Archives 11月 2023

purchasing

小売サプライチェーンのナビゲート: 包括的なガイド

小売の世界は動的なエコシステムであり、成功には多数のプロセスをシームレスにオーケストレーションすることが不可欠です。市場の需要の予測から、適切な製品を適切なタイミングで提供するまで、小売業者は複雑な課題に直面しています。 

この記事では、小売サプライ チェーン管理の重要性、企業が直面するハードル、回復力と効率性を構築するための戦略的アプローチについて説明します。

小売サプライチェーン管理を理解する

小売サプライチェーン管理には、材料の調達から製品の配送までのあらゆる段階の監督が含まれます。目標は 2 つあります。供給側の機能をコスト効率よく最適化し、タイムリーな納品を通じて顧客満足度を向上させることです。消費者行動の進化と世界的な不確実性が特徴的な時代において、効率的なサプライチェーンプロセスがこれまで以上に重要になっています。

効果的なサプライチェーン管理は、収益の増加を促進し、運用コストを削減し、顧客エクスペリエンスを向上させることができます。新型コロナウイルス感染症の影響で消費者の習慣が再形成され、混乱に適応できる強靱なサプライチェーンの必要性が強調されています。マッキンゼーによると、長期的に回復力のあるサプライチェーンを構築すると、売上が 3% ~ 7% 増加し、キャッシュ フローが 15% 改善される可能性があります。

小売サプライチェーン管理を改善するための戦略

オートメーション

自動化により人的エラーが削減され、倉庫業務から在庫管理までの効率が向上します。

追跡および予測ソフトウェア

サプライチェーンをリアルタイムで把握して改善すべき領域を特定し、正確な需要予測と最適な在庫レベルを確保します。

システムの統合

サプライチェーン全体でデータとプロセスを統合し、効率、調整、問題に迅速に対処する能力を向上させます。

需要主導のサプライチェーンモデル

生産と在庫のスケジュールをリアルタイムの市場需要に合わせて調整し、無駄を最小限に抑え、販売機会を最大限に活用します。

サプライチェーンの可視化

管理ソフトウェアを利用して顧客の需要、在庫レベル、パフォーマンス指標を可視化し、情報に基づいた意思決定と進捗状況の追跡を可能にします。

マルチチャネル フルフィルメント オプション

効率的な運営のためにサードパーティの物流プロバイダー (3PL) を活用した、カーブサイド ピックアップやオンライン購入、店舗でのピックアップなどの代替フルフィルメント方法で顧客の期待に応えます。

配送ルートの最適化

過去のデータを分析し、タイムリーな配達と費用対効果のバランスがとれた輸送方法を選択することで、配送コストを削減します。

3PLと提携する

物流業務をサードパーティの物流 (3PL) プロバイダーにアウトソーシングして、倉庫と在庫の管理、特にオンラインでの注文処理を改善します。

製品のトレーサビリティを強化する

バーコードとロット/シリアル番号を活用して効率的な在庫管理を行い、品質管理と顧客満足度を確保します。

予測分析を活用する

AI と機械学習を活用してデータ主導の意思決定を行い、サプライ チェーン全体の非効率性を特定して対処します。

サプライヤーとのコラボレーション

在庫管理ソフトウェアを使用してリアルタイムの可視性とプロアクティブな注文の準備を行い、サプライヤーの協力を促進します。

安全な支払いプロセス

堅牢なアクセス プロトコルを実装し、認定サプライヤーと協力し、従業員に継続的なサイバーセキュリティ トレーニングを提供することで、サイバー脅威から守ります。

小売サプライチェーンの未来

小売サプライ チェーンの世界において唯一常に変化するのは変化です。これらの変化を迅速に理解し、それに適応する能力は、今後数年間で成功する小売業者を際立たせることになるでしょう。ただし、これは小売業者が短期的な決定のみに焦点を当てるべきであるという意味ではありません。多くの企業が、自信を持って迅速に調整できる機敏性を目指して、あらゆるレベルでサプライ チェーン ネットワークを構築、組織、管理する方法を再考しています。

企業は意思決定においてデータ主導のアプローチをますます採用しています。最終的な目標は、小売計画、サプライ チェーン、顧客体験にわたるエンドツーエンドの可視性を達成することであり、これは業界における一種の聖杯です。この可視性により、小売業者は十分な情報に基づいて機能横断的な意思決定を行うことができ、顧客満足度と世界規模での営業コストの削減という戦略的焦点のバランスをとることができます。

オムニチャネルの購入プロセスとフルフィルメント時代に顧客の好みを満たすには、データ主導のサプライ チェーン プロセスが必要です。サプライヤー、在庫、配送に関するリアルタイムのデータを、チャネル全体でのより正確な需要予測と連携させることができます。これは、小売業者の収益源を拡大するだけでなく、日々の業務効率も向上します。

Oracle NetSuite: 小売サプライチェーンの成功のためのオールインワン・ソリューション

Oracle NetSuiteを使用すると、小売サプライチェーン管理をこれまでよりも簡単に成功させることができます。この先駆的なクラウド ERP プラットフォームにより、小売業者はデータをシームレスに一元管理し、情報の統合ハブを作成できます。 Oracle NetSuite Supply Chain Managementは、調達から物流まで、すべてのチームが同じ認識を持って業務を遂行できるようにし、顧客の期待に沿った戦略を正確に実行できるようにします。

Oracle NetSuite は通常のものにとどまりません。小売管理のための包括的なプラットフォームを提供します。 Oracle NetSuite for Retailは、店内のPOSシステムから電子商取引体験、顧客関係管理(CRM)、財務および在庫プロセスに至るまで、あらゆるものをカバーする究極のソリューションです。この統合プラットフォームにより、現代の小売業者はオムニチャネル戦略を実現できるようになり、サプライ チェーンのパフォーマンス、運営コスト、全体的な顧客エクスペリエンスを比類のない制御できるようになります。

distributor-accounting.jpeg

小売サプライチェーンのナビゲート:包括的なガイド

小売の世界は動的なエコシステムであり、成功には多数のプロセスをシームレスにオーケストレーションすることが不可欠です。市場の需要の予測から、適切な製品を適切なタイミングで提供するまで、小売業者は複雑な課題に直面しています。 

この記事では、小売サプライ チェーン管理の重要性、企業が直面するハードル、回復力と効率性を構築するための戦略的アプローチについて説明します。

小売サプライチェーン管理を理解する

小売サプライチェーン管理には、材料の調達から製品の配送までのあらゆる段階の監督が含まれます。目標は 2 つあります。供給側の機能をコスト効率よく最適化し、タイムリーな納品を通じて顧客満足度を向上させることです。消費者行動の進化と世界的な不確実性が特徴的な時代において、効率的なサプライチェーンプロセスがこれまで以上に重要になっています。

効果的なサプライチェーン管理は、収益の増加を促進し、運用コストを削減し、顧客エクスペリエンスを向上させることができます。新型コロナウイルス感染症の影響で消費者の習慣が再形成され、混乱に適応できる強靱なサプライチェーンの必要性が強調されています。マッキンゼーによると、長期的に回復力のあるサプライチェーンを構築すると、売上が 3% ~ 7% 増加し、キャッシュ フローが 15% 改善される可能性があります。

小売サプライチェーン管理を改善するための戦略

オートメーション

自動化により人的エラーが削減され、倉庫業務から在庫管理までの効率が向上します。

追跡および予測ソフトウェア

サプライチェーンをリアルタイムで把握して改善すべき領域を特定し、正確な需要予測と最適な在庫レベルを確保します。

システムの統合

サプライチェーン全体でデータとプロセスを統合し、効率、調整、問題に迅速に対処する能力を向上させます。

需要主導のサプライチェーンモデル

生産と在庫のスケジュールをリアルタイムの市場需要に合わせて調整し、無駄を最小限に抑え、販売機会を最大限に活用します。

サプライチェーンの可視化

管理ソフトウェアを利用して顧客の需要、在庫レベル、パフォーマンス指標を可視化し、情報に基づいた意思決定と進捗状況の追跡を可能にします。

マルチチャネル フルフィルメント オプション

効率的な運営のためにサードパーティの物流プロバイダー (3PL) を活用した、カーブサイド ピックアップやオンライン購入、店舗でのピックアップなどの代替フルフィルメント方法で顧客の期待に応えます。

配送ルートの最適化

過去のデータを分析し、タイムリーな配達と費用対効果のバランスがとれた輸送方法を選択することで、配送コストを削減します。

3PLと提携する

物流業務をサードパーティの物流 (3PL) プロバイダーにアウトソーシングして、倉庫と在庫の管理、特にオンラインでの注文処理を改善します。

製品のトレーサビリティを強化する

バーコードとロット/シリアル番号を活用して効率的な在庫管理を行い、品質管理と顧客満足度を確保します。

予測分析を活用する

AI と機械学習を活用してデータ主導の意思決定を行い、サプライ チェーン全体の非効率性を特定して対処します。

サプライヤーとのコラボレーション

在庫管理ソフトウェアを使用してリアルタイムの可視性とプロアクティブな注文の準備を行い、サプライヤーの協力を促進します。

安全な支払いプロセス

堅牢なアクセス プロトコルを実装し、認定サプライヤーと協力し、従業員に継続的なサイバーセキュリティ トレーニングを提供することで、サイバー脅威から守ります。

小売サプライチェーンの未来

小売サプライ チェーンの世界において唯一常に変化するのは変化です。これらの変化を迅速に理解し、それに適応する能力は、今後数年間で成功する小売業者を際立たせることになるでしょう。ただし、これは小売業者が短期的な決定のみに焦点を当てるべきであるという意味ではありません。多くの企業が、自信を持って迅速に調整できる機敏性を目指して、あらゆるレベルでサプライ チェーン ネットワークを構築、組織、管理する方法を再考しています。

企業は意思決定においてデータ主導のアプローチをますます採用しています。最終的な目標は、小売計画、サプライ チェーン、顧客体験にわたるエンドツーエンドの可視性を達成することであり、これは業界における一種の聖杯です。この可視性により、小売業者は十分な情報に基づいて機能横断的な意思決定を行うことができ、顧客満足度と世界規模での営業コストの削減という戦略的焦点のバランスをとることができます。

オムニチャネルの購入プロセスとフルフィルメント時代に顧客の好みを満たすには、データ主導のサプライ チェーン プロセスが必要です。サプライヤー、在庫、配送に関するリアルタイムのデータを、チャネル全体でのより正確な需要予測と連携させることができます。これは、小売業者の収益源を拡大するだけでなく、日々の業務効率も向上します。

Oracle NetSuite: 小売サプライチェーンの成功のためのオールインワン・ソリューション

Oracle NetSuiteを使用すると、小売サプライチェーン管理をこれまでよりも簡単に成功させることができます。この先駆的なクラウド ERP プラットフォームにより、小売業者はデータをシームレスに一元管理し、情報の統合ハブを作成できます。Oracle NetSuite Supply Chain Managementは、調達から物流まで、すべてのチームが同じ認識を持って業務を遂行できるようにし、顧客の期待に沿った戦略を正確に実行できるようにします。

Oracle NetSuite は通常のものにとどまりません。小売管理のための包括的なプラットフォームを提供します。Oracle NetSuite for Retailは、店内のPOSシステムから電子商取引体験、顧客関係管理(CRM)、財務および在庫プロセスに至るまで、あらゆるものをカバーする究極のソリューションです。この統合プラットフォームにより、現代の小売業者はオムニチャネル戦略を実現できるようになり、サプライ チェーンのパフォーマンス、運営コスト、全体的な顧客エクスペリエンスを比類のない制御できるようになります。

e-commerce

倉庫業務の革命:クラウド ERP がどのように効率を最適化し、成長を促進するか

競争の激しいビジネス環境において、倉庫の最適化効率はビジネスの成長にとって非常に重要です。最適化された倉庫により、タイムリーな注文の履行、コスト管理、顧客満足が保証されます。 

クラウド ERP ソリューションは、リアルタイムのデータの可視性を提供し、プロセスを自動化し、データ主導の意思決定を可能にすることで、倉庫業務の最適化を達成する上で極めて重要です。

重要なポイント

倉庫の最適化には、効率を最大化するためのプロセスの合理化、テクノロジーの活用、スペースの最適化が含まれます。

最適化された倉庫により、在庫管理が強化され、コストが削減され、顧客満足度が向上します。

クラウド ERP ソリューションは、リアルタイムの洞察を提供し、タスクを自動化し、データ主導の意思決定を促進することで、企業が倉庫を最適化できるようにします。

倉庫業務の最適化のメリット

  • より良い在庫予測と管理
  • 顧客満足度と顧客維持率の向上
  • 人件費の削減と生産性の向上
  • 拡張性と成長への適応性の強化

倉庫最適化のための 8 つのヒント

  • 在庫に触れる回数を最小限に抑える
  • 容量と効率のバランスをとる
  • ロボット工学と自動化への投資
  • 倉庫管理システム(WMS)を導入する
  • 倉庫のレイアウトと保管を最適化する
  • 明確なピッキングルートと手順を確立する
  • 在庫追跡と管理にテクノロジーを活用する
  • 倉庫プロセスを継続的に監視し、改善する
  • 倉庫の最適化におけるクラウド ERP の役割

クラウド ERP ソリューションは、倉庫業務を最適化するための包括的なプラットフォームを提供します。

主な機能は次のとおりです。

リアルタイムの在庫可視化

クラウド ERP は、在庫レベル、場所、移動に関するリアルタイム データを提供し、企業が調達、履行、在庫補充について情報に基づいた意思決定を行えるようにします。

自動化されたワークフロー

クラウド ERP は、注文のピッキング、梱包、出荷などの反復的なタスクを自動化し、エラーを削減し、効率を向上させます。

データに基づいた洞察

クラウド ERP は倉庫データを収集および分析し、傾向、ボトルネック、改善の機会に関する洞察を提供します。

まとめ

クラウド ERP ソリューションを活用することで、企業は倉庫をよく整備された機械に変え、効率性、コスト削減、顧客満足度を高めることができます。

office work and filling in tax returns close up

倉庫業務の革命: クラウドERP がどのように効率を最適化し、成長を促進するか

競争の激しいビジネス環境において、倉庫の最適化効率はビジネスの成長にとって非常に重要です。最適化された倉庫により、タイムリーな注文の履行、コスト管理、顧客満足が保証されます。 

クラウド ERP ソリューションは、リアルタイムのデータの可視性を提供し、プロセスを自動化し、データ主導の意思決定を可能にすることで、倉庫の最適化を達成する上で極めて重要です。

クラウドERPの重要なポイント

倉庫の最適化には、効率を最大化するためのプロセスの合理化、テクノロジーの活用、スペースの最適化が含まれます。

最適化された倉庫により、在庫管理が強化され、コストが削減され、顧客満足度が向上します。

クラウド ERP ソリューションは、リアルタイムの洞察を提供し、タスクを自動化し、データ主導の意思決定を促進することで、企業が倉庫を最適化できるようにします。

倉庫の最適化のメリット

  • より良い在庫予測と管理
  • 顧客満足度と顧客維持率の向上
  • 人件費の削減と生産性の向上
  • 拡張性と成長への適応性の強化

倉庫最適化のための 8 つのヒント

  • 在庫に触れる回数を最小限に抑える
  • 容量と効率のバランスをとる
  • ロボット工学と自動化への投資
  • 倉庫管理システム(WMS)を導入する
  • 倉庫のレイアウトと保管を最適化する
  • 明確なピッキングルートと手順を確立する
  • 在庫追跡と管理にテクノロジーを活用する
  • 倉庫プロセスを継続的に監視し、改善する
  • 倉庫の最適化におけるクラウド ERP の役割

クラウド ERP ソリューションは、倉庫業務を最適化するための包括的なプラットフォームを提供します。

主な機能は次のとおりです。

リアルタイムの在庫可視化

クラウド ERP は、在庫レベル、場所、移動に関するリアルタイム データを提供し、企業が調達、履行、在庫補充について情報に基づいた意思決定を行えるようにします。

自動化されたワークフロー

クラウド ERP は、注文のピッキング、梱包、出荷などの反復的なタスクを自動化し、エラーを削減し、効率を向上させます。

データに基づいた洞察

クラウド ERP は倉庫データを収集および分析し、傾向、ボトルネック、改善の機会に関する洞察を提供します。

まとめ

クラウド ERP ソリューションを活用することで、企業は倉庫をよく整備された機械に変え、効率性、コスト削減、顧客満足度を高めることができます。

wp10173497

フィンテック業界: クラウドコンピューティングがどのように成長を促進しているか

フィンテック業界は、世界で最も急速に成長している業界の 1 つです。2021 年の世界のフィンテック市場は 1,276 億 6,000 万ドルと評価され2030 年までに年間収益が 1 兆 5,000 億米ドルに達すると予測されています。

モバイルバンキングやデジタル決済の採用の増加、金融包摂への需要の高まり、暗号通貨やブロックチェーン技術の人気の高まりなど、さまざまな要因がこの成長を推進しています。

クラウドベースのソリューションには、従来のオンプレミス IT インフラストラクチャに比べて、次のようないくつかの利点があります。

スケーラビリティと柔軟性

クラウドベースのソリューションは、必要に応じて簡単にスケールアップまたはスケールダウンできるため、急速に成長するフィンテック ビジネスに最適です。

費用対効果

クラウド上に構築されたソリューションは、フィンテック企業が初期の IT コストを削減し、従量課金制でリソースを支払うのに役立ちます。

セキュリティとコンプライアンス

クラウド プロバイダーは、フィンテック企業がデータを保護し、規制要件を満たすのに役立つ幅広いセキュリティおよびコンプライアンス機能を提供します。

フィンテック企業はクラウドコンピューティングを使用して、次のような幅広いアプリケーションを強化しています。

モバイルバンキングとデジタル決済

クラウドベースのソリューションにより、フィンテック企業は革新的なモバイル バンキングおよびデジタル決済ソリューションを開発および展開できます。

融資と引受

クラウド上のソリューションは、フィンテック企業が融資や引受プロセスを自動化および合理化するのに役立ちます。

投資と資産管理

クラウド ソリューションにより、フィンテック企業はパーソナライズされた投資および資産管理ソリューションを開発および提供できます。

金融包摂

クラウドを前提としたソリューションは、フィンテック企業が十分なサービスを受けていない人々にリーチし、金融サービスへのアクセスを提供するのに役立ちます。

急成長するフィンテック企業向けのクラウド ERP システム

クラウド エンタープライズ リソース プランニング (ERP) システムは、急成長するフィンテック企業が会計、財務、人事などのコア ビジネス プロセスを自動化および合理化するのに役立ちます。 

クラウド ERP システムは、フィンテック企業が業務の可視性と管理を向上させ、より多くの情報に基づいた意思決定を行うのにも役立ちます。

急成長するフィンテック ビジネス向けのクラウド ERP システムの主な機能の一部を以下に示します。

財務管理

クラウド ERP ソリューションは、フィンテック企業が会計、予算編成、予測などの財務をより効果的に管理するのに役立ちます。

CRM 

ERP システムなどのクラウドに基づくソリューションは、フィンテック企業が顧客データ管理、マーケティング オートメーション、セールス フォース オートメーションなどの顧客関係をより効果的に管理するのに役立ちます。

レポートと分析

フィンテック企業は、クラウド ERP システムを使用するとパフォーマンスに関するリアルタイムの洞察も得られるため、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

企業コンプライアンス

クラウド ERP ソリューションは、フィンテック企業が規制遵守要件を満たすのに役立ちます。

不正防止

フィンテック企業はクラウド ERP を活用して不正行為を検出し、防止できます。

安全

クラウドを前提とした他のソリューションと同様、ERP システムはフィンテック企業のデータを不正アクセスから保護する高レベルのセキュリティを提供します。

結論

クラウド コンピューティングは、フィンテック業界の成長を促進する上で重要な役割を果たしています。これらのソリューションは、スケーラビリティ、柔軟性、費用対効果、セキュリティ、コンプライアンスなど、従来のオンプレミス IT インフラストラクチャに比べて多くの利点を提供します。

急成長するフィンテック企業は、クラウド ERP システムの恩恵を受けて、中核となるビジネス プロセスを自動化および合理化し、業務の可視性と制御を向上させ、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

product21.jpg

フィンテック業界:クラウド コンピューティングがどのように成長を促進しているか

フィンテック業界は、世界で最も急速に成長している業界の 1 つです。 2021 年の世界のフィンテック市場は 1,276 億 6,000 万ドルと評価され2030 年までに年間収益が 1 兆 5,000 億米ドルに達すると予測されています。

モバイルバンキングやデジタル決済の採用の増加、金融包摂への需要の高まり、暗号通貨やブロックチェーン技術の人気の高まりなど、さまざまな要因がこの成長を推進しています。

クラウドベースのソリューションと従来のオンプレミス IT インフラストラクチャとの比較と利点

スケーラビリティと柔軟性

クラウドベースのソリューションは、必要に応じて簡単にスケールアップまたはスケールダウンできるため、急速に成長するフィンテック ビジネスに最適です。

費用対効果

クラウド上に構築されたソリューションは、フィンテック企業が初期の IT コストを削減し、従量課金制でリソースを支払うのに役立ちます。

セキュリティとコンプライアンス

クラウド プロバイダーは、フィンテック企業がデータを保護し、規制要件を満たすのに役立つ幅広いセキュリティおよびコンプライアンス機能を提供します。

フィンテック企業はクラウド コンピューティングを使用して、次のような幅広いアプリケーションを強化

モバイルバンキングとデジタル決済

クラウドベースのソリューションにより、フィンテック企業は革新的なモバイル バンキングおよびデジタル決済ソリューションを開発および展開できます。

融資と引受

クラウド上のソリューションは、フィンテック企業が融資や引受プロセスを自動化および合理化するのに役立ちます。

投資と資産管理

クラウド ソリューションにより、フィンテック企業はパーソナライズされた投資および資産管理ソリューションを開発および提供できます。

金融包摂

クラウドを前提としたソリューションは、フィンテック企業が十分なサービスを受けていない人々にリーチし、金融サービスへのアクセスを提供するのに役立ちます。

急成長するフィンテック企業向けのクラウド ERP システム

クラウド エンタープライズ リソース プランニング (ERP) システムは、急成長するフィンテック企業が会計、財務、人事などのコア ビジネス プロセスを自動化および合理化するのに役立ちます。 

クラウド ERP システムは、フィンテック企業が業務の可視性と管理を向上させ、より多くの情報に基づいた意思決定を行うのにも役立ちます。

急成長するフィンテック ビジネス向けのクラウド ERP システムの主な機能

財務管理

クラウド ERP ソリューションは、フィンテック企業が会計、予算編成、予測などの財務をより効果的に管理するのに役立ちます。

CRM 

ERP システムなどのクラウドに基づくソリューションは、フィンテック企業が顧客データ管理、マーケティング オートメーション、セールス フォース オートメーションなどの顧客関係をより効果的に管理するのに役立ちます。

レポートと分析

フィンテック企業は、クラウド ERP システムを使用するとパフォーマンスに関するリアルタイムの洞察も得られるため、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

企業コンプライアンス

クラウド ERP ソリューションは、フィンテック企業が規制遵守要件を満たすのに役立ちます。

不正防止

フィンテック企業はクラウド ERP を活用して不正行為を検出し、防止できます。

安全

クラウドを前提とした他のソリューションと同様、ERP システムはフィンテック企業のデータを不正アクセスから保護する高レベルのセキュリティを提供します。

まとめ

クラウド コンピューティングは、フィンテック業界の成長を促進する上で重要な役割を果たしています。これらのソリューションは、スケーラビリティ、柔軟性、費用対効果、セキュリティ、コンプライアンスなど、従来のオンプレミス IT インフラストラクチャに比べて多くの利点を提供します。

急成長するフィンテック企業は、クラウド ERP システムの恩恵を受けて、中核となるビジネス プロセスを自動化および合理化し、業務の可視性と制御を向上させ、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

海外進出 のためのクイックガイド

グローバル展開: 新たな地域で直面する新たな問題を克服するために国内でのビジネスが成功し、ロイヤルティの高い顧客基盤を築けるようになってきたら、その次のステップとして候補によく挙がるのが 海外進出 です。だれかにその成功を真似されてしまう前にいち早く市場シェアを確保する、あるいは他の国で顧客の事業をサポートするために、事業を拡大します。

Form Submission - Download

This form is required for visitor to download the whitepapers and/or datasheets.

*」は必須フィールドを示します

NetSuite SuiteCommerce Advanced

NetSuite SuiteCommerce Advanced は、あらゆるデバイス用に最適化された極上の購買体験をもたらす迅速かつ魅力あるウェブストアを企業に提供します。Oracle NetSuite公式ホームページ)のNetSuite SuiteCommerce Advanced のホワイトペーパーを入手して導入するメリットを理解し、ビジネスの加速と成長にお役立てください。

Form Submission - Download

This form is required for visitor to download the whitepapers and/or datasheets.

*」は必須フィールドを示します

カートに追加: 卸売販売業 を オンラインに移行

多くの 卸売販売業 や製造業にとって、従来と同じ販売チャネルに依存することは成長可能なオプションではなくなりました。最近の物理的な距離制限やロックダウン策により、ビジネスの方法が変化し、業界トレンドの変化の速さが増しています。

Form Submission - Download

This form is required for visitor to download the whitepapers and/or datasheets.

*」は必須フィールドを示します

海外進出 のためのクイックガイド

国内でのビジネスが成功し、ロイヤルティの高い顧客基盤を築けるようになってきたら、その次のステップとして候補によく挙がるのが 海外進出 です。

Form Submission - Download

This form is required for visitor to download the whitepapers and/or datasheets.

*」は必須フィールドを示します