Oracle ERPユーザが選んだ管理会計ツールのポイント解説

OracleのERP導入と同時に管理会計のデジタルトランスフォーメーション(DX)を行い、経営分析の強化に取り組む企業様の動画事例を紹介しています。

管理会計システム採用インタビュー Oracle ERP 連携編(ウェッジ様)

<動画サマリ>

  • 既存のエクセルシートによる経営資料作成における課題:
    • 動作が遅い
    • データ容量の増加による負荷
    • 組織変更に伴う加工作業の必要性
  • システム導入の目的と要望:
    • 属人化の解消と作業効率の向上
    • 経営分析資料の効果的な作成と改善
  • 社内取引の複雑な工程と工数:
    • 管理部門と営業部門の社内取引による複雑な処理
  • 基幹システム選定の経緯:
    • Oracle Netsuiteのクラウド基幹システムの採用
    • 管理会計や将来予測に対応するシステムの選定
  • Workday Adaptive Planningの採用理由:
    • 経営分析と管理会計への対応
    • ユーザビリティと操作性の評価
    • Excel作業からの移行と作業効率向上の見込み
  • クラウドERPと管理会計クラウドの活用戦略:
    • 企業の変容に迅速に対応するためのシステムを選定
    • 実務効率化と経営分析の一元化を目指す
  • プロジェクトの成果期待と効果:
    • 経営管理の迅速な実現と投資効果の検証
    • クラウドERPとAdaptiveの組み合わせによる成果を期待

<その他 参考情報>

1)Oracle NetSuiteと管理会計ツールを連携する事例を解説(記事解説)

2)上場企業のDXプロセスを動画で解説した「非公開レポート」をご希望の方はこちら