勘定奉行と予実管理システムの連携事例。メリットと具体的な操作イメージを公開

<動画内容のサマリ>

・会計ソフトと予実管理クラウドの連携についての説明

・連携することでのメリットを解説

・実際のシステム操作のデモンストレーション

・連携された実績データの表示方法

・内訳の整理と部門へのデータ送信の効率化

・実績の確定内容の表示と見込みの反映のスピード化

・役員報酬など、特定項目の設定による表示制御も可能

・システム化による作業の自動化と効率向上

・バージョン管理では、実績をどこまで適用するかが重要であり、各バージョンは特定の期間に対応

・データ連携の際には、1円単位の実績を適切に加工。また、異なるシステム間で連携可能にする。

・セキュリティ上の理由から、特定のデータは管理者にのみ表示されるように設定される。

・実績連携の導入により、部門ごとの実績の反映作業が自動化され、作業量の削減が期待される。

・実績連携により、経営企画の効率化や作業の削減が図られる。

<その他 参考情報>

1)IT企業の管理会計デジタル化プロジェクトを解説↓

2)会計システム以外に、意思決定に必要な情報を一元化するプロジェクト事例集

3)上場企業のDXプロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら