FP&Aとは

FP&Aとは何ですか?

FP&A(Financial Planning & Analysis)は、企業が財務的な側面を管理し、戦略的な意思決定を行うための部門、または機能を指します。この部門は、企業の財務データを分析し、将来の業績や成長を予測する役割を果たします。以下では、FP&Aの主な機能とその重要性について簡単に説明します。

1. 予算立案(Budgeting):
FP&Aは、企業の予算を立案します。これは、将来の財務目標を設定し、資金を適切に割り当てるために重要です。予算は、収益、費用、利益などの項目を含み、企業が目標に向かって進むための道筋を提供します。

2. 予測(Forecasting):
FP&Aは、過去のデータや市場動向を分析して将来の業績を予測します。これにより、企業は将来のリスクや機会を把握し、戦略を立てることができます。予測は、財務計画や投資決定の基盤となります。

3. 分析(Analysis):
FP&Aは、企業の財務データを分析して、業績を評価し、問題や機会を特定します。これにより、企業は効率性を向上させ、成長を促進するための施策を講じることができます。

4. 決定支援(Decision Support):
FP&Aは、財務データをもとに経営陣や部門に意思決定をサポートします。例えば、新規プロジェクトの投資、コスト削減策の実施、市場展開の戦略決定などが含まれます。

5. レポーティング(Reporting):
FP&Aは、財務データをまとめて報告書を作成し、経営陣や関係者に提出します。これにより、企業全体の業績や財務状況を把握し、適切な対策を講じることができます。

まとめ:
FP&Aは、企業が財務データを活用して将来を見据え、戦略的な意思決定を行うための重要な機能です。予算立案、予測、分析、決定支援、レポーティングなどの活動を通じて、企業の成長や利益の最大化を推進します。

<その他 参考情報>

1)FP&Aツールを採用した日本の経営企画担当者インタビューはこちら↓

2)FP&Aツールを採用する基準とは?(解説記事)

3))上場企業のFP&ツールの採用プロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちらから資料請求をしてください。