ERP を選ぶ際のポイントとお客様の課題や問題を解決するソリューションをご紹介

当社はお客様のデジタル変革への取り組みをサポートし続ける一方で、エンタープライズ リソース プランニング ( ERP ) システムの価値をお客様が理解できるよう支援する方法を常に模索しています。

同時に、お客様が製品の選択とプロジェクトの開始に関する意思決定を行う際に当社を優先していただけるよう、当社の製品の機能と ERP 導入チームの専門知識を適切に紹介するよう努めています。

しかし、ERP の利点をクライアントに効果的に伝えるにはどうすればよいでしょうか?

このシナリオを想像してみてください。私の上司は、私たちの メッセージ及びクラウドソリューションに関する説明は明確で、専門的で、興味深いものであり、顧客にどのような価値を提供できるかを伝えるべきだとよく言います。そうしないと、顧客は魅力を感じない可能性があるためです。

ご存知のとおり、私の上司は私やスチームメンバーに対し、非常に多くの期待を持っています。

ホームページやコンテンツ制作、もしくはマーケティング資料を作成する場合において、効果的なクラウドソリューション製品に関する説明を行っていくのと同様に、ERP のような管理システムに関する説明も数多くのお客様の要望に応える必要があります。具体的に何が求められるのか、どのような機能が必要なのか見てみましょう。

  • フレキシブル
  • 拡張可能またはスケーラブル
  • カスタマイズ可能
  • 総合的な機能を備えている
  • ビジネスの成長を支援する
  • 組み込み型ビジネスインテリジェンス
  • 経済的ニーズを満たす
  • 販売および運用上の要件に応える
  • 物流やサプライチェーンの需要
  • 国境を越えた国際的な要件にも対応

この観点から見ると、お客様は高品質の ERP に対して、私の上司がクラウドソリューション製品に関する説明に対して求める以上の要件及び要望を持っています。

また、ビジネスの意思決定者として、ERP の導入がなぜ重要なステップなのかを理解できなければなりません。ERPシステムの導入を成功させるためにも、次の点を考慮してください。

  • 財務と運営の統合における課題
  • リアルタイムに視覚化されたビジネス データの欠如
  • エラーと時間のかかる手動プロセス
  • 厳しい監査要件と、
  • 国際税務コンプライアンス
  • 予算計画に関連する高いリスク

ただし、ERP システムの導入は難しい場合ががあることにも注意が必要です。機能が乏しく、ユーザー エクスペリエンスが低く、データが不正確な、時代遅れの ERP システムについて考えてください。これらすべてが、情報に基づいたビジネス上の意思決定を行う能力を大きく妨げ、DX の推進が失敗してしまう可能性があります。

このため、適切な製品を選択し、熟練したプロジェクト実装チームを擁することが、すべてのビジネス リーダーが健全な意思決定を行うために考慮することが求められます。さらに、プロジェクトを実装する熟練したチームがなければ、高額なメンテナンス コスト、時代遅れのテクノロジ、および標準以下の運用サービスが残され、ERP導入プロジェクトの成功の可否にネガティブな影響を及ぼします。

これらの課題に対処するには、高品質のソフトウェアと有能なプロジェクト実装チームを選び、綿密に コミュニケーションしていくことが重要であると理解しましょう。熟練したチーム と繋がり、適切なサポートを受けて導入、そして運用をしていくことが、ERP導入プロジェクトを成功させる鍵であると覚えておくべきです。

また多くのお客様は、高性能で高品質のERPの選択と導入に対する多くの要求を抱えているだけでなく、非常に高い期待も持っています。

優れたコピーライティング、すなわち メッセージや製品説明、マーケティング用の文章を作成する上で、この状況を比較してみましょう。

私たちは宣伝コピーやパッケージの提案を洗練させることにのみ没頭していた時期がありました。私たちはこれを非常に真剣に受け止め、ターゲット顧客が必要とする読書体験と具体的な価値をすべての単語や文章で確実に伝えられるようになったと言えます。

このプロセス全体を通じて、営業チーム、実装チーム、さらにはカスタマー サポート チームもこの コピーライティング の取り組みに参加しました。徐々に、小さなコピーライティングの タスクからすべてのプロジェクトの立ち上げに至るまで、私たちが達成したすべてのことが 結果指向で効率的になったのです。これにより、仕事の品質が向上し、顧客が緊急に必要としている価値が提供できる体制が整いました。

高度なスキルを持つ実装チームを選択し、最高品質のERPソリューションを選択することが重要であると捉えて、しっかりとしたサポートと安心および信頼できるパートナーと繋がることが大切です。

ERP と EPM のどちらを導入するかお悩みの方におすすめのソリューション

Oracle NetSuite

Oracle NetSuite(公式ページ) は、組織が重要なビジネス・プロセスを合理化し、重要なことに集中し、市場の変化に迅速に対応し、機敏に将来のビジネス・チャンスを捉えながら、より多くの価値を生み出すのに役立ちます。財務管理からサプライチェーン管理、請求管理に至るまで、NetSuite Enterprise Cloud ERP ソフトウェアは、成長と継続的なイノベーションを加速する強力な推進力を企業に与えます。

BlackLine

BlackLine(公式ページ)は、単一のクラウド プラットフォーム上でシステムとデータを統合し、銀行の照合やその他の手動手順を自動化することで企業の簿記プロセスを最新化するクラウドベースの財務および会計ソフトウェアです。

Workday Adaptive Planning

Workday Adaptive Planning(公式ページ)はさまざまな規模の企業に予算編成、予測、レポート、分析のソリューションを提供します。業界をリードするアクセシビリティと、複雑な計画に必要なセキュリティ、拡張性、柔軟性を誇ります。ERP/GL またはその他のデータ ソースにシームレスに接続することで、ビジネス チームが財務情報に簡単にアクセスし、データ分析を強化し、より迅速な意思決定を行うことができます。

まとめ

ビジネス及び事業活動において、すべての段階で結果を達成し、効率を最大化することに重点を置くには、戦略的かつ適切に構造化されたアプローチを採用することが重要です。最終的に、ERP プロジェクトの成功は、高度なスキルを持つ実装チームの選択と、最適な ERPソリューションの選択という 2 つの重要な決定を下すことにかかっています。これらの選択は、ERPプロジェクトがビジネスに与える影響を決定するため、どれだけ注力してもしすぎることはありません。

ERPシステムの選択と導入は、優れたコピーライティングを作成することと驚くほど類似しています。どちらの取り組みも高い期待を伴い、正確さと細部への注意が求められます。企業はさまざまな要求だけでなく、高い期待にも取り組んでいます。そうですね、上司が設定した厳格な基準とよく似ています。

ERP 導入にお悩みなら是非ともお問い合わせを!