FP&Aの4つのプロセスを解説(入門編)

FP&A(Financial Planning & Analysis)のプロセスは、企業が財務上の目標を設定し、それらの目標を達成するための計画を策定し、実際の業績と比較して評価するための一連の手順や活動を指します。このプロセスは、企業の経営陣や投資家が財務の健全性や業績を把握し、将来の成長や収益性を予測するのに役立ちます。

【目次】

  1. 目標設定と計画
  2. 予算作成
  3. フォーキャスト
  4. 実績の分析と評価

———————————

【1. 目標設定と計画】

FP&Aプロセスの最初のステップは、企業の経営陣が財務上の目標を設定し、それらの目標を達成するための計画を策定することです。これには、収益目標、利益目標、キャッシュフロー目標などが含まれます。目標設定の過程で、企業は現在の市場状況や競合状況を考慮し、短期および長期の目標を明確にします。

【2. 予算作成】

次に、企業は目標を達成するための資源や財務要因を考慮して予算を作成します。予算作成のプロセスでは、各部門やプロジェクトごとに必要なリソースや経費を見積もり、財務上の制約やリスクを考慮しながら全体の予算を策定します。予算は、企業が将来の業績を予測し、それに基づいて資金の配分や投資を決定する上で重要な役割を果たします。

【3. フォーキャスト】

フォーキャストは、企業が将来の業績や財務状況を予測するためのプロセスです。フォーキャストでは、過去の業績データや市場動向、業界のトレンドなどを分析し、将来の収益、利益、キャッシュフローなどを見積もります。フォーキャストは、予測された結果に基づいて戦略やリソースの調整を行うための重要な情報源として活用されます。

【4. 実績の分析と評価】

FP&Aプロセスの最後のステップは、実際の業績を分析し、計画や予測との比較を行い、その差異を評価することです。実績の分析では、企業は目標に対する進捗状況や問題点を特定し、必要に応じて行動を調整していきます。また、達成された成果や課題を評価し、将来の計画や予測の精度向上に活かすための学びを得ることも重要です。

<その他 参考情報>

1)FP&Aツールの顧客評価で世界1位に!

2)2023年にユーザ評価サイト2冠達成(記事解説)

3)FP&Aツールの導入プロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら