AIが奪う経営企画の仕事とその対策

近年、AI(人工知能)の進化により、多くの産業や業務が大きく変化しています。その中で、経営企画の仕事もAIによって大きな影響を受けています。では、具体的にどのような経営企画の仕事がAIに奪われる可能性があるのでしょうか?また、その対策は何でしょうか?以下では、それについて初心者でもわかりやすく解説します。

——————————————–

<AIが奪う仕事>

1.データ分析と予測 2.戦略立案 3.意思決定の支援

<人間が打つべき対策>

1.AIとの共存 2.人間にしかできない仕事に注力 3.スキルのアップデート

——————————————–

  1. データ分析と予測
    • これまで経営企画の中心的な仕事の1つは、市場動向や顧客の行動などのデータを分析し、将来のトレンドや需要を予測することでした。しかし、AIの登場により、大量のデータを高速かつ正確に分析し、予測する能力が向上しました。そのため、従来は人間が行っていたデータ分析や予測の仕事が、AIに置き換えられる可能性があります。
  2. 戦略立案
    • 経営企画のもう1つの重要な仕事は、戦略立案です。市場や競合状況を分析し、企業の将来の方向性や目標を定めることが求められます。しかし、AIは膨大なデータをもとに戦略を提案することが可能であり、人間が考える以上の多くのパターンを検討することができます。そのため、AIが戦略立案の一部を担う可能性があります。
  3. 意思決定の支援
    • 経営企画の上位に位置する役職者が重要な意思決定をする際には、データや分析結果をもとにしたサポートが必要です。AIは大量の情報を処理し、リアルタイムで意思決定を支援することができます。そのため、役員や経営者の意思決定の補助としてAIが活用されることが増える可能性があります。

では、これらの経営企画の仕事がAIに奪われることになると、経営企画の専門家はどのような対策を取るべきでしょうか?

  • AIとの共存
    • AIが経営企画の一部を担うことは避けられない現実です。そのため、人間とAIが協力し合うことで、より効果的な意思決定や戦略立案が可能となります。人間がAIの提供する情報を適切に解釈し、判断を下すことが重要です。
  • 人間にしかできない仕事に注力
    • AIが得意とするデータ分析や予測の仕事に代わって、人間は創造性や戦略的思考に重点を置く必要があります。人間の経験や直感に基づいた判断は、AIには難しい部分です。そのため、経営企画の専門家は人間特有の能力を活かす仕事に注力することが重要です。
  • スキルのアップデート
    • AIの技術は日々進化しています。経営企画の専門家は、AIやデータ分析のスキルを継続的に学習し、自己成長を図る必要があります。また、AIを活用するためのプログラミングやデータ解析のスキルも重要です。

結論として、AIの進化により経営企画の仕事は大きく変化していますが、経営企画の専門家が適切な対策を取ることで、AIと共存し、より効果的な経営戦略の策定や意思決定を行うことが可能となります。

<その他 参考情報>

1)予実管理ツールで搭載されたAIができることとは?↓

2)AIを搭載した予実管理ツールを採用した企業のデジタル事例集はこちら(記事解説)

3)上場企業のDXプロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら