予実差異の3つの分析方法

———————————————–

◆目次

予実差異の定義

予実差異の種類

・予実差異の分析手法

———————————————–

1. はじめに

  • 予実差異の分析方法とは何か、その重要性について説明します。
  • 予算と実績のズレが企業やプロジェクトの健全性を示す指標となるため、その分析は経営や計画の改善に不可欠です。

2. 予実差異の定義

  • 予実差異とは、予算と実績の間に生じる差異のことを指します。
  • 予算を超過したり、下回ったりすることが予実差異として現れます。

3. 予実差異の種類

  • 予実差異には、収益に関する差異と費用に関する差異の二つの主要な種類があります。
  • 収益に関する差異は、売上高の予測と実際の売上高の間の差異を指します。
  • 費用に関する差異は、予算と実際の費用の間の差異を示します。

4. 予実差異の分析手法

  • 予実差異の分析には、比較分析、原因分析、そして対策策定の三つの主要な手法があります。
  • 比較分析では、予算と実績を単純に比較して差異を把握します。
  • 原因分析では、予実差異の背後にある要因を特定し、問題の根本原因を明らかにします。
  • 対策策定では、分析結果に基づいて問題解決のための具体的な対策を立案します。

5. 予実差異の管理と改善

  • 予実差異の管理は、定期的なモニタリングと適切な対策の実行によって行われます。
  • 予実差異を改善するためには、予算の精緻化やプロセスの改善などのアクションが必要です。
  • また、予実差異の分析結果を次の予算や計画にフィードバックすることも重要です。

6. 結論

  • 予実差異の分析は、組織やプロジェクトの健全性を評価し、改善の機会を特定するための重要な手法です。
  • 定期的な分析と適切な対策の実行によって、予実差異の管理と改善が実現されます。

<その他 参考情報>

1)予実管理の差異を一番見るべき人はだれ?予実差異分析で事業部を数字に強くする方法(動画解説)

2)予実管理をデジタル化した企業の事例集(記事解説)

3)上場企業のDXプロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら