスの向上

スケーラブルな ERP システムは、顧客エクスペリエンスの向上につながります。Oracle NetSuiteが提供するリアルタイムの洞察により、企業は顧客のニーズをより深く理解し、製品をパーソナライズし、シームレスなサービスを提供して、持続可能な成長に不可欠な要素である顧客ロイヤルティと支持を促進できます。

まとめOracle NetSuite による将来性の確保

絶えず変化するビジネス環境において、成功の鍵はシームレスな拡張能力です。Oracle NetSuite のクラウド ERP システムは、当面のビジネス ニーズに対応するだけでなく、長期的な成功への準備も整えます。単に効率を向上させるだけでなく、組織が今日のダイナミックな市場で革新し、競争し、繁栄する方法に大きな影響を与えます。企業が成長を計画する際、Oracle NetSuite は信頼できるパートナーとして機能し、拡張ビジョンを持続可能な現実に変えるために必要な拡張性を提供します。

BLOG_NO-1-ERP

サービス 中心の企業向けの No.1 クラウド ERPについて解説

サービス 業に特化したクラウド ERP をお探しですか?進化し続けるクラウド ERP (エンタープライズ リソース プランニング) システムの状況において、Oracle NetSuite はイノベーションと卓越性の先駆けとして高くそびえ立っています。 

Oracle NetSuite がその地位を獲得したのは偶然ではありません。実際、同社は2022 年の Gartner マジック クアドラントのサービス中心企業向けクラウド ERP のリーダーに選ばれており、この名誉あるクアドラントで 4 年連続でリーダーとしての地位を確立しています。 

しかし、Oracle NetSuite が サービス 中心の企業向けのクラウド ERP として優れた選択肢となる理由は何でしょうか? そのリーダー的地位の背後にある理由を掘り下げてみましょう。

サービス中心の焦点

Gartner は、サービス中心の企業を、具体的な製品ではなく顧客にサービスを提供する企業として分類しています。この広範な定義には、専門サービス、医療、教育などの業界が含まれます。 

Oracle NetSuite は、これらのビジネスを念頭に置いて特別に設計されており、サービス中心の企業固有のニーズを満たすように機能を調整しています。

包括的なソリューション

Oracle NetSuite は単なる ERP システムではありません。これは、サービス中心の組織を強化するために設計されたツールと機能の包括的なスイートです。その主な機能の一部を次に示します。

顧客関係管理 (CRM)

Oracle NetSuite は、サービス中心のビジネスの重要な側面である顧客との強力な関係を構築および維持するのに役立ちます。

プロジェクト管理

プロジェクトの開始から完了まで効率的に管理し、プロジェクトが計画どおりに予算内に収まるようにします。

財務管理 

会計から予算編成まで、強力な財務管理ツールを使用して財務を管理します。

在庫管理 

在庫をリアルタイムで追跡し、必要なときに必要なものを確実に入手できるようにします。

人事管理 

採用から給与計算まで、すべて 1 つのプラットフォームで従業員を効果的に管理します。

電子商取引 

電子商取引業務をビジネス戦略全体とシームレスに統合します。

スケーラビリティと使いやすさ

Oracle NetSuite の際立った機能の 1 つは、そのスケーラビリティです。お客様のビジネスは成長し、Oracle NetSuite もお客様とともに成長できます。さらに、非常にユーザーフレンドリーなので、実装と日常の使用が簡単かつ効率的になります。

Oracle NetSuiteを選択するメリット

それでは、Oracle NetSuite はサービス中心の企業にどのような具体的なメリットをもたらすのでしょうか?

効率の向上

Oracle NetSuite は多くのビジネス プロセスを自動化し、戦略的なタスクに時間とリソースを解放します。

視認性の向上

Oracle NetSuite を使用すると、データの統合ビューが得られ、データに基づいた意思決定が可能になり、ビジネスを前進させることができます。

俊敏性の向上

Oracle NetSuite はクラウドベースであるため、いつでもどこからでもアクセスできます。この柔軟性により、市場の変化に迅速に適応できます。

コスト削減

Oracle NetSuite は、オンプレミスのハードウェアとソフトウェアの必要性を排除することで、IT コストを大幅に削減できます。

Oracle NetSuiteが群をリードする理由

サービス中心の企業市場向けのクラウドERPにおけるOracle NetSuiteのリーダーシップには、いくつかの要因が寄与しています。

強力な製品提供 

Oracle NetSuite は、CRM からプロジェクト管理まで、サービス中心のビジネス固有のニーズに合わせた包括的な ERP 機能スイートを提供します。

優れた顧客満足度 

高い顧客満足度評価は、一流の顧客サービスとサポートを提供するという Oracle NetSuite の取り組みを裏付けています。

継続的なイノベーション 

Oracle NetSuite は常に進化しており、サービス中心の企業にとって最優先の選択肢であり続けるために新機能を追加しています。

スケーラビリティと柔軟性 

Oracle NetSuite はクラウドベースであるため、拡張性が高く、変化するビジネス ニーズに適応できます。

未来は明るい

サービス中心の企業向けの世界のクラウド ERP 市場は、2027 年までに 1,300 億米ドルに達すると予測されており、大きな成長の機会を示しています。主な要因としては、クラウド ソリューションの需要、リアルタイムのデータ インサイト、サブスクリプション ベースのモデルの人気などが挙げられます。

ただし、レガシー システムとの統合、セキュリティ上の懸念、熟練したリソースの不足などの課題は依然として残っています。Oracle NetSuite は、広範な機能と継続的なイノベーションを備えており、これらの課題をうまく解決するための最良のソリューションとなります。

まとめ

業務を合理化し、効率を高め、収益性を向上させたいと考えているサービス中心の企業であれば、Oracle NetSuite が最適です。その包括的な機能、優れた顧客満足度、継続的なイノベーション、拡張性により、クラウド ERP 市場での主要な選択肢となっています。

数字は嘘をつきません。ERP の次の時代に導くために Oracle NetSuite を選択した企業にとって、未来は間違いなく明るいです。

oracle-netsuite.png
BLOG_NS-SELECT-CLOUD

クラウド ERP を選択する際のポイントや注意点について解説

適切な クラウド ERP ( エンタープライズ リソース プランニング ) システムを選択することは、組織の運営と全体的な成功に広範囲に影響を与える可能性がある重要な決定です。 

クラウドERPシステムは、財務、人事、在庫管理、顧客関係管理など、さまざまなビジネス機能とプロセスを統合する包括的なソフトウェア ソリューションとして機能します。これらは、データ管理、分析、意思決定のための一元化されたデータベースと統合プラットフォームを提供し、現代のビジネスにとって不可欠なツールとなっています。

適切なクラウドERPシステムを導入すると、効率の向上、コラボレーションの向上、データの可視性の向上、プロセスの合理化、顧客サービスの強化、リソース割り当ての最適化など、大きなメリットが得られます。 

ただし、市場には選択肢が豊富にあるため、適切なクラウドERPソリューションを選択するプロセスは複雑になる場合があります。この記事は、組織固有のニーズと目標に沿った選択を行うための貴重な洞察とガイドラインを提供することで、クラウド ERPの選択プロセスを簡素化することを目的としています。

クラウド ERP選択の準備: 問題点の特定とオプションの再評価

問題点の特定

選考プロセスに入る前に、組織が直面している問題点と課題を特定することが重要です。 

クラウドERPソリューションの必要性を示す一般的な問題には、労働集約的でエラーが発生しやすいプロセス、アプリケーション間の手動データ転送、業務運営の可視性の欠如、古い、不正確、または不完全なビジネス データが含まれます。これらの課題に対処することは、効率とデータ精度の向上を達成するために非常に重要です。

クラウド ERPオプションを評価する

適切なクラウド ERPを選択するための最初のステップは、組織のニーズと将来の要件を評価することです。すぐにメリットをもたらすモジュールと、数年後には必須となるモジュールをリストします。新しい導入の場合、多くの場合、セキュリティ、拡張性、費用対効果を提供するクラウドベースの ERP ソリューションが自然な選択肢となります。

戦略を確認する

クラウド ERPの導入戦略を慎重に検討してください。クラウド ERPを段階的に導入すると、「ビッグバン」の一括導入と比較してリスクを軽減できます。移行をよりスムーズに行うためには、レガシー システムを一定期間並行して実行することも価値がある場合があります。組織固有の状況と目的に基づいて戦略を定義します。

クラウド ERPベンダーに尋ねるべき 9 つの質問

クラウド ERPベンダーを評価するときは、次の重要な質問を考慮してください。

システムコスト

ベンダーは、現在の製品と将来必要になる可能性のある機能の価格設定をどのように構成していますか? アップグレード、新しいリリース、バグ修正を処理するプロセスはどのようなものですか?

実装

クラウド ERPシステムの導入コストはどれくらいかかりますか? プロジェクト中の潜在的なコスト増加を防ぐにはどうすればよいですか?また、スコープのクリープを管理するにはどうすればよいでしょうか?

構成可能性

ベンダーは私たちの具体的なニーズとプロセスを理解していますか? クラウド ERPシステムはカスタマイズに対応できるほど柔軟ですか? ベンダーの実装チームはカスタマイズをどのように処理しますか?

ユーザーフレンドリーさ

ベンダーは私たちの具体的なニーズとプロセスを理解していますか? クラウド ERPシステムはカスタマイズに対応できるほど柔軟ですか? ベンダーの実装チームはカスタマイズをどのように処理しますか?

タイムライン

クラウド ERPの導入にはどれくらいの時間がかかると予想されますか?また、現在の業務に混乱が生じる可能性はありますか? 同様のお客様の導入プロセスはどうでしたか?また、導入中に当社はどのようなリソースを提供する必要がありますか?

プロジェクト管理

ベンダーは私たちと協力して、成功に向けた関連マイルストーンを作成してくれるでしょうか? 導入中の進捗を誰もが確実に確認できるように、ビジネス ニーズに合わせてマイルストーンをどのように調整するのでしょうか?

アップデート

ベンダーはどのようにしてクラウド ERPシステムにアップデートを提供しますか? 新機能は追加料金で提供されますか?また、更新にはインストールに専門家の支援が必要ですか?

データ移行

ベンダーは古いビジネス システムから新しいクラウド ERPへのデータの移行をどのように処理しますか? ベンダーは当社と同様のシステムからのデータ移行の経験がありますか?

アドオン

要件に応じて追加できるさまざまなモジュールがベンダーから提供されていますか? ベンダーは、既製の統合や特殊な機能を提供するパートナーの広範なネットワークを持っていますか? クラウド ERP システムに新しいユーザーまたは機能を追加するプロセスはどのくらい簡単ですか

主要なクラウド ERP機能

組織のニーズを満たすために、次の一般的なクラウド ERP機能を検討してください。

会計

AP および AR プロセスを自動化し、総勘定元帳と補助元帳をリアルタイムで更新します。

財務計画と分析

将来の売上、経費、プロジェクトの成果を予測します。

在庫管理

サプライチェーン全体で製品の動きを追跡し、在庫レベルを監視します。

注文管理

注文を効率的にルーティングし、受け取りから配送までの進捗状況を追跡します。

プロフェッショナル サービスの自動化

プロジェクトの進捗状況を監視し、請求と経費を管理します。

製造業

生産スケジュールを作成し、生産計画に合わせてリソースを調整します。

CRM

顧客とのコミュニケーションを記録し、販売見込み客を管理し、基本的なマーケティング キャンペーンを管理します。

まとめ

適切なクラウド ERPシステムを選択することは、業務効率を高め、ビジネスの成功を達成するための重要なステップです。問題点を特定し、クラウド ERPオプションを評価し、戦略を確認し、適切な質問をすることで、選択プロセスを合理化し、クラウド ERPシステムが組織固有のニーズと目標に完全に適合することを確認できます。適切なクラウド ERPを導入すれば、組織は進化し続けるビジネス環境の中で成長することができます。

oracle-netsuite.png
BLOG_NS-SELECT-CLOUD

ビジネスにクラウドERPシステムのモジュール機能が役立つ理由について解説

今日の急速に進化する ビジネス 環境において、クラウド ERP (エンタープライズ リソース プランニング) システムは、企業が業務効率を達成できるようにする上で重要な役割を果たしています。これは、主要なビジネス プロセスを統合プラットフォームに統合し、リアルタイムの洞察と日常のワークフローに対するシームレスなサポートを提供することによって実現されます。

この記事では、クラウド ERP システムの主要コンポーネントのいくつかと、それが各業務運営の効率向上にどのように貢献し、企業がより適切なデータ管理と組織内の各部門間の緊密な連携によるシームレスな作業環境の構築にどのように役立つかを検討します。 。

クラウドERPシステム コンポーネント: それは何ですか?

クラウド ERP は、特定の ビジネス 機能を処理するために作成された、「モジュール」と呼ばれる特殊なアプリケーションで構成されるシステムです。これらのモジュールは、一元化されたクラウド ERP システム データベースの構成要素を形成し、組織のデータとプロセスの包括的なビューを提供します。

これらのコンポーネントを単一のプラットフォームに統合することで、クラウド ERP システムは、企業が部門ごとにさまざまな個別のソフトウェアに投資する必要性を排除し、すべての関係者が同じ情報にアクセスできるようにします。一般的なクラウド ERP コンポーネントには、会計、財務管理、人事 (HR)、顧客関係管理 (CRM)、調達、サプライ チェーン管理 (SCM) が含まれます。

前述の各コンポーネントはデータを収集し、それぞれのビジネス部門のプロセスをサポートします。その後、クラウド ERP システムはこれらのモジュールからのデータを統合および一元化し、ビジネス データを統合してエンドツーエンドの調整を強化し、組織全体の効率と意思決定のサポートを確保します。

オールインワン ERP システムは、包括的なソリューションを求める確立された企業に適した包括的なモジュール スイートを提供します。モジュール式のクラウド ERP ソフトウェアは、企業が特定のニーズ、業務、課題に基づいて関連コンポーネントを選択して組み合わせることができ、時間の経過とともに拡張するオプションも備えているため、柔軟性が得られます。たとえば、中規模の電子商取引会社は在庫と倉庫管理を優先する一方、小規模なサービスベースの組織は CRM とプロジェクト管理モジュールに重点を置く可能性があります。

クラウド ERP がビジネスに役立つコンポーネントの一部を次に示します。

会計および財務管理

クラウド ERP は、企業が財務活動を一元管理し、買掛金、売掛金、予算、予測などの要素を追跡および分析できるようにする会計および財務ソリューションを提供します。他のモジュールと統合され、情報に基づいた意思決定のための正確な組織全体の財務情報が提供されます。請求、請求書発行、財務報告を自動化することでエラーが減り、従業員が他の業務に専念できるようになります。財務計画チームは、重要なレポートやステートメントの最新データから恩恵を受けます。

人事 (HR)

クラウド ERP システムの HR コンポーネントは、採用、従業員記録、業績評価、給与処理などの従業員管理を合理化します。これにより、企業は管理タスクから戦略的最適化に移行し、エンゲージメント、生産性、人員計画に従業員データを活用できるようになります。

顧客関係管理 (CRM)

クラウドERPシステムの CRM コンポーネントは顧客と見込み顧客の情報を一元管理し、対話の強化、プロセスの自動化、貴重な洞察を可能にします。他のクラウド ERP コンポーネントや会計、受注管理、マーケティングなどの機能と統合されます。リアルタイムの顧客データは、営業およびマーケティング チームが行動を理解し、改善すべき領域を特定するのに役立ちます。 

ビジネスインテリジェンス (BI)

クラウド ERP システムのビジネス インテリジェンス (BI) コンポーネントはデータ分析を簡素化し、企業が相関関係を追跡し、情報に基づいた意思決定を行えるようにします。リアルタイムの洞察と予測モデルを提供し、データ処理を自動化し、使いやすいダッシュボードに情報を表示します。BI は、組織の連携を強化し、懸念事項を検出し、顧客満足度の向上とビジネスの成長のためのマーケティング戦略に情報を提供します。

サプライチェーンマネジメント (SCM)

クラウド ERP の SCM コンポーネントは、調達から配送までのサプライ チェーン プロセス全体を管理します。これには、資材の移動を追跡し、返品を処理し、調達、製造、物流、在庫、倉庫、注文管理などの特殊なコンポーネントが含まれています。モジュール式セットアップでは、企業はベンダーの追跡や集中システムでの購入リクエストの管理など、特定のニーズに基づいて関連する SCM コンポーネントをアクティブ化できます。

製造および物流管理

クラウド ERP システムの製造および物流コンポーネントは、生産計画、品質保証、流通、履行を自動化します。正確な部品表 (BOM) の作成を合理化し、バージョン管理による変更のリアルタイム追跡を可能にします。

在庫管理

ERP システムの在庫管理コンポーネントは、在庫レベルを最適化し、過剰在庫を削減し、可視性と管理を向上させるためのリアルタイム データを提供します。これにより、購入の意思決定が強化され、コストが削減され、在庫切れが防止されます。財務、サプライヤー、倉庫、製造データとの統合により、収益性が向上します。補充、サイクルカウント、需要予測の自動化により、管理が強化され、エラーが減少します。

倉庫管理

ERPシステムの倉庫管理コンポーネントは、倉庫業務を最適化し、コストを削減し、注文の履行を向上させます。製品の整理、保管、移動を合理化し、データを分析して非効率を特定し、プロセスを強化します。商品の追跡と梱包が改善されることで、倉庫の生産性が向上し、より迅速な顧客配送が保証されます。

oracle-netsuite.png

ERP を選ぶ際のポイントとお客様の課題や問題を解決するソリューションをご紹介

当社はお客様のデジタル変革への取り組みをサポートし続ける一方で、エンタープライズ リソース プランニング ( ERP ) システムの価値をお客様が理解できるよう支援する方法を常に模索しています。

同時に、お客様が製品の選択とプロジェクトの開始に関する意思決定を行う際に当社を優先していただけるよう、当社の製品の機能と ERP 導入チームの専門知識を適切に紹介するよう努めています。

しかし、ERP の利点をクライアントに効果的に伝えるにはどうすればよいでしょうか?

このシナリオを想像してみてください。私の上司は、私たちの メッセージ及びクラウドソリューションに関する説明は明確で、専門的で、興味深いものであり、顧客にどのような価値を提供できるかを伝えるべきだとよく言います。そうしないと、顧客は魅力を感じない可能性があるためです。

ご存知のとおり、私の上司は私やスチームメンバーに対し、非常に多くの期待を持っています。

ホームページやコンテンツ制作、もしくはマーケティング資料を作成する場合において、効果的なクラウドソリューション製品に関する説明を行っていくのと同様に、ERP のような管理システムに関する説明も数多くのお客様の要望に応える必要があります。具体的に何が求められるのか、どのような機能が必要なのか見てみましょう。

  • フレキシブル
  • 拡張可能またはスケーラブル
  • カスタマイズ可能
  • 総合的な機能を備えている
  • ビジネスの成長を支援する
  • 組み込み型ビジネスインテリジェンス
  • 経済的ニーズを満たす
  • 販売および運用上の要件に応える
  • 物流やサプライチェーンの需要
  • 国境を越えた国際的な要件にも対応

この観点から見ると、お客様は高品質の ERP に対して、私の上司がクラウドソリューション製品に関する説明に対して求める以上の要件及び要望を持っています。

また、ビジネスの意思決定者として、ERP の導入がなぜ重要なステップなのかを理解できなければなりません。ERPシステムの導入を成功させるためにも、次の点を考慮してください。

  • 財務と運営の統合における課題
  • リアルタイムに視覚化されたビジネス データの欠如
  • エラーと時間のかかる手動プロセス
  • 厳しい監査要件と、
  • 国際税務コンプライアンス
  • 予算計画に関連する高いリスク

ただし、ERP システムの導入は難しい場合ががあることにも注意が必要です。機能が乏しく、ユーザー エクスペリエンスが低く、データが不正確な、時代遅れの ERP システムについて考えてください。これらすべてが、情報に基づいたビジネス上の意思決定を行う能力を大きく妨げ、DX の推進が失敗してしまう可能性があります。

このため、適切な製品を選択し、熟練したプロジェクト実装チームを擁することが、すべてのビジネス リーダーが健全な意思決定を行うために考慮することが求められます。さらに、プロジェクトを実装する熟練したチームがなければ、高額なメンテナンス コスト、時代遅れのテクノロジ、および標準以下の運用サービスが残され、ERP導入プロジェクトの成功の可否にネガティブな影響を及ぼします。

これらの課題に対処するには、高品質のソフトウェアと有能なプロジェクト実装チームを選び、綿密に コミュニケーションしていくことが重要であると理解しましょう。熟練したチーム と繋がり、適切なサポートを受けて導入、そして運用をしていくことが、ERP導入プロジェクトを成功させる鍵であると覚えておくべきです。

また多くのお客様は、高性能で高品質のERPの選択と導入に対する多くの要求を抱えているだけでなく、非常に高い期待も持っています。

優れたコピーライティング、すなわち メッセージや製品説明、マーケティング用の文章を作成する上で、この状況を比較してみましょう。

私たちは宣伝コピーやパッケージの提案を洗練させることにのみ没頭していた時期がありました。私たちはこれを非常に真剣に受け止め、ターゲット顧客が必要とする読書体験と具体的な価値をすべての単語や文章で確実に伝えられるようになったと言えます。

このプロセス全体を通じて、営業チーム、実装チーム、さらにはカスタマー サポート チームもこの コピーライティング の取り組みに参加しました。徐々に、小さなコピーライティングの タスクからすべてのプロジェクトの立ち上げに至るまで、私たちが達成したすべてのことが 結果指向で効率的になったのです。これにより、仕事の品質が向上し、顧客が緊急に必要としている価値が提供できる体制が整いました。

高度なスキルを持つ実装チームを選択し、最高品質のERPソリューションを選択することが重要であると捉えて、しっかりとしたサポートと安心および信頼できるパートナーと繋がることが大切です。

ERP と EPM のどちらを導入するかお悩みの方におすすめのソリューション

Oracle NetSuite

Oracle NetSuite(公式ページ) は、組織が重要なビジネス・プロセスを合理化し、重要なことに集中し、市場の変化に迅速に対応し、機敏に将来のビジネス・チャンスを捉えながら、より多くの価値を生み出すのに役立ちます。財務管理からサプライチェーン管理、請求管理に至るまで、NetSuite Enterprise Cloud ERP ソフトウェアは、成長と継続的なイノベーションを加速する強力な推進力を企業に与えます。

BlackLine

BlackLine(公式ページ)は、単一のクラウド プラットフォーム上でシステムとデータを統合し、銀行の照合やその他の手動手順を自動化することで企業の簿記プロセスを最新化するクラウドベースの財務および会計ソフトウェアです。

Workday Adaptive Planning

Workday Adaptive Planning(公式ページ)はさまざまな規模の企業に予算編成、予測、レポート、分析のソリューションを提供します。業界をリードするアクセシビリティと、複雑な計画に必要なセキュリティ、拡張性、柔軟性を誇ります。ERP/GL またはその他のデータ ソースにシームレスに接続することで、ビジネス チームが財務情報に簡単にアクセスし、データ分析を強化し、より迅速な意思決定を行うことができます。

まとめ

ビジネス及び事業活動において、すべての段階で結果を達成し、効率を最大化することに重点を置くには、戦略的かつ適切に構造化されたアプローチを採用することが重要です。最終的に、ERP プロジェクトの成功は、高度なスキルを持つ実装チームの選択と、最適な ERPソリューションの選択という 2 つの重要な決定を下すことにかかっています。これらの選択は、ERPプロジェクトがビジネスに与える影響を決定するため、どれだけ注力してもしすぎることはありません。

ERPシステムの選択と導入は、優れたコピーライティングを作成することと驚くほど類似しています。どちらの取り組みも高い期待を伴い、正確さと細部への注意が求められます。企業はさまざまな要求だけでなく、高い期待にも取り組んでいます。そうですね、上司が設定した厳格な基準とよく似ています。

ERP 導入にお悩みなら是非ともお問い合わせを!

飲食業界 と 日用品メーカー にクラウドERPシステムがもたらすメリット

インフレによる食品価格の上昇とサプライチェーンの遅れが、食品・飲料、 飲食業界 の混乱の一因となっています。その結果、消費財(CPG)メーカーは自社の戦略や製品を再評価し、この不確実な時期に消費者行動の変化を考慮することさえ余儀なくされています。

これに加えて、環境問題や持続可能な実践、食品ロスや廃棄物、それらの処理方法などに対する消費者の関心が高まっています。これらの問題は、F&B 業界、ひいては CPG メーカーを弱体化させるだけでなく、リソースの無駄が経済的損失をもたらすため、収益性にも影響を及ぼします。

これらには、原材料の調達、加工、梱包、輸送、保管に関連するコストが含まれます。これらの財務上の損失は、日用品企業の収益性と全体的な財務健全性に重大な影響を与える可能性があります。

したがって、食品のロスと廃棄を最小限に抑えるための効果的なソリューションを見つけることは、食品および飲料の CPG 部門の長期的な成功と存続にとって非常に重要です。

クラウド テクノロジー、特にエンタープライズ リソース プランニング (ERP) ソリューションなどのソリューションの利用可能性は、この差し迫った問題に対処する有望な手段となります。ERP ソリューションは、農場から小売店までのサプライ チェーンを追跡および最適化するための高度な技術ツールを提供することにより、食品ロスや廃棄物との戦いにおいて日用品メーカーにとって不可欠な味方となります。 

この記事では、この世界的な懸念に対処するためのテクノロジーの極めて重要な役割を探り、サプライチェーンのあらゆる段階で損失を最小限に抑える包括的なツールの必要性を明らかにします。

食品業界および日用品メーカーにおける ERP の持続可能な取り組み

ERP を活用した持続可能性への取り組みの領域を掘り下げ、それが食品と飲料の CPG 環境をどのように変革しているかを探ってみましょう。

持続可能な調達のためのサプライチェーンプロセスの合理化

ERP システムはサプライ チェーンのリアルタイムの可視性を提供し、企業が在庫レベルを追跡し、生産プロセスを監視し、潜在的なボトルネックや遅延を特定できるようにします。この可視性は、サプライ チェーンの混乱の管理と軽減に役立ちます。

トレーサビリティと透明性の向上

透明性を求める消費者の需要が高まる中、ERP ソリューションは食品業界や日用品業界のトレーサビリティに革命をもたらしています。これらのシステムは、リアルタイムの追跡と監視を通じて、農場から棚までの製品の移動を包括的に可視化します。このエンドツーエンドのトレーサビリティにより、食品の安全性が向上するだけでなく、消費者が倫理的な調達や公正な取引慣行などの持続可能性の基準に基づいて情報に基づいた選択をできるようになります。

リソース管理の最適化

効率的なリソース管理は、持続可能な運営の重要な側面です。ERP システムは、エネルギー、水、梱包材などのリソースの使用状況に関するデータを企業が追跡するための強力なツールを提供します。これらのデータを取得して分析することで、企業は非効率な領域を特定し、廃棄物の削減と保全のための戦略を実行できます。これはコスト削減を促進するだけでなく、組織の全体的な持続可能性目標にも貢献します。

循環経済の実践を実現する

廃棄物を最小限に抑え、資源利用を最大限に活用することを目的として、循環型経済への移行が日用品市場だけでなく食品業界でも勢いを増しています。ERP システムは、効率的な逆物流プロセスを可能にし、製品や梱包材の返品、再利用、リサイクルを容易にすることで、この移行を促進します。リバース サプライ チェーン機能を統合することで、企業はループを閉じて無駄を削減し、より持続可能な運営アプローチを採用することができます。

データドリブンの持続可能性レポート

環境目標の進捗と順守を実証するには、持続可能性指標の正確な測定と報告が不可欠です。堅牢なレポート機能を備えた ERP システムは、持続可能性のパフォーマンスを収集、分析、レポートする手段を企業に提供します。このデータ主導のアプローチにより、透明性と説明責任が強化され、ステークホルダーの信頼が促進され、効果的な持続可能性ガバナンスが促進されます。

まとめ 

持続可能性が食品業界や日用品市場で中心的な役割を果たし続ける中、ERP 対応の取り組みがより持続可能な未来への道を切り開いています。 

テクノロジーの力を活用することで、企業は持続可能な実践を中核事業に統合し、環境や社会にプラスの影響を与えることができます。サプライ チェーン プロセスの最適化から循環経済原則の採用に至るまで、ERP システムは、より持続可能で回復力のある業界を形成するのに役立ちます。

oracle-netsuite.png

CaaS における Kaer のリーダーシップ:卓越した冷却とテクノロジーの融合

近年、Kaer はサービスとしての冷却 市場の先駆者となっています。プロバイダーは、企業向けにエアコンやその他の冷却システムを所有し、保守しています。これにより、企業は独自の冷却システムを所有して管理するという複雑で資本集約的な作業が軽減されます。

70 年以上前の創業以来、 Kaer はアジアの企業への空調および冷却サービスの提供において常に先駆者であり続けています。 

1950 年代、Kaer はこの地域で最初のエアコン販売業者の 1 社であり、その後ターンキー請負業者になりました。

現在、環境、社会、ガバナンス (ESG) がビジネス界で話題になっているかもしれませんが、Kaer社は、気候変動運動がまだ本格化していなかった 30 年前に遡り、エネルギー効率の高い冷房の導入を先駆的に行ってきました。

CaaSとはどのようなビジネスモデルか

「Cooling-as-a-Service は、お客様が求めていたものを提供できるビジネス モデルです。お客様がビジネスの運営に集中できるように、お客様の空間に手間のかからないカーボン ニュートラルな冷却システムを提供します。 」と Kaer のディレクターである David Mackerness 氏は言います。

「私たちは今でもお客様のために冷却システムを設計し、構築しています。違いは、私たちがそれを所有し、運用し、そしてその成果物を販売するということです。私たちは、SaaS (Software-as-a-Service) が辿ってきた道のりを歩んでいます。」

アジアで急成長している Cooling-as-a-Serviceプロバイダーとして、Kaer は 2,000 万平方フィートを超えるビジネス スペースにサービスを提供する商業ビルと工業ビルの両方に冷却サービスを提供しています。 

Kaer は、冷却業界における豊富な経験により、エネルギー効率の高い冷却システムを提供する独自の人工知能 (AI) ツールを開発することができました。同社は顧客に年間25,000 トンの二酸化炭素削減をもたらし、できるだけ早くカーボンニュートラルになることを目指しています。

シンガポールで開催された第 1 回 Sustainability Impact Awards で Impact Enterprise Excellence Awardの受賞者の 1 社に選ばれたKaer は、世界的機関であるバーゼル持続可能エネルギー庁 (Base) 傘下の Cooling as a Service Alliance の創設メンバーでもあります。

世界の電力消費量の 10% を冷却が占めており、その数は2050 年までに 3 倍になると予想されており、 Kaer は今後数年間、CaaS 市場のリーダーとなる完璧な立場にあります。これを認識している Kaer は、その栄誉に甘んじることはなく、常にクラウド テクノロジーが提供する最高のものを活用して、後追い集団の先を行くことを目指しています。

As-a-Service ビジネスへの移行に伴い、Kaer は新しいビジネス モデルに対応する新しい ERP システムの必要性を認識しました。「ビジネスの方向転換に伴い、サービスとしての冷却を実際にサポートするシステムに移行する必要がありました」と Dave 氏は付け加えます。

CaaS

Kaer は、ビジネス プロセスを管理するために Oracle NetSuite ERP システムを選択しました。Dave 氏は、Kaer が Oracle NetSuite を選択した理由の 1 つとして Oracle NetSuite の柔軟性を挙げ、ビジネス ニーズに合わせてソリューションを調整することの重要性を強調しました。 

「サードパーティ製ソフトウェアを評価するときは、そのソフトウェアがどのように動作するかに囚われすぎないことが重要です。それがどのように機能するかは重要ではありませんが、それをどのように使用して顧客に価値をもたらすことができるかは非常に重要です。Oracle NetSuite チームのおかげで、単に何ができるかを説明するだけでなく、どのように使用できるかを実際に確認することができました。そしてそれが重要な違いです」と彼は言います。

そのために、Dave はまた、Oracle NetSuite for Kaer の実装に成功した配信パートナーとして Shearwater Japan に敬意を表しました。「Shearwater Japan は当社のビジネスを本当に理解しており、Oracle Nettsuite システムを使用して当社のビジネス、顧客、CaaS 運動に価値を加える方法を示してくれたと感じたので、Shearwater Japan と協力することができてうれしく思いました。」と述べています。

oracle-netsuite.png