フィンテック業界:クラウド コンピューティングがどのように成長を促進しているか

フィンテック業界は、世界で最も急速に成長している業界の 1 つです。 2021 年の世界のフィンテック市場は 1,276 億 6,000 万ドルと評価され2030 年までに年間収益が 1 兆 5,000 億米ドルに達すると予測されています。

モバイルバンキングやデジタル決済の採用の増加、金融包摂への需要の高まり、暗号通貨やブロックチェーン技術の人気の高まりなど、さまざまな要因がこの成長を推進しています。

クラウドベースのソリューションと従来のオンプレミス IT インフラストラクチャとの比較と利点

スケーラビリティと柔軟性

クラウドベースのソリューションは、必要に応じて簡単にスケールアップまたはスケールダウンできるため、急速に成長するフィンテック ビジネスに最適です。

費用対効果

クラウド上に構築されたソリューションは、フィンテック企業が初期の IT コストを削減し、従量課金制でリソースを支払うのに役立ちます。

セキュリティとコンプライアンス

クラウド プロバイダーは、フィンテック企業がデータを保護し、規制要件を満たすのに役立つ幅広いセキュリティおよびコンプライアンス機能を提供します。

フィンテック企業はクラウド コンピューティングを使用して、次のような幅広いアプリケーションを強化

クラウドシステム定着 フィンテック

モバイルバンキングとデジタル決済

クラウドベースのソリューションにより、フィンテック企業は革新的なモバイル バンキングおよびデジタル決済ソリューションを開発および展開できます。

融資と引受

クラウド上のソリューションは、フィンテック企業が融資や引受プロセスを自動化および合理化するのに役立ちます。

投資と資産管理

クラウド ソリューションにより、フィンテック企業はパーソナライズされた投資および資産管理ソリューションを開発および提供できます。

金融包摂

クラウドを前提としたソリューションは、フィンテック企業が十分なサービスを受けていない人々にリーチし、金融サービスへのアクセスを提供するのに役立ちます。

急成長するフィンテック企業向けのクラウド ERP システム

クラウド エンタープライズ リソース プランニング (ERP) システムは、急成長するフィンテック企業が会計、財務、人事などのコア ビジネス プロセスを自動化および合理化するのに役立ちます。 

クラウド ERP システムは、フィンテック企業が業務の可視性と管理を向上させ、より多くの情報に基づいた意思決定を行うのにも役立ちます。

急成長するフィンテック ビジネス向けのクラウド ERP システムの主な機能

財務管理

クラウド ERP ソリューションは、フィンテック企業が会計、予算編成、予測などの財務をより効果的に管理するのに役立ちます。

CRM 

ERP システムなどのクラウドに基づくソリューションは、フィンテック企業が顧客データ管理、マーケティング オートメーション、セールス フォース オートメーションなどの顧客関係をより効果的に管理するのに役立ちます。

レポートと分析

フィンテック企業は、クラウド ERP システムを使用するとパフォーマンスに関するリアルタイムの洞察も得られるため、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

企業コンプライアンス

クラウド ERP ソリューションは、フィンテック企業が規制遵守要件を満たすのに役立ちます。

不正防止

フィンテック企業はクラウド ERP を活用して不正行為を検出し、防止できます。

安全

クラウドを前提とした他のソリューションと同様、ERP システムはフィンテック企業のデータを不正アクセスから保護する高レベルのセキュリティを提供します。

まとめ

クラウド コンピューティングは、フィンテック業界の成長を促進する上で重要な役割を果たしています。これらのソリューションは、スケーラビリティ、柔軟性、費用対効果、セキュリティ、コンプライアンスなど、従来のオンプレミス IT インフラストラクチャに比べて多くの利点を提供します。

急成長するフィンテック企業は、クラウド ERP システムの恩恵を受けて、中核となるビジネス プロセスを自動化および合理化し、業務の可視性と制御を向上させ、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。