Archives 3月 2024

原価目標管理

Workday Adaptive Planning 導入事例:データ活用による原価目標管理

導入先企業:キリンビール株式会社
導入システム:Workday Adaptive Planning(公式ホームページ

Workday Adaptive Planningを導入後は、原価管理帳票の定型化と自動化が出来るようになりました。これら帳票の標準化が進む事よって、工場ごとの資料のばらつきがなくなり、各工場がそれぞれ作成していた資料も1工場が作成すればすぐに横展開できるようになりました」

続きは資料ダウンロード>>

Form Submission - Download

This form is required for visitor to download the whitepapers and/or datasheets.

*」は必須フィールドを示します

roic

ROICで何がわかる?

「ROICで何がわかる?」

投資した資本がどれだけ効率的に利益を生み出しているかを知るための重要な指標、それがROIC(Return on Invested Capital:投下資本利益率)です。

具体的には、企業が事業に投じた資金(投下資本)がどれだけの利益(純営業利益)を生み出しているかを百分率で表します。この数値が高ければ高いほど、企業は資本を効率的に使っていると評価されます。

では、ROICを計算する方法を見てみましょう。ROICは以下の式で求められます:

ROIC=純営業利益投下資本×100ROIC=投下資本純営業利益​×100

ここで、「純営業利益」とは、事業から直接生じた利益のことを指し、一方で「投下資本」とは、株主資本と負債を合わせたものです。

ROICを理解することで、投資家や経営者は企業のパフォーマンスをより深く把握できます。特に、異なる業種や企業間での比較分析において、ROICは非常に有用です。たとえば、同じ業界の異なる会社が同じレベルの収益を上げていても、より低い投資でそれを実現している会社の方が、効率的に資本を使っていると評価されます。

また、ROICは企業が将来にわたって持続可能な成長を達成できるかどうかを判断するのにも役立ちます。高いROICを持つ企業は、投資した資本に対して高いリターンを生み出しており、それが継続する限り、より多くの収益と価値を生み出す可能性が高いと考えられます。

まとめると、ROICは企業の健全性、効率性、そして成長の持続可能性を評価する上で非常に有意義な指標です。投資家はもちろん、経営戦略を練る上でも、この数値は重要な基準となります。

<その他 参考情報 FP&A PBR netsuite erp SAP

1)スプレッドシートによる管理会計では利益率が改善しない理由を、経営管理部の担当者が解説 Tableau IFRS

2)財務効率を上げるDXプロジェクトの事例はこちら(記事一覧)

3)上場企業の利益率を改善させるステップを解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちらから資料請求をしてください。

DXを実現するクラウドソリューションについてはこちら

fp&a

fp&aがつまらないと感じる原因

1. FP&Aの基本的な理解

FP&A(財務計画および分析)とは、企業の財務成績を予測し、戦略的な計画を策定するプロセスです。このプロセスには、予算の設定、業績の分析、将来の財務戦略の策定が含まれます。しかし、これらの作業が単調で退屈に感じられることがあります。

2. FP&Aが退屈に感じる主な原因

FP&Aの作業が退屈に感じる最も一般的な原因の一つは、繰り返し行われるルーチンワークです。毎月同じレポートを作成し、似たような分析を繰り返すことで、創造性が抑制され、モチベーションが低下することがあります。

3. テクノロジーを利用した効率化

この問題に対処する一つの方法は、テクノロジーの活用です。自動化ツールや財務分析ソフトウェアを導入することで、単調な作業を効率化し、より戦略的なタスクに集中する時間を増やすことができます。

4. スキルの向上とキャリアの進展

FP&Aの作業をより充実させるためには、新しいスキルを身につけることも重要です。例えば、データサイエンスやビジネスインテリジェンスに関する知識を学ぶことで、より深い分析が可能になり、業務がより刺激的になります。

5. コミュニケーションとチームワーク

また、チーム内のコミュニケーションを改善し、共同でのプロジェクトに取り組むことも、FP&Aの業務を活性化させる一つの方法です。チームワークを通じて新たなアイデアや視点を得ることができます。

6. パーソナライズされたアプローチ

最後に、自分自身の関心や強みに基づいて業務をカスタマイズすることも有効です。自分が最も興味を持てる分野やアプローチに焦点を当てることで、FP&Aの仕事に新たな意味を見出すことができます。

これらのセクションは、FP&Aの業務がなぜ退屈に感じられるかという問題を明確にし、実用的な解決策を提供しています。読者がFP&Aの業務に新たな興味を持つきっかけとなることを願っています。

<その他 参考情報>

1)FP&Aツールの顧客評価で世界1位に!

2)2023年にユーザ評価サイト2冠達成(記事解説)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000054513.html

3)FP&Aツールの導入プロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら

IR 小売業

IR資料の作り方

1.はじめに

IR(Investor Relations)資料は、企業が株主や投資家に対して自社の業績や戦略を伝える重要なツールです。

このガイドでは、IR資料の作成手順やポイントについて解説します。

2.IR資料の必要性

IR資料は、投資家や株主に企業の業績や将来の展望をわかりやすく伝えることが目的です。

適切なIR資料を作成することで、投資家の信頼を築き、資本市場での評価を高めることができます。

3.IR資料の作成手順

まず、IR資料の目的やターゲットオーディエンスを明確にします。

次に、企業の業績や戦略に関する情報を収集し、整理します。

IR資料のデザインやフォーマットを決定し、適切なグラフや図表を活用して情報を視覚的に示します。

最後に、文言や表現に注意を払い、正確かつ分かりやすい内容に仕上げます。

4.IR資料の主な要素

IR資料には、企業の概要やビジョン、業績ハイライト、財務情報、戦略的展望などが含まれます。

また、リスク要因や業界動向などの情報も適切に記載することが重要です。

5.IR資料の配布方法

IR資料は、企業のウェブサイトやIRポータルを通じて公開されることが一般的です。

また、投資家向けのイベントや会議などでも配布され、質疑応答の場で補足説明が行われることもあります。

6.まとめ

IR資料は、企業と投資家とのコミュニケーションを円滑にする重要なツールです。

適切な情報の収集と整理、分かりやすい表現とデザイン、効果的な配布方法を選択することで、効果的なIR資料を作成することができます。

<その他 参考情報 FP&A PBR netsuite erp SAP

1)中期経営計画でDX強化施策を発表した企業事例はこちら(記事解説)

2)上場企業のDXプロセスを動画で解説した「非公開レポートFP&A PBR netsuite erp SAP」をご希望の方はこちら

DXを実現するクラウドソリューションについてはこちら

ROIC

ROICの問題点

1. ROICとは何か?

ROICとは、企業がどの程度効率的に資本を使って利益を生み出しているかを示す指標です。具体的には、税引き後の営業利益(NOPAT: Net Operating Profit After Tax)を使って計算され、投資された資本(株主資本と負債の合計)に対する利益の割合を示します。高いROICは、企業が資本を上手に使っていることを意味し、通常はポジティブに捉えられます。

2. ROICの計算方法

ROICの計算は比較的簡単です。公式は次のとおりです: ROIC=NOPAT投資された資本ROIC=投資された資本NOPAT​ ここで、NOPATは税引き後の営業利益で、企業の主要な事業活動から得られる純利益です。投資された資本は、株主資本(普通株式、優先株式、保留収益)と企業の借入金(長期および短期の負債)の合計です。

3. ROICの利点

ROICの主な利点は、企業の資本利用の効率を評価する際の明確さにあります。投資家はこの指標を使用して、企業がどれだけの利益を資本に対して生み出しているかを判断できます。これは、特に異なる業種や規模の企業間での比較に役立ちます。

4. ROICの問題点

しかし、ROICにはいくつかの問題点もあります。最も大きな問題は、計算に使われる数値(特にNOPATと投資された資本)が会計基準や企業の判断によって大きく変わることがあるため、異なる企業間での比較が難しいことです。また、ROICは短期的な業績変動に影響を受けやすく、長期的な投資の効果を十分に反映しない可能性があります。

5. ROICを使う際の注意点

ROICを分析する際は、他の財務指標と併用することが重要です。特に、資本のコスト(WACC:Weighted Average Cost of Capital)と比較してROICを評価することで、企業が株主に対して適切なリターンを提供しているかどうかが分かります。また、一定期間にわたるROICのトレンドを見ることで、より包括的な企業評価が可能になります。

<その他 参考情報 FP&A PBR netsuite erp SAP

1)スプレッドシートによる管理会計では利益率が改善しない理由を、経営管理部の担当者が解説 Tableau IFRS

2)財務効率を上げるDXプロジェクトの事例はこちら(記事一覧)

3)上場企業の利益率を改善させるステップを解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちらから資料請求をしてください。

DXを実現するクラウドソリューションについてはこちら

管理会計

管理会計とFP&Aの違い

  1. イントロ

この記事では、管理会計とFP&A(Financial Planning & Analysis)についての基本的な概要を説明します。これらは会計領域の重要な概念であり、企業が経営や戦略的な意思決定を行う際に不可欠な役割を果たします。しかし、その違いを理解することは初心者にとっても重要です。

 2.管理会計の概要

管理会計は、企業内の意思決定を支援するために内部で行われる会計の一種です。管理会計の目的は、企業の業績を計測し、内部報告や意思決定に活用することです。これには、予算編成、費用計算、パフォーマンス評価などが含まれます。管理会計は、企業の内部での経営資源の効率的な配分や問題解決を支援します。

 3.FP&Aの概要

一方、FP&Aは財務部門の一部門であり、財務的な観点からビジネスの計画や予測を行うことに特化しています。FP&Aの主な役割は、予算の策定、財務モデリング、業績の分析、将来のリスクや機会の予測などです。FP&Aは、企業が財務面で効果的な意思決定を行うための情報を提供することに焦点を当てています。

 4.違いのポイント

管理会計とFP&Aの違いは、そのスコープと焦点にあります。管理会計は、企業内の意思決定を支援するために内部で行われ、業績や効率性などを評価します。一方、FP&Aは財務部門で行われ、財務的な観点からビジネスの計画や予測を行い、財務部門内での意思決定を支援します。つまり、管理会計は企業内の意思決定に焦点を当て、FP&Aは主に財務面の計画や予測に焦点を当てています。

 5.まとめ

管理会計とFP&Aは、企業の意思決定を支援するための重要な概念であり、それぞれ異なる役割と焦点を持っています。管理会計は、企業内での意思決定を支援し、経営資源の効率的な配分や問題解決を行います。一方、FP&Aは財務部門で行われ、財務的な観点からビジネスの計画や予測を行い、財務部門内での意思決定を支援します。両者の違いを理解することで、企業はより効果的な意思決定を行い、持続可能な成長を達成することができます。

<その他 FP&A・管理会計に関する参考情報

1)FP&Aツールの顧客評価で世界1位に!

2)2023年にユーザ評価サイトで2冠達成(記事解説)

3)FP&Aツールの導入プロセスを動画で解説した「上場企業非公開レポートFP&A」をご希望の方はこちら

DXを実現するクラウドソリューションについてはこちら

東証

東証がPBRの改善要請をした理由

—————————————————-

  1. はじめに:PBRとは何か
    • PBR(株価純資産倍率)の基本的な定義と計算方法。
    • PBRが投資判断にどのように使われるかの概要。
  2. 東京証券取引所の役割と重要性
    • 東京証券取引所の概要と、なぜその決定が重要なのか。
    • 証券取引所が企業に対してどのような影響を持つか。
  3. 東証によるPBR改善要請の背景
    • 東証がPBRの改善を要請するに至った経済的・市場的背景。
    • PBRが低いことが市場や企業に与える影響。
  4. 改善要請の具体的内容と目的
    • 東証から出された具体的な要請内容。
    • これらの要請が達成しようとする長期的な目的。
  5. 企業にとっての影響と対応策
    • PBR改善要請が企業にどのような影響を及ぼすか。
    • 企業が取りうる対応策とその実施における課題。
  6. 投資家への意味と今後の市場展望
    • 投資家にとってこの要請がどのような意味を持つか。
    • PBRの改善が市場全体にどのような影響を与えるかの展望。
  7. まとめと今後の見通し
    • 記事の要点のまとめ。
    • 今後の市場動向や企業行動に対する予測。

—————————————————-

1. はじめに:PBRとは何か

PBR(株価純資産倍率)の基本的な定義と計算方法

PBRとは、「Price Book-value Ratio」の略で、日本語では「株価純資産倍率」と呼ばれます。この指標は、株式会社の株価がその会社の「純資産」と比べてどの程度の評価を受けているかを表します。

純資産とは、企業の総資産から総負債を差し引いた額です。これは会社が持つ資産の純価値のことであり、会社の健全性の指標とも言えます。

PBRの計算方法は非常にシンプルです。株式の市場価格をその企業の1株当たり純資産で割ることで求められます。式で表すと、PBR = 株価 ÷ 1株当たり純資産(BPS)となります。

PBRが投資判断にどのように使われるかの概要

PBRは投資判断の際に非常に重要な指標となります。一般的に、PBRが1未満であれば、その株式は純資産に比べて割安と見なされます。これは、理論的にはその会社が全資産を売却して負債を全て返済した場合、残る純資産の方が市場価値よりも大きいことを意味します。逆に、PBRが1を超える場合は、市場がその企業の将来性や収益力を高く評価していると解釈されます。

ただし、PBRだけで株式投資の判断をするのは危険です。なぜなら、業界や企業の特性によってPBRの「適正値」は異なり、また会計上の純資産額が市場価値と常に一致するとは限らないからです。したがって、PBRは他の財務指標や市場環境と併せて考慮することが重要です。

この章では、PBRの基本的な概念と計算方法、そしてそれが投資判断にどのように使われるかを説明しました。次章では、東京証券取引所の役割と、なぜその決定が重要なのかについて詳しく見ていきましょう。

2. 東京証券取引所の役割と重要性

東京証券取引所の概要

東京証券取引所(通称:東証)は、日本の金融市場における中心的な存在です。この証券取引所では、多くの企業が株を公開しており、投資家たちはこれらの株式を売買します。東証は、株式の流動性(簡単に売買できること)を確保し、公正な市場価格の形成を促進する重要な役割を果たしています。この取引所は、市場の健全性を維持し、ルールに基づいた取引を行うための規制と監視を行っています。

その決定が重要な理由

東証の決定がなぜ重要なのかというと、それは市場全体に影響を与える力を持っているからです。東証が特定の基準や規制を設けることで、それに従う企業の経営方針や投資家の投資戦略が変わる可能性があります。たとえば、企業の健全性や透明性を高めるような規制が導入されれば、それに沿った経営が求められ、結果的に投資家にとって魅力的な市場環境が作られるのです。

証券取引所が企業に与える影響

証券取引所は、企業に対して直接的にも間接的にも大きな影響を与えます。直接的には、企業が新たに株式を発行したり、株式を市場から取り除いたりする際に重要な役割を果たします。また、取引所は企業に対して一定の基準を満たすことを要求します。これにより、企業はより良い経営を心がけ、投資家にとって魅力的な選択肢となることを目指すことになります。間接的には、証券取引所が市場に与える信頼と安定性が、企業に資金を調達する機会を提供します。市場が安定していれば、企業はより低いコストで資金を調達でき、その結果、成長と拡大の機会が増えるのです。

3. 東証によるPBR改善要請の背景

経済的・市場的背景

東京証券取引所(東証)がPBR(株価純資産倍率)の改善を要請する背景には、いくつかの重要な経済的および市場的要因があります。まず、PBRが市場における企業価値の重要な指標であることを理解する必要があります。PBRが低いということは、企業の株価がその純資産に比べて低く評価されていることを意味します。これは、投資家がその企業の将来性や収益能力に対して懐疑的であることを示唆している場合が多いです。

経済全体の観点から見ると、市場全体のPBRが低い状態が続くと、それは市場が成熟していない、または投資家にとって魅力的ではないことを示している可能性があります。これは外国投資家を含む潜在的な投資家にとってネガティブなシグナルとなり、市場全体の資本流入が制限される原因となる可能性があります。

PBRが低いことの影響

PBRが低いことが市場や企業に与える影響は多岐にわたります。企業にとっては、低いPBRはその企業の株式が過小評価されているというサインであり、企業価値の向上や資金調達の機会を逃している可能性があります。これは企業の成長や戦略的な投資、研究開発などへの再投資を妨げる可能性があるため、長期的な競争力に影響を及ぼすことがあります。

市場全体にとっては、PBRが一般的に低い状態が続くと、その市場が低成長、またはリスクが高いと捉えられることがあります。これは投資家にとって市場の魅力を低下させ、結果としてその市場への投資が減少する可能性があります。これが、東証がPBRの改善を要請する重要な理由の一つとなっています。市場の健全性を保ち、投資家にとって魅力的な環境を維持するために、PBRの改善が重要なのです。

4.改善要請の具体的内容と目的

東京証券取引所(東証)からの最近の発表は、市場に大きな影響を与えています。東証は、上場企業に対してPBR(株価純資産倍率)の改善を積極的に求めています。この章では、東証がどのような要請を行ったのか、そしてその要請が持つ深い意味について掘り下げていきます。

東証から出された具体的な要請内容

東証の要請は、企業が自己資本に見合った適切な株価水準を維持することを目的としています。具体的には、PBRが1未満の企業、つまり市場価値が帳簿上の純資産よりも低い企業に対して、財務戦略の見直しやビジネスモデルの改善、効率的な資本利用などを通じてPBRの向上を図るよう求めています。これには、適切な配当政策の設定や株式の買い戻しなどの具体的な手段も含まれます。

これらの要請が達成しようとする長期的な目的

東証のこの動きの背景には、日本の株式市場全体の健全性と競争力を高めるという大きな目的があります。PBRが低い状態が続くと、企業の成長意欲が低下したり、投資家に対する魅力が減少したりする恐れがあります。東証は、企業の健全な成長と株式市場の活性化を促進することで、国際的にも競争力のある市場環境を作り出すことを目指しています。

このような要請は、企業が自身の価値を市場に正しく伝え、投資家からの信頼を得るための機会でもあります。長期的に見れば、企業の健全な成長と市場全体の発展に貢献し、投資家、企業、市場が共に恩恵を受ける可能性が高まるでしょう。

5.企業にとっての影響と対応策

東京証券取引所(東証)によるPBR改善要請は、上場企業にとって重要な影響をもたらします。この章では、その影響と、企業が取りうる対応策、さらにその実施に伴う課題について詳しく見ていきましょう。

PBR改善要請が企業にどのような影響を及ぼすか

東証の要請は、企業に対して、財務構造や事業戦略を見直す契機を提供します。PBRが低いと判断される企業は、市場からの評価が自己資本に見合わないとみなされるため、経営効率化や事業の再編成、さらには資本政策の見直しを迫られることになります。これらの改善措置は、中長期的には企業価値の向上に寄与する可能性がありますが、短期的には大きな財務的負担や経営戦略の変更に直面することもあります。

企業が取りうる対応策とその実施における課題

企業がPBRを改善するためには、効率的な資本利用や収益性の高い事業への投資が鍵となります。具体的な対応策としては、不採算事業の見直し、資産の効率的な活用、財務構造の最適化(例えば、借入れの減少や株式の買い戻し)、または収益性の高い新規事業への投資などが考えられます。しかし、これらの措置は、企業の既存のビジネスモデルや社内文化に大きな変化をもたらすため、実施には時間とコストがかかり、また社内外の抵抗に直面することもあります。長期的視点と持続可能な成長戦略の策定が、成功の鍵となるでしょう。

このような対応策は、企業の経営陣にとって重要な戦略的決定を迫るものです。市場や投資家の信頼を得るためには、透明性の高い経営と効果的なコミュニケーションが不可欠であり、企業の未来を形作る重要なステップとなります。

6.投資家への意味と今後の市場展望

東京証券取引所(東証)のPBR改善要請は、投資家にとっても重要な意味を持ちます。この章では、投資家にとってのこの要請の意味と、PBRの改善が将来的に市場全体にどのような影響を与える可能性があるかを考察します。

投資家にとってこの要請がどのような意味を持つか

投資家にとって、PBRは企業が市場に適正に評価されているかを判断するための一つの指標です。東証からのPBR改善要請は、市場全体の健全性と透明性の向上を促す動きと解釈できます。この要請により、企業は自身の資産価値を正しく反映させ、投資家に対してより魅力的な投資先となることが期待されます。これは、投資家がより情報に基づいた投資決定を行える環境が整うことを意味し、市場の質の向上に貢献します。

PBRの改善が市場全体にどのような影響を与えるかの展望

PBRの改善は、市場全体にプラスの影響をもたらすと予想されます。企業の経営が効率化し、資本がより効果的に使用されるようになることで、市場全体の生産性が向上する可能性があります。また、企業価値が正しく評価されることで、投資家の信頼が高まり、市場への新規資金の流入が促されることも期待されます。長期的には、健全な市場環境が投資家、企業、そして経済全体の成長を支える基盤となり得ます。

このような市場環境の改善は、投資家にとって多様な投資機会の提供とリスクの低減を意味します。また、より透明で健全な市場は、投資家に対して長期的な投資戦略を促し、安定した資産成長を目指す環境を提供することになります。この動向は、市場の将来像に大きな影響を与える重要なステップとなるでしょう。

7.まとめと今後の見通し

本記事では、東京証券取引所(東証)によるPBR(株価純資産倍率)改善要請の意味と、それが市場や企業に与える影響について解説してきました。ここでは、その要点をまとめ、今後の市場動向や企業行動に対する予測を展望します。

記事の要点のまとめ

  • PBRは企業の市場評価を測る重要な指標であり、東証は特にPBRが低い企業に対して改善を要請しています。
  • この要請は、企業に財務構造の最適化やビジネスモデルの見直しを促し、経営効率の向上を目指すものです。
  • 投資家にとっては、より健全で透明性の高い市場環境が期待され、長期的な投資判断の基準が提供されます。

今後の市場動向や企業行動に対する予測

短期的には、一部の企業では経営戦略の見直しや資本政策の変更が必要になり、市場に一定の動揺が見られるかもしれません。しかし、長期的には、東証の要請が市場全体の健全性と競争力を高める契機となることが期待されます。企業にとっては、投資家からの信頼を獲得し、持続可能な成長を達成するための重要なステップです。

また、透明性と効率性が重視される市場環境は、新たな投資機会を生み出し、より多様な投資家を惹きつけることにも繋がるでしょう。市場全体の活性化と、投資家にとっての魅力的な選択肢の増加が期待されます。

今後も、東証の政策や企業の対応が、日本の株式市場の動向に大きな影響を与え続けることは間違いありません。投資家、企業、そして市場全体の健全な発展を目指す動きから目が離せません。

<その他 参考情報 FP&A PBR

1)上場を目指すベンチャー取締役への予実管理 強化プロセスをインタビュー↓


2)上場企業の業績管理DX事例集はこちら

3)業績管理のDXツール導入プロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら

DXを実現するクラウドソリューションについてはこちら

netsuite

NetSuiteの評判は?初心者向けに解説

—————————————–

1.NetSuiteとは何か?

2.NetSuiteの主な特徴

3.NetSuiteの利点

4.NetSuiteの評判

5.結論

—————————————–

第1章: NetSuiteとは何ですか?

NetSuiteは、クラウドベースの統合型ビジネス管理ソフトウェアであり、企業が財務、顧客関係、在庫管理、eコマースなどのさまざまな業務を一元化して管理することを可能にします。このプラットフォームは、中小企業から大手企業まで幅広い規模の企業に利用されています。

第2章: NetSuiteの主な特徴

NetSuiteは、その包括的な機能セットと柔軟性によって注目されています。主な特徴には、財務管理、顧客管理、在庫管理、注文管理、プロジェクト管理、マーケティング管理、およびeコマースなどが含まれます。これにより、企業はさまざまな業務を一つの統合されたプラットフォームで管理できます。

第3章: NetSuiteの利点

NetSuiteの利点は多岐にわたります。まず第一に、クラウドベースのソフトウェアであるため、場所を選ばずにアクセスできることが挙げられます。また、統合されたプラットフォームであるため、データの一貫性と可視性が向上し、意思決定の迅速化が可能となります。さらに、柔軟性が高く、カスタマイズが容易であり、成長に応じて拡張することができます。

第4章: NetSuiteの評判

NetSuiteの評判は一般的に高いです。多くのユーザーがその包括的な機能と使いやすさを称賛しています。また、クラウドベースの性質により、導入およびメンテナンスが比較的容易であるという点も好評です。ただし、個々のニーズや業界によっては、他のソフトウェアがより適している場合もありますので、十分な調査と検討が重要です。

第5章: 結論

NetSuiteは、企業が業務を効率的に管理し成長するための強力なツールの一つです。その包括的な機能セットと柔軟性により、さまざまな業界や規模の企業に利用されています。ただし、最適なソリューションを見つけるためには、独自のニーズや目標に基づいた適切な検討が必要です。

<参考情報

1.NetSuite採用インタビュー動画

2.クラウドERPによる海外展開の強化:アダストリア様の事例解説

3.Netsuiteは他の製品と何が違う?

DXを実現するクラウドソリューションについてはこちら