中期経営計画の作り方(6ステップ)

——————————————–

1.導入

2.目標設定

3.市場分析

4.戦略の策定

5.リソースの割り当て

6.実行とモニタリング

——————————————–

  1. 導入
    • 中期経営計画は、企業が将来の成長や方向性を明確にするために策定される重要な文書です。この章では、中期経営計画の基本的な概念と重要性について紹介します。
  2. 目標設定
    • 中期経営計画を策定する最初のステップは、明確な目標の設定です。企業が達成したい目標や成果を具体的に定めることが重要です。これには、売上の増加、市場シェアの拡大、新製品の開発などが含まれます。
  3. 市場分析
    • 次に、中期経営計画の中で市場分析を行います。これにより、競合状況や市場トレンド、顧客のニーズなどを理解し、企業がどのように競争力を維持し、成長するかを把握します。
  4. 戦略の策定
    • 目標と市場分析を踏まえて、中期経営計画の中で具体的な戦略を策定します。これには、マーケティング戦略、販売戦略、製品開発戦略などが含まれます。戦略は、企業が目標達成に向けてどのように行動するかを示します。
  5. リソースの割り当て
    • 次に、中期経営計画の中で必要なリソースを割り当てます。これには、人材、資金、技術、物品などのリソースが含まれます。リソースの効果的な割り当ては、計画の実行可能性を確保するために重要です。
  6. 実行とモニタリング
    • 最後に、策定した中期経営計画を実行し、定期的にモニタリング・評価します。計画の進捗状況を追跡し、必要に応じて修正を加えることで、企業が目標に向かって進むことができます。

中期経営計画の作成は、企業の将来の成功に向けて重要な役割を果たします。この計画を策定する際には、目標の設定から始め、市場分析、戦略の策定、リソースの割り当て、そして実行とモニタリングまでをしっかりと考えることが重要です。

<その他 参考情報>

1)中期経営計画でDX強化施策を発表した企業事例はこちら(記事解説)

2)上場企業のDXプロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら