予実管理のダッシュボードを実例で解説!

(動画は倍速再生が可能です↓)

<動画内容のサマリ>

・ダッシュボードは予実実管理における重要なテーマ

・経営者が数値管理を「見える化」したいという要望を持つことがある

・グラフ化されたデータは経営者に業績や着地点の早期把握を可能にする

・予実管理ツールはデータのグラフ化だけでなく、ドリルダウン操作も提供

・リアルタイムなダッシュボードは経営者に即座の情報提供を可能にする

・ダッシュボードは組織や地域ごとに、売上構成比などのデータを示す

・入力シートとダッシュボードは相互に連携し、リアルタイムにデータを更新・表示する

・ドリルダウン機能により、データの詳細な内訳を確認できる

・ダッシュボードはデータの視覚化と共有に重要な役割を果たす

・ダッシュボードはメンテナンスが必要。それができないと、IT担当者が作成し、運用が遅くなるリスクがある

・ダッシュボードの作成方法は、2つのステップでできる

・①最初のステップは、グラフの形を選ぶ。例えば、棒グラフや円グラフを選択

・②次のステップは、要素を選んでマウスでドラッグ&ドロップ

・入力シートと連動しており、データを引き出すことができるため、作業が早い

・ダッシュボードの作成はシンプルであり、利用者にとっても使いやすい

・共有機能があり、複数の人とレポートやダッシュボードを共有できる

・ダッシュボードの作成はシンプルで、ニーズに合わせてカスタマイズも可能

・BIツールとの違いは、入力とグラフがリアルタイムに連携している点

・データの入力や更新が容易であり、分析作業が効率的に行える

・ダッシュボードは、経営層が業績管理や予算と実績の把握を早く行いたいというニーズに基づいている

<その他 参考情報>

1)ダッシュボード、KPI管理のサンプル画像はこちら↓

予実管理 ダッシュボード

salesforceデータを利用したダッシュボードイメージ

予実管理 ダッシュボード salesforce

2)予実差異の分析における重要論点を動画解説

3)上場企業のDXプロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら